サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 84件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/311p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868452-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著)

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO“アルヴヘイム・オンライン”にログインしたキリト。その次世代飛行系ゲーム“ALO”は、“魔法”という概念、プレイ...

もっと見る

ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス (電撃文庫)

616(税込)

ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス

616 (税込)

ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ソードアート・オンライン (電撃文庫) 20巻セット

  • 税込価格:12,895119pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、疑惑のVRMMO“アルヴヘイム・オンライン”にログインしたキリト。その次世代飛行系ゲーム“ALO”は、“魔法”という概念、プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、そして“妖精”となって空を駆け巡る“飛翔システム”と、“SAO”に勝るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。“妖精”スプリガンとなったキリトは、アスナの幽閉先—全プレイヤーの最終目標“世界樹”目指し突き進む…!道中、妖精種族“サラマンダー”のプレイヤーたちの策略により、絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、“シルフ”の少女・リーファの助力、ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。そしてついにキリトは“世界樹”の根元までたどり着く。しかしそのとき、リーファとキリトは互いの“秘密”を知ってしまい…。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー84件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

リアルあってこそのバーチャルという印象

2010/04/10 11:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アインクラッドの緊迫感が凄まじかったので、アルヴヘイムは何か達成感が足りない気がしてしまう。短期決戦の性格上、裏技的にショートカットする展開は仕方ないとして、最終決着がああいう感じでついてしまうのはいかがなものかと思わなくもない。期待していた分、少し残念な気持ちがする。しかし、これは少し狭隘な見方かも知れず、その後のストーリー展開を考えると、バーチャルの側面よりもリアルの側面に軸足を置き直したと捉えるべきなのかもしれない。

 あとがきで作者は、ゲームの面白さを伝えるということに注力したと述べている。作者の意図としては、VRMMOの世界を描くことで、そこにログインするバーチャルな意識が感じる面白さを表現しようということなのだろう。この考え方は、バーチャルとリアルを同等に扱う、アインクラッドの頃から一貫したものだ。
 だがボクは、自分の狭い経験に基づいて考えるので、ゲームの面白さというテーマを提示されると、キーボードやコントローラーを操作するリアル存在を強く意識してしまう。VRMMOという世界観が自分のものになりきっていないから、面白さを感じるのはリアルの存在だと認識してしまうのだろう。
 この経験則に基づく認識を覆していたのが、アインクラッドのデスゲーム設定だったので、その縛りが取れた結果、没入の度合いが浅くなってしまうのは仕方ない気がする。そういった背景もあり、今回はバーチャルよりもリアル重視という印象を受けてしまったのだろう。この点は、作者の意図と少しずれてしまったかもしれない。

 次巻以降も続くようなので、そちらはどんな感じになるのだろう?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無理やり最強プレイ

2010/04/11 16:32

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

話の展開が急で、もっとじっくり盛り上げてほしかった
あまりに唐突で強引さしか感じられず、読み進めるリズムがつかめずに苦労した
前半と後半が完全に別物になっていて伏線も何もない
リアルとゲーム世界のリンクの仕方も芸がないというか、捻りがない
ただの半端な恋愛モノとして展開させてしまって、ゲーム設定自体は都合がいいだけ
情報集めも何一つせず、力技で押し進めてクリアしてしまう面白みのなさ
くだらない「狂気」を使いまわすのも、まるで興味が持てない
「この本を読んでMMOをやってみたくなるか?」というと、まったくなりませんでした
ソロで俺最強プレイしてるキャラの話を読んでも…ねぇ?


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/03 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/14 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/21 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/26 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/11 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/26 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/15 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/01 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/31 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/02 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/19 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む