サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 築地書館
  • サイズ:19cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8067-1400-2
  • 国内送料無料

紙の本

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)

著者 小林 朋道 (著)

春の田んぼでホオジロがイタチを追いかけ、ヤギ部のヤギは夜な夜な栅越えジャンプで逃げ出す…。大学内で日々起きる動物珍事件を、人間動物行動学の“鋭い”視点で把握し、分析し、描...

もっと見る

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています! (鳥取環境大学の森の人間動物行動学)

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

春の田んぼでホオジロがイタチを追いかけ、ヤギ部のヤギは夜な夜な栅越えジャンプで逃げ出す…。大学内で日々起きる動物珍事件を、人間動物行動学の“鋭い”視点で把握し、分析し、描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 朋道

略歴
〈小林朋道〉1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。鳥取環境大学教授。専門は動物行動学、人間比較行動学。著書に「通勤電車の人間行動学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

僕らはみんな生きている

2010/07/27 23:18

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さあちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本作は鳥取環境大学で教鞭をとる作者が大学の内外で出会う様々な出来事が描かれている。
 カエルがシャツを脱ぐように脱皮することとか大学で飼っているヤギが柵を飛び越えて脱走することとか作者の勤める大学では日々興味深い出来事が起こるらしい。それを本書は何故そういうことが起こるのかを説明しながら同じことを人間にもあてはめて説明してくれる。そこがとても面白い。カエルやイモリなどがとる行動も私たちがとる行動もつきつめれば種を残すという同じ本能からきているということは愉快ではないか。よく狸親爺などと人は動物に例えられることがあるがあれは単に外見が似ているということだけではなくその行動を例えるものかもしれない。人間動物行動学というあまりなじみのない言葉だが本書を読めば人間もやはり動物だということを再認識させてくれる。何よりもユーモアあふれる文体なので読んでいて飽きない。知的好奇心も満足させてくれるのだ。
 私は個人的にいえば作者が愛着をもって語るヘビやカエルなどは苦手だ。しかし作者の優しい視線で語られている彼らを何故か可愛く思えてくるから不思議だ。
 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/11 04:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/09 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/20 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/23 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/16 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/03 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/01 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/30 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/01 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/02 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/05 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/04 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

動物学 ランキング

動物学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む