サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. がんと一緒に働こう! 必携CSRハンドブック

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

がんと一緒に働こう! 必携CSRハンドブック
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.5
  • 出版社: 合同出版
  • サイズ:21cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7726-1001-8
  • 国内送料無料

紙の本

がんと一緒に働こう! 必携CSRハンドブック

著者 CSRプロジェクト (編)

がんになったら、もう働けないの? がん経験者が社会に復帰しようとしたとき、その受け皿がないのが現状。がんになっても「働き続ける」解決策を、がん経験者・家族・支援者が提言す...

もっと見る

がんと一緒に働こう! 必携CSRハンドブック

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

がんになったら、もう働けないの? がん経験者が社会に復帰しようとしたとき、その受け皿がないのが現状。がんになっても「働き続ける」解決策を、がん経験者・家族・支援者が提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/07/04 14:51

投稿元:ブクログ

がんとの戦いは心身だけではない。働く権利すら危うくなる現状。がんと共存しながら働きたい・・との願いは、単なる雇用者側との交渉ごとではなく。周囲の理解を醸成していくこともとても大事。

この本の存在は本当に嬉しい術後の日常生活における先輩達の様々な工夫情報も本当に楽しく励みとなる。

生きていることを最大に生かすための知恵と勇気を頂いた。

2010/12/30 20:04

投稿元:ブクログ

癌になったとき、「働く」ということを深く考えます。
それをサポートする本です。
現代では病気になった際、ソーシャルワーカーさんたちなど頼ることもできますが、病気になったとき「どう頼ればいいのか?」なんて、だれも教えてくれません。
(あくまで個人的な感想です)それをお手伝いしてくれる本だと思います。

2010/06/17 21:15

投稿元:ブクログ

 本書はCSRプロジェクト代表桜井なおみさんと、賛同した32人のサバイバー(本書ではがんを罹患したひととその家族を含めた総称として使っている)たちの共同執筆で、内容をひとことで言うと「経験者は語る」だ。

 がんになったら出てくる「これってどうしたらいいんだろう?」と思う疑問や質問を、それぞれの章で細かに答えてくれている。
 たとえば第一章では「病気になったら仕事を辞めなければならないの?」という質問には「すぐに会社を辞めなければいけないわけではない」し、「労働契約や就業規則を確認」して「休職制度もあ」りますよと教えてくれる。
 こういうことって、いざ病気になると舞い上がってしまって結構忘れがちになってしまうの。そういう基本中の基本から、放射線治療特有の倦怠感や脱毛などの経験をしたひとしかわからない悩みも「私の場合はこうでした」とか「こんなグッズもあるよ」と気さくに教えてくれる。

 なんというか、とても前向きな本なのだ。


 お昼過ぎに近所の奥さんたちが集まって、おせんべいでも食べながら「ああわかるわかる。私もつらかったわよ。そいういうときはねぇ、これを試してみるといいわよ。スーパーに売ってるから」というノリなのだ。


 がんはやっぱり重大な病気であるし、命に関わるのはたしかなのだけれど、でもだからといって必要以上に深刻に考えるのはいけないことなのかもしれないな。


 本書を読んで。
 彼女たちのやさしさを感じたのはもちろんだけれど、なんというか、とても強い命の力ってやつを感じた。


 がんになって悩んでいるひとはもちろん、
 それ以外のひとにも広く読んでいただきたい良書である。

http://loplos.mo-blog.jp/kaburaki/2010/06/csrcsr_25f6.html

2010/05/15 08:42

投稿元:ブクログ

ボランティアでスタッフをしている、リレーフォーライフのスタッフ仲間からのおすすめ本です。
がん患者さんの仕事についてのノウハウ本です。
CSR-Project(ホーププロジェクトとキャンサーネットジャパン)編

2011/05/11 16:47

投稿元:ブクログ

がんになってから働き続けるにはどうするか。イラストも交えてわかりやすく書いてある本。
相談窓口なども載っていて便利。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む