サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バッハ=魂のエヴァンゲリスト(講談社学術文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-291991-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)

著者 礒山 雅 (著)

バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)

1,253(税込)

バッハ=魂のエヴァンゲリスト

1,080 (税込)

バッハ=魂のエヴァンゲリスト

ポイント :10pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 19.7MB 無制限
Android EPUB 19.7MB 無制限
Win EPUB 19.7MB 無制限
Mac EPUB 19.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

シューマンやショパンならば、本を読めばCDを聴いてみよう、って思うんですが、バッハとなると、ちょっと構えてしまう。どうも、バッハの権勢欲みたいなものを感じるのか、それとも宗教臭がいやなのか。一度聴くと、当分はいいや、って思うんです、私・・・

2011/06/30 20:44

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

我が家には大量のクラシックCDがあります。いくら1枚100円で買える時代になったからといって、毎月毎月100枚近く買っていたら、それでなくても本が溢れかえる家の中の混乱は、増す一方。結局、土日ともなれば一日中、古典から近代、現代音楽までの種々雑多な音楽が鳴り響くことになります。

テレマン、パーセル、シュッツ、ハイドン、モーツァルト、パガニーニ、ベートーヴェン、シューマン、シュトラウス、ワーグナー、グリーグ、ブリテン、ディーリアス、マーラー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、グラス、アダムス。ところがバッハだけは、ピアノ曲とオルガン、そしてカンタータの一部しかありません。

夫に確認すると、リヒターのCDが安価な全集にならないものだから、とりあえず名盤の誉の高いものを単発で買っているとのこと。そうなんです、実は我が家にはまとまったバッハのCDが無いんです。そういえば、夫は以前、こんなことを言っていました「バッハの音楽って、たくさんあるんだろうけれど、聴いてると全部同じに思える。それにあの大げさなオルガン曲」。たしかに・・・

音楽家の事跡を辿るよりは、まず音楽を聴く、それが正しいかどうかはともかく我が家流。でも、唯一の例外がこの本。リヒターのCDが安価な全集は当分出そうにないし、とりあえず有名曲は持っているからあえてダブり覚悟でバッハのCDを買う必要もない。それなら、そのときに備えてバッハのことでも読んでみよう、と。カバー後ろ内容紹介は
           *
なぜ心にこれほど深い慰めをもたらすのか。人生へ
の力強い肯定を語るのか。「神の秩序の似姿」に血
肉をかよわせるオルガン曲。聖の中の俗、俗の中の
聖を歌い上げるカンタータ。胸いっぱいに慈愛しみ
渡る《マタイ受難曲》……。三百年の時を超え人々
の魂に福音を与え続ける楽聖の生涯をたどり、その
音楽の本質と魅力を解き明かした名著、待望の新版。
           *
となっています。待望の新版とあるように、「本書の原本は一九八五年四月、東京書籍より刊行されましたが、学術文庫版刊行にあたり、大幅に改訂を加えました。」と注記があります。全体に手を入れているのでしょうが、比較をしないでも分かるのが補章です。ここに数多くの演奏家の名前がでてきますが、これにかなり最近の情報を見ることが出来ます。補 章に登場する演奏家名を大別して列記すれば

1)ウィレム・メンゲルベルク、アルベルト・シュヴァイツァー、エトヴィーン・フィッシャー、ヴァルター・ギーゼキング、ワンダ・ランドフスカ、パブロ・カザルス、カール・ミュンヒンガー、ヘルムート・ヴァルヒャ、カール・リヒター、グレン・グールド、スヴャトスラフ・リヒテル、タチアナ・ニコラエワ、フリードリヒ・グルダ、グスタフ・レオンハルト

2)ニコラス・アーンクール、フランス・ブリュッヘン、クイケン三兄弟、トン・コープマン、トレヴァー・ピノック、ジョン・エリオット・ガーディナー、クリストファー・ホグウッド、アンドラーシュ・シフ、ヘルムート・リリング、鈴木秀美、ルネ・ヤーコブス、鈴木雅明、小林道夫、有田正弘、寺神亮

となり、2)のグループはどちらかというと最近の演奏家といえるでしょう。曲名を見ても、その楽曲が思い浮かばない私としては、音楽的にピンとくることはないのですが、文學的に楽しむという裏技があります。巻末の楽曲索引で、私が気に入った曲名を列記すれば

世俗カンタータ「201 急げ、渦巻く風たち」「206 しのび流れよ、戯れる波」「214 鳴れ、ティンパニよ! どよもせ、トランペットよ!」

と、なります。それにしても、バッハの作った曲の多さといったら、なんだろう、と思います。ともかく毎日のように作っては、教会で演奏する。この本を読む限り、当時の教会には、特別なことでもない限り、毎回違う音楽をかけるという決まりでもあったのだろうと思います。その一方で、少しでも条件のいいとろに就職しようとする、その猟官とでもいいたくなる活動の激しさ。バッハにとって、教会はあくまで音楽を発表しお金を得る場以外のなにものでもなかったのではないか、と思うほどです。そういう意味では、キリスト教とバッハの関係について、磯山が
           *
とはいえ私は、キリスト教の信仰をもつことがバッハの理解のために必須であるとは思わない。(中略)したがって、バッハの本質を理解する鍵は、信仰の有無や宗派の種類ではなく、その人の人生経験の質であると、私は思う。もちろん、キリスト教を勉強し、ルターを研究することは、バッハを理解するうえで、きわめて大きな助けになる。だが、こうした道を歩んだあげく、かえってバッハから離れていった人も、私は知っている。いっそう重要なのは、バッハがルター派信仰の中からすべての人間の生にかかわる普遍の実質を引き出して芸術化したということである。すなわちバッハの音楽は、きわめてキリスト教的でありながら、同時にすべてのキリスト教を超えた普遍性を持っている。その真髄を直観する可能性は、宗派を超えてすべての人に開かれているはずである。
           *
というのも分からないではありません。ただ、《クリスマス・オラトリオ》について
           *
もしもこの輝かしい作品がなかったら、われわれのクリスマス音楽のレパートリーは、ずっと寂しいものになってしまうに違いない。
           *
と決め付けられると、日本の一般家庭で《クリスマス・オラトリオ》が流されることは無いはずで、そんなにあっさりと〈われわれ〉なんて括って欲しくないなあ、って思います。やはり、これはキリスト教や教会が、日常生活に溶け込んでいる、特に西欧社会での話で、やはり表現には気をつけましょう、と言っておきます。

ちなみに、我が家が東北の震災直後にドイツ、ウィーンを旅していたのですが、教会に入るたびに、多くに人が祈る姿をみては、宗教というものの彼我のあり方の違いに、ああ、これが、と思いました。そしてどの教会も光と音の演出が見事でした。カバーデザインは蟹江征治。最期に目次を写しておきましょう。

はじめに
第1章 伝統からの巣立ち――誕生からアルンシュタット時代まで
第2章 若き日に、死をみつめて――ミュールハウゼン時代
第3章 オルガンに吹きこむ、人間の生命力――ワイマール時代1
第4章 青春の抒情、新様式のカンタータ――ワイマール時代2
第5章 幸せなる楽興の時――ケーテン時代1
第6章 バッハの家庭と教育――ケーテン時代2
第7章 音楽による修辞学――ライプツィヒ時代1
第8章 ≪マタイ≫へ向けての慈愛の熟成――ライプツィヒ時代2
第9章 時流の外に新しさを求めて――ライプツィヒ時代3
第10章 数学的秩序の探求――ライプツィヒ時代4
補 章 二十世紀におけるバッハ演奏の四段階
あとがき
参考文献
人名索引
楽曲索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/01 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/05 06:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/23 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/26 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/30 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む