サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 認知言語学への誘い 意味と文法の世界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

認知言語学への誘い 意味と文法の世界
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.3
  • 出版社: 開拓社
  • サイズ:19cm/165p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7589-2517-4
  • 国内送料無料

紙の本

認知言語学への誘い 意味と文法の世界 (開拓社言語・文化選書)

著者 李 在鎬 (著)

あらゆる言語表現に含まれる話し手の認識や判断の全体像を一貫した立場で明確にする認知言語学。この学問が言語の問題と認知の問題をどのように結びつけ、どこまで明らかにできたのか...

もっと見る

認知言語学への誘い 意味と文法の世界 (開拓社言語・文化選書)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あらゆる言語表現に含まれる話し手の認識や判断の全体像を一貫した立場で明確にする認知言語学。この学問が言語の問題と認知の問題をどのように結びつけ、どこまで明らかにできたのかを具体的に示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

李 在鎬

略歴
〈李在鎬〉1973年韓国生まれ。京都大学大学院博士課程満期退学。博士(人間環境学)。(独)国際交流基金研究員。認知言語学に基づく日本語の構文研究に従事。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/01/04 22:47

投稿元:ブクログ

かなりわかりやすく読みやすそうな印象。これええなあ。お手頃価格…!!!(読み次第レビュー追記)。(120104)。

2016/02/09 13:33

投稿元:ブクログ

 認知言語学が言語学の中でどのように位置づけられているのか、その歴史を含めた解説と、主要なトピック(カテゴリー、イメージ・スキーマ、比喩など)、これからの研究の見通しなどを紹介した本。用例はすべて日本語で、英語はない。巻末に文献案内として、10冊のおすすめの認知言語学に関する書籍が紹介されている。
 直前にひつじ書房の『ファンダメンタル認知言語学』を読んでいたので、どうしてもそれと比較して読んでしまうが、おれ自身が英語に興味があったので、日本語の用例しかないのでやや退屈してしまった。記述が一見難しい感じ、フラットな感じなので、認知言語学面白い、と思えずに終わってしまうところが、入門書としてはあまりよくないと思う。ただ、黒か白かではない連続体で言語を捕えるとか、従来の文法研究では例外とか個人差、発話文脈とか言ってちゃんと扱われなかった、つまり型にはまらない部分にこそ認知と言語のかかわりを見ることができる、といった部分についてはよく納得できた。例えば助数詞「本」の現れる文脈、「3本のマグロを解体した」は言えても「3本のサンマを買った」はおかしい、に関する分析は、単にモノの外的特徴だけでなく、「言語の使用者による積極的な意味づけのプロセスや主体的な解釈の問題が深く関与している」(p.48)ことを示す好例だと思うし、面白い。あと認知言語学そのものの話ではないが、「言語表現の慣習化」における「拡張事例」として挙げられている「きれかった」が、「関西地方でよく聞く表現」(pp.116-7)というのは知らなかった。おれは関西人で何の違和感もないが、他の人からすると違和感がある表現ということだろうか。
 入門書と言っても、ある程度言語学に親しみのある人向けの本だと思う。(16/02/09)