サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 六花書林
  • サイズ:21cm/135p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-903480-44-2

紙の本

パン屋のパンセ 歌集 (かばんBOOKS)

著者 杉崎 恒夫 (著)

春眠より覚めるわたしはチョコレートのカシュウナッツのように曲がって ゆで卵匙にうつ時にわとりの水子の霊がぴよとささやく 透明なユーモアとかなしみ、不変のみずみずしさにあふ...

もっと見る

パン屋のパンセ 歌集 (かばんBOOKS)

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

春眠より覚めるわたしはチョコレートのカシュウナッツのように曲がって ゆで卵匙にうつ時にわとりの水子の霊がぴよとささやく 透明なユーモアとかなしみ、不変のみずみずしさにあふれた第2歌集。【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歌集を楽しむ

2020/08/03 06:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに歌集を手にしました。

先日のこと、NHKのラジオ深夜便で川上弘美さんのインタビューを聴きました。
2日にわたって放送されたインタビュー。
かなり前(10年くらい前?)に収録されたものの再放送だったのですが、
とても楽しく聴きました。
文字で読むのはもちろんいいけど、作家さんの話を聴くってなかなかないので、
聞き逃し放送期間中は何度も聴きました。

その中で、川上弘美さんが紹介されたのが、こちらの歌集です。
天文台勤務の経験がある杉崎恒夫さん、この短歌は彼が70~80代のころの作品と紹介してありました。

川上さんも言われてましたが、とてもその年代の男性の短歌と思えない。
表紙から受けるイメージ、そのギャップも何ともいい感じです。

私がいいなぁと思った歌を引いてみますね。



こんにちわ おなじ書棚にいつもある市民図書館のガルシア=マルケス(黄身がみる夢)

バゲットを一本抱いて帰るみちバゲットはほとんど祈りにちかい(黄身がみる夢)

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない(鳩の鋳型)

「大切なものは見えない」友達にしたいキツネは街にはいない(砂時計)

こんがりと夕焼けベーカリーが焼きあげしクロワッサンを一つください(パン屋のパンセ)

わずかなる誤解なのです イエローとレモンイエローの違いぐらいに(パン屋のパンセ)




音読しながら、歌集を楽しみました。
いつも行く図書館、海外文学の棚の前に杉崎さんが佇んでいそうな、そんな風景が目に浮かびました。
「星の王子さま」を手に取る様子なども…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あたたかく穏やかで澄んだ気持ちに

2015/11/11 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほし☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

静かで落ち着いた日常をモチーフに、作者の感性が光る歌集です。
あたたかく穏やかで澄んだ気持ちになれるオススメの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。