サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

炎上する君
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 158件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-874057-9

紙の本

炎上する君

著者 西 加奈子 (著)

恋に戦う君を、誰が笑うことができようか?何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化、奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語たち。【「B...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋に戦う君を、誰が笑うことができようか?何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化、奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語たち。【「BOOK」データベースの商品解説】

恋に戦う君を、誰が笑うことができようか? 何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さくて大きな変化。奔放な想像力がつむぎだす、不穏で愛らしい物語たち。『野性時代』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

太陽の上 5−26
空を待つ 27−48
甘い果実 49−70

著者紹介

西 加奈子

略歴
〈西加奈子〉1977年テヘラン生まれ。関西大学法学部卒業。「通天閣」で織田作之助賞受賞。ほかの著書に「きりこについて」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー158件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

謎のナオコーラ

2012/04/17 21:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お月見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙のイラストも作者の西加奈子さんが描かれたもの。迫力があって見ているとどきどきします。(西さんのサイトのトップ絵とかギャラリーも、熱くて圧倒される絵で、開放感と閉塞感を同時に感じてどきどきします。西さんの小説にも通じる感覚かもしれません。)

 現実と幻想が混じり合った描写が多く、ストーリーがあるようなないような、つかみどころのない印象の短編集です。
一番面白かったのは表題作の「炎上する君」でした。タイトルが印象的で 君、というのは誰のことなのか、ずっと考えながら読んでいました。足が炎上する男の噂話を耳にした主人公と友人が、一度その男を見てみたいと探索をはじめるのですが、この二人のキャラがとんがっていて意固地で、女子高にたま~に居るタイプ。成績は良く仕事もできるけれど男嫌いで友人が少ない。そんな二人がついに、炎上する男に会うことができたのですが、そこから二人の気持ちに変化が訪れます。もしかして、 君、というのは源氏物語の「光る君」のような、いとしの君、といった意味もあるのかしら。ラストは、恋愛中のすべての人に向けて 君、という呼称がつけられていました。恋愛中(とくに片思い中)の人なら元気がでてくる物語だと思います。
 一番不思議だったのが、3つめの短編「甘い果実」の中で、作家志望のヒロインがしきりに「山崎ナオコーラ」の名前を連呼していたこと。何故?奥付を見ると、7つの短編が「野性時代」で発表したもので、最後の一編だけが書き下ろしでした。もしかして「甘い果実」が載った野性時代で山崎ナオコーラさんの特集とかしていて、トリュビュート作品だったのかしら?ほとんどやけっぱちみたいにナオコーラナオコーラと言っていたので、おまけにご本人も登場するし、思わずまだ読んだことのない、ナオコーラさんの小説を読みたくなってきたほどでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/08 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/12 11:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/08 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/26 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/17 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/16 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/09 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/16 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/22 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/31 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/09 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。