サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベルの通販
  4. その他の通販
  5. アルファポリスの通販
  6. ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1 接触編の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/04/01
  • 出版社: アルファポリス
  • サイズ:19cm/522p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-434-14235-2

紙の本

ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1 接触編

著者 柳内 たくみ (著)

20XX年—白昼の東京銀座に突如「異世界への門」が現れた。「門」からなだれ込んできた「異世界」の軍勢と怪異達によって、阿鼻叫喚の地獄絵図と化した銀座。この非常事態に、日本...

もっと見る

ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 1 接触編

税込 1,870 17pt

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり <1.接触編>

税込 550 5pt

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり <1.接触編>

販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 631.4KB
Win XMDF 630.9KB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 全5巻完結セット

  • 税込価格:9,35085pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20XX年—白昼の東京銀座に突如「異世界への門」が現れた。「門」からなだれ込んできた「異世界」の軍勢と怪異達によって、阿鼻叫喚の地獄絵図と化した銀座。この非常事態に、日本陸自はただちに門の向こう側『特地』へと偵察に乗り出す。第3偵察隊の指揮を任されたオタク自衛官の伊丹耀司二等陸尉は、異世界帝国軍の攻勢を交わしながら、地形や政体の視察に尽力する。しかしあるとき、巨大な災龍に襲われる村人たちを助けたことで、エルフや魔導師、亜神ら異世界の美少女達と奇妙な交流を持つことになる。その一方、「門」外では『特地』の潤沢な資源に目を付けた米・中・露諸外国が、野心剥き出しに日本への外交圧力を開始する。複雑に交錯する「門」内外の思惑—二つの世界を繋げる「門」を舞台に、かつてないスケールの超エンタメファンタジーが、今、幕を開ける。【「BOOK」データベースの商品解説】

20××年、突如現れた「異世界への門=ゲート」からなだれ込んできた異世界の軍勢と怪異達によって、銀座は地獄絵図と化した。日本陸自はただちに門の向こう側「特地」へと偵察に乗り出す…。ネット小説を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柳内 たくみ

略歴
〈柳内たくみ〉自衛官を経験した後、自営業を開業。本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

強いぞ自衛隊

2010/09/27 19:59

5人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファンタジー世界の設定はオーソドックスだが、自衛隊の描写が細かく面白い
結構殺伐とした部分もありますが、全体的に軽いノリで読みやすいです
ヲタク主人公というわりに、そっち方面の描写はそれほど濃くはなく、話の導入と要所要所のつなぎ程度
姫様の腐女子化はさすがにちょっと強引な展開かな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言うなれば『特地自衛隊』

2011/02/09 13:16

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アルファポリスより刊行のファンタジー小説。

内容は異世界モノのライトファンタジー。剣も魔法もドラゴンもエルフもドワーフも登場するが、一つ通常のファンタジー小説では登場していないものが登場しており、それこそがこの作品の最大の特徴。

それは自衛隊である。
過去に自衛隊が戦国時代へとタイムスリップするという、戦国自衛隊という作品があったが、本作はいうなればその異世界Ver.だ。

具体的には、日本国内に異世界へと通じる「ゲート」が突如誕生し、その異世界には現実社会とは全く異なる国家や人々が存在するが判明。
異世界の国家との戦闘を踏まえて、日本は国家としてその異世界(作中では「特地」と呼ばれている)を探索、あるいは「特地」内の既存国家との国交について模索していくという流れで物語は展開されていく。

主人公は、自衛隊所属の男性。オタク趣味の個性的なキャラであるが、無骨で男気ある一面をも持っているという設定。
ストーリーは、上記のとおり未知との遭遇を果たした日本国と自衛隊が、豊富な地下資源に恵まれている「特地」という新たなるフロンティア開拓を主導的に行っていくために現実の諸外国とのパワーバランスに苦慮しながら外政活動を行う政略パートと、自衛隊員である主人公が、組織のしがらみを受けながらも、特地の人々と交流を深め、ある時は共に闘い、また、ある時はともに楽しむという、(ゲームであれば)アドベンチャーパートとに構成を分けて物語が進んでいる。

作風としては、特に極端なアクション小説でもなく、また、実在する諸外国が描かれているとはいっても、その点のみを延々と描写する粘着な小説でもない。作品のメインはあくまで異世界「特地」をめぐる物語であり、主に主人公が「特地」で活躍する姿を描いた内容となっている。

ただし、作品自体、かなりライトな仕上がりなだけに、読む人によって、恐らく相当に好みが分かれるものと思われる。自衛隊が物語の軸に位置づけされているため、その点が鼻につく場合があるというべきか。

例えば著者が元自衛隊員ということもあってか、自衛隊が異様なくらい好感度の高い組織として描かれており、その辺りにアレルギーを受ける人はいるかもしれない。
あるいは、作品の設定上、「もう少し戦略的な描写を増やすべき。煮込み方が甘い」と思われる読者もいるかもしれない。いわゆるif戦記モノを好む人たちにとっては、ライトファンタジー故に、やや緩すぎる作品とも捉えられる。

ミリタリーSF小説というジャンルであれば、ライトノベルに限定すると「フルメタルパニック」があるため、設定が新しすぎるとまでは言わないまでも、私は自衛隊を組み入れたファンタジー作品というものは初めて読んだため、新鮮な感覚で楽しめた反面、自衛隊をここまでリアリティをもって描写する必要があったのだろうか、という印象を受けずにはいられなかった。
日本と諸外国との外交的闘争を描いた部分は、半ばギャグのような扱いなのに、自衛隊組織の描写がやや詳細なので、バランスのとり方がやや歪ではないかと、思わないでもない。


以下、雑感であるが、出版元のアルファポリスは、ネット掲載した作品を単行本化して販売する等、セミプロ作品を積極的に出版する傾向にあるため、作品の水準については作品ごとに落差が大きい。
本作については、セミプロレベルを超えて、十分楽しめる内容にはなっているものの、ネット系作家にありがちな「ご都合主義」が所かしこで鼻につくため、メジャーブランド発のご都合主義作品の数々に、既に飽きが来ている人には、本作は全くお薦めできない。

自衛隊好きの人や、設定の変わったファンタジー小説を読みたい人であれば、本作は十分に選択肢の一つになりうると思う。
その場合の最大の難点は、ライトにファンタジー小説を楽しみたいにもかかわらず、本の価格がややヘヴィであることであろうか。

上記は私見。ご参考までに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/02 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/14 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/11 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/24 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/22 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/22 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/23 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/25 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/17 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/06 05:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/06 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/17 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。