サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イモムシハンドブック 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 文一総合出版
  • サイズ:19cm/100p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8299-1079-5
  • 国内送料無料

紙の本

イモムシハンドブック 1

著者 安田 守 (著),高橋 真弓 (監修),中島 秀雄 (監修)

チョウやガの幼虫であるイモムシの入門書。身近な環境で普通に見られる種、農作物などに見られる種、形態・生態が特徴的な種を中心に、チョウ類91種、ガ類135種の計226種類を...

もっと見る

イモムシハンドブック 1

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チョウやガの幼虫であるイモムシの入門書。身近な環境で普通に見られる種、農作物などに見られる種、形態・生態が特徴的な種を中心に、チョウ類91種、ガ類135種の計226種類を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安田 守

略歴
〈安田守〉生きもの写真家。信州伊那谷を拠点に、広く生物や自然を撮影している。著書に「集めて楽しむ昆虫コレクション」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

本日は啓蟄。 季節...

ジュンク堂

本日は啓蟄。
季節は春に向い、冬の間、土の中で眠っていた虫たちがむずむず動き出します。

【折々のHON 2011年3月6日の1冊】

書店員レビュー

ジュンク堂書店明石店

 判型・頁数・価格と...

ジュンク堂書店明石店さん

 判型・頁数・価格と制約がある中で、作り手のこだわり感が細かな所に迄感じ取れ、見ていて思わず顔が緩んでしまいました。
 既に色々な所で高評価の掲載種一覧は、レイアウト的・機能的にも美しいと思える程。
 被写体のポーズも、名前の由来を連想させてくれるなど、効果的に撮影されていて、このジャンルの本によくあるグロテスクな印象はあまり受けません。
逆に対象への愛情が読み取れます。
 誰かの本棚の、例えば『ターシャの庭』の隣にこの本があったら、嬉しくなります。
 

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (14件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「イモムシ愛」を感じる図鑑。

2017/05/16 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本には約6000種もいるというチョウやガ。本書はそのうち身近なもの200種余りのイモムシの図鑑である。数としては少ないかもしれないが、「まずはこのぐらいで近そうなものを探す」のには充分だろう。続編として「ハンドブック2」「ハンドブック3」が出ている。とても薄くて持ち運びやすいサイズも魅力である。

掲載された種類を「実寸横向き」写真で並べたページが冒頭にある。これが探すのにわかりやすい。そして、見るだけでも楽しく(虫嫌いでなければだろうが)、ちょっと壮観でもある。特に5センチを超えるようなものは、実際に野外で出会った(道路のまん中を歩いていたりもする)時の驚きを蘇らせてくれるのは「実寸」であるからだろう。これ、並べようと考えた著者自身も楽しんでいたのではないだろうか。

それぞれの記載にはイモムシの写真と一緒に成虫や蛹、食草などの情報が載っている。スペースは少ないが記述が簡潔で分かりやすい。「特徴」のところでは、例えばオオムラサキは「エノキ類に棲息する大型のナメクジ型イモムシ(以下略)という風。頭部に特徴のあるものには正面から見た「顔写真」もある。これがなかなか個性的で、アオバセセリの幼虫は「頭がテントウムシだ!」と笑ってしまった(表紙左上)。表紙について追加すれば、右上のものなどは昆虫というよりなにかの哺乳類にも見えてしまわないだろうか。こんな可愛らしく見えるポーズにも著者の「イモムシ愛」を感じてしまう。 

表紙のものだけでもこのような面白さがあるが、それぞれの形だけではなく「自然の中にいるときの姿」も秀逸。ハンドブックを裏返したところや、中の表紙にある擬態の姿なども見どころであろう。こんなのを眺めながら「実物を見てみたい!」と外に出られない日の楽しみに開いている。図鑑だけれど楽しめる。

図鑑だけれど愛情を感じる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イモムシ探し

2015/08/29 10:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:elfin - この投稿者のレビュー一覧を見る

実寸大で幼虫が載っているので、身近にいる幼虫を検索するのに非常に役立ちます。この幼虫が大きくなると、成虫はこれになるの経過がわかり、「この幼虫がこないようにするには、この成虫が卵を産ませないようにしなくては!』と、気づけた頼りになる一冊です。お陰で庭の草木の食害が減りました。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/02 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/10 03:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/18 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/05 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/23 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/07 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/17 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/11 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/03 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

昆虫 ランキング

昆虫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む