サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. マルクスる?世界一かんたんなマルクス経済学の本 改訂新版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マルクスる?世界一かんたんなマルクス経済学の本 改訂新版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: マトマ出版
  • サイズ:21cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-904934-02-9
  • 国内送料無料

紙の本

マルクスる?世界一かんたんなマルクス経済学の本 改訂新版

著者 木暮 太一 (著)

現代の日本経済で起きている事象は、マルクス経済学で考えると納得のいく整理ができる。自分たちが生きている世の中がどういう仕組みで動いているのか、なぜそうなっているのかが理解...

もっと見る

マルクスる?世界一かんたんなマルクス経済学の本 改訂新版

1,166(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代の日本経済で起きている事象は、マルクス経済学で考えると納得のいく整理ができる。自分たちが生きている世の中がどういう仕組みで動いているのか、なぜそうなっているのかが理解できる、マルクス経済学の本。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

2012/04/10 00:48

投稿元:ブクログ

マルクス経済学ということでもともと数式をあまり使わない考え方なので、コンセプト通りけっこうわかりやすかったです。
詳しく知りたきゃ専門書を読め、と割りきってるのが良い。
このシリーズ全般に言えることだが、今回も誤植が多い。
そこらへんはしっかりして欲しいのだが。


第1章 商品と価値形態
第2章 剰余価値の生産
第3章 資本蓄積
第4章 資本循環
第5章 資本の流通
第6章 利潤の法則
第7章 商業資本
第8章 利子生み資本と信用

2010/07/05 06:41

投稿元:ブクログ

良書かね?分かりづらい部分が多かったし、時々口語になったりならなかったり。また改訂新版ということで、誤字が多かった。1つの本でこんなに誤字を見たこと無かったので、この本に対する情熱が消えていった。

資本主義社会において、剰余価値、つまり会社の儲けを生み出すのは労働者である。労働者は自分の価値以上に働いた分が剰余価値となる。

企業はモノをたくさんつくるため、機械を導入する。しかし、機械には機械の価値以上の価値は生み出せない。労働者は必要なくなり、モノが溢れて売れなくなる。

まぁマルクス主義の入門書ということで、次読よむ本の理解度は少しばかりよくなるんかねぇ。

2012/05/27 17:20

投稿元:ブクログ

小暮氏の本四冊め。現在売れに売れている『僕らはいつまで、、』にマルクス資本論が取り上げられていたため興味を持って購入。理系で元々経済学なんてものはド素人の私でも理論の要点は説明できるのではないかと勘違いするくらい解りやすい。詳細は切り捨て概要を把握する事に焦点を当てているので入門としてはとてもいい。本のはじめに概要がまとめられている。これを最初と最後に2回読ませる事で内容が理解できた事を実感させるあたり『うまい』。

2014/06/09 21:45

投稿元:ブクログ

木暮太一さんが結構前に書いていた本。マルクス経済学を、ものすごくわかりやすく説明しています。
「わかりやすく、読みやすく」書くのは非常に難しい事だと思っていますが、小暮さんの苦労が少し読み取れる本でした。マルクス経済学、資本論のとっかかりにいいと思います。

2013/03/27 01:46

投稿元:ブクログ

経済学のわかりやすい入門書を書くことで有名な木暮さんのマルクス経済学入門書。

文字も大きく、時折入るイラストもあって、全体としてはわかりやすいと思う。ただし、最近はいろいろな方が資本論入門を書くようになったので、これがベストとは思わなかった。

まず読み流して、全体像を捉えて、確認しながら読むことがよいかなと思った。経済史におけるマルクスの影響は大きいので、さらっとよんで、大体の話をつかみたい人に向いていると思う。

2011/08/29 19:43

投稿元:ブクログ

世界一分かりやすいらしいが、それでも難しかった。

昔、マルクスを読むと価値観が変わるらしいと言われ、いつかは読みたいと思っているんだけど、なかなかです。

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む