サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.5
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53574-6

紙の本

あの日にかえりたい

著者 乾 ルカ (著)

「できることなら、俺はあの日に帰りたい。帰りたいんだ。帰って女房を…」車いすの老人が語った言葉の真意とは—表題作ほか、時の残酷さと優しさ、そして時空を超えた小さな奇跡と一...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「できることなら、俺はあの日に帰りたい。帰りたいんだ。帰って女房を…」車いすの老人が語った言葉の真意とは—表題作ほか、時の残酷さと優しさ、そして時空を超えた小さな奇跡と一滴の希望を描く、著者渾身の6篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

「できることなら、俺はあの日に帰りたい。帰って女房を…」 車いすの老人が語った言葉の真意とは。時の残酷さと優しさ、そして小さな奇跡を描いた6篇を収録。『月刊ジェイ・ノベル』掲載に書き下ろしを加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

真夜中の動物園 5−57
翔る少年 59−101
あの日にかえりたい 103−147

著者紹介

乾 ルカ

略歴
〈乾ルカ〉1970年札幌市生まれ。「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「プロメテウスの涙」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

伏せられたトランプのカード

2012/02/19 21:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お月見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 乾ルカさんは、伏線を張るのがとても上手な作家さんだと思います。そして、変な表現ですが、伏線に対して律儀に、ある種の責任と愛着をもって向かいあっているような気がします。
 本書に収められた短編はどれも、生者と死者、現在と過去と未来、出会いと別れが交差します。どのお話も、ラスト近くで、何と何が交差するのか、種明かしのように鮮やかに示されるのです。
 最後のお話、「夜、あるく」の中の登場人物の、「トランプだって、伏せられたカードが配られているときが一番わくわくするでしょう?」という台詞を読んでいて、そうだ、乾さんの小説を読んでいると、伏せられたカードが目の前に数枚並べられているのを、一枚、一枚めくっていくような気持になるなあ、と思いました。
 時には伏せられたまま、謎は謎のままのカードがあったり、だけどきちんと謎が想像できるようなヒントが、会話や描写に隠されている。
 「真夜中の動物園」の伏せられたまま、仄めかしている未来のカード。「翔る少年」の、最後に開かれたカードの作文。「あの日にかえりたい」の、残酷にめくられ、どこかに消えていったカード。「へび玉」のやるせない思いは、その後に続く「did not finish」や最後の「夜、あるく」に隠されたカードに、答えのようなものが示されている気がします。
 そして読み終えても、つい物語の最初に戻って読み返してしまう、せつなさと生きることへの愛しさに満ちた本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かなり「来ました」。これからハマリそうです。

2011/12/22 07:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集ですが、テーマは貫かれています。タイトル通りなのですが、昔-若かったころ、現役だったころ-に何か「忘れ物」をしてきた人物が登場します。その「忘れ物」を胸に抱えたまま年齢を重ねて、体が不自由になってもそれを見つけに行く、という気持ちは捨てきれない。そんなお話が詰まっています。

人間だれにも訪れる、死という問題(それが不慮の事故でも自ら手を下したものであっても)、そして「時」、いずれも人間の力では、どうにもならないものがベースになるストーリー。なにがしかの要因で、過去の自分を俯瞰してみると、そこには「かつては持っていたが今は失くしている」あるものに気づいたりする。

時制を複数もつ物語って、とても読みにくい。同様に「書きにくい」んだろうと思う。けれども、著者はその時制、時空の空間を自由に飛び回る、心地よい文章を読ませてくれている。ものすごい才能だなあ、って思う。

現在の意識のまま過去に戻る、タイムマシン的な展開が多いんだけど、「科学的」にどうこう、という理屈をつける前に、すんなりと沁み込む感じなんですね。小説だから、っていう当然の理由を考える間もなく、先を読みたくてのめり込んでいる自分がいるんです。
小説を読むのを再開した自分には珍しいこと。

さて、自分が過去に置いてきた「忘れ物」はなんだろう。もう一度戻れるとしたら「いつ」に行こうか。過去は変えられないけれど、もしもそれができるのであれば...という気持ちにもなってしまう。本書のテーマはそうではないんですけれどね。むしろ、過去から蓄積された「今」を大事にすること、そして、予測できないからこそ輝いている「未来」へ向けて希望を持とう、というメッセージであるように捉えました。勝手な解釈ですが、ポジティブだから許容してください。

著者が何歳かはしらないけれど、「年を取る」という残酷さ、についての描写はみごとです。見た目、も含めて衰えていくのを自覚するのは悲しいことなのかもしれません。それでも、年をとることの素敵な側面を見据えていかねばならないよね。だって、抗えないし、不可能なものをどうこうしようと考えても無駄。であれば、やはり、「今」を精一杯生きて、「未来」に希望を持つ。これですよ。

著者の本、もっともっと読んでみたい。出会えたことに感謝です。

【ことば】可能性とは未来をしらないからこそ存在するのだ。

時空を超えられないからこそ、「わからない」からこそ、希望があり未来がある。知っていたら可能性ではなくて確定になってしまう。それだと輝かない。悔いないように生きることだ。たとえ途中で「忘れ物」をしても、それでもその先は悔いのない生き方ができるようにしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/10 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/02 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/28 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/10 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/25 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/08 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/03 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/15 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/18 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/01 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/07 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/26 01:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/04 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します日本の小説 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。