サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. コンピュータ・IT・情報科学の通販
  4. ハードウェアの通販
  5. 日経BP社の通販
  6. iPadショック iPhoneが切り拓き、iPadが育てる新しいビジネスの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/06/01
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/229p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-4812-3

紙の本

iPadショック iPhoneが切り拓き、iPadが育てる新しいビジネス

著者 林 信行 (著)

iPadは、なぜ幅広いジャンルの人が用途を考えずにはいられない、魅力的なデバイスなのか。開発思想を含めてその秘密を解き明かすとともに、iPhoneが変え、iPadが変えよ...

もっと見る

iPadショック iPhoneが切り拓き、iPadが育てる新しいビジネス

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

iPadは、なぜ幅広いジャンルの人が用途を考えずにはいられない、魅力的なデバイスなのか。開発思想を含めてその秘密を解き明かすとともに、iPhoneが変え、iPadが変えようとしているものは何なのかを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

林 信行

略歴
〈林信行〉ITジャーナリスト兼コンサルタント。アップル、グーグル、ブログやSNSなどの動向について執筆。著書に「iPhoneショック」「iPhoneとツイッターは、なぜ成功したのか?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

iPadという製品の...

ジュンク堂書店福岡店さん

iPadという製品の魅力、そしてiPadを取り巻く現在の状況について書かれた本です。対象となる読者は「iPadって最近良く聞くけど何なの?」という方々と思われます。
著者は本文中で何度も「体験」という言葉を使い、それこそがiPadの魅力であると述べています。それはiPadの操作感であり、iPadというデバイスがもたらす新しいライフスタイルなのだそうです。なので著者自身が認めるとおり、その魅力が文章では伝わりにくいのですが、何だか凄そうだ、という雰囲気は伝わってきます。
その後はiPadの現状について多く項を割いており、ビジネスや教育など各分野においてiPadの与えた影響について理解できる内容となっています。
ただ個人としても、書店員としても最も気になっている「iPadは日本で普及するか」「日本において電子書籍はどうなるのか」といった部分に関しては詳しい論評を避けており残念です。少しは触れられていますが、いわば「モノがいいのでそれらは後でどうにでもなる」的なことを述べており、全体としてiPad賛美に留まっているような印象があるのも残念です。

コンピュータ書担当

みんなのレビュー31件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

アップル社の製品とサービスに魅了されすぎないように注意

2012/01/13 23:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今更ながらiPadに注目し始めるのも遅いのだけれども、いいものはいいのだから仕方がない。本書によって、iPadの魅力とアップルの戦略のすばらしさが嫌というほど理解できるようになっている。

 著者はもともと近年のIT技術の中では、”iPhone”に革新的なものを見いだしている。前著の『iPhoneショック』でそのことを著している。続編を出す前に、思ったよりも早く”iPad”というタブレット端末が姿を現した。

 したがって、実は、本書の根底にあるのはiPhoneが切り開く未来だ。ときどき思い出したようにiPadに話が戻る。そのくらいiPhoneが可能にしつつあるライフスタイルには驚きがある。日本ではずっとソフトバンクの独占販売だったのが、昨年ようやくauも第二のキャリアになった(本書はまだソフトバンク独占のころに書かれている)。

 ウェブ2.0時代はあくまでPCの使える自宅や職場などの環境での話であった。それが、屋外に出てもサッと取り出した端末で、PCさながらに情報アクセスできることを可能にしたiPhone。加えて、アプリの提供によって切り開いた高い利便性のポテンシャル。そのすごさに、いち早く気づいて世の中に知らせてきた著者。

 その魅力は、本書を読んでみるしかない。書評もお手上げだ。
 iPhone、アプリ、iTunesストア、というビジネスモデルの革新性は、なかなか表現しがたい。それを本に著してみせた著者の力量 はたしかだ。

 iPhoneとiPadが切り開き、これから可能にしていくであろうライフスタイルにはわくわくさせられる。出版、放送(テレビ、ラジオ)、新聞、映画などが、このプラットフォーム上で融合する。長く「通信と放送の融合」と言われながら、かけ声だけに終わっていたのが、ここに現実のものとする技術的基盤が生まれた。

 こうした動きに日本は遅れがちなようだ。アップルにばかり、いい思いをさせておくほど日本の技術力は後れをとっていないことを、そろそろ証明しなくてはいけない。

 アップルは、製品の優秀性を盾にとり、パートナー企業のビジネス手法の細部にまで、口をはさむ。ひとつ間違えば、横暴な印象も与えかねないところを、ぎりぎり踏みとどまっているのは、ユーザーにすぐれた体験を提供したいというアップルの企業姿勢が、たくさんのファンを生み出しているからだ。

 もともとは日本企業が得意にしていたはずのユーザー本意の製品開発とサービス提供に徹すれば、追いつけなくはないはずだ。しかし、追いかけるほどに、アップルは先へ先へと進んでしまっているのが現実である。
 
 などと書きながら、評者はiPhoneもiPadもいまだ所有していない。今年あたり、たまらずに、どちらかに手を出してしまいそうな予感がする。それが、ジョブズなきあとのアップル製品だとしても。

 ジョブズやアップルに食わず嫌いで、距離を置いてしまっている人は、本書を批判的に読み終えたあとでも、その食わず嫌いが持ちこたえられるかどうか、試してみるのも悪くないと思った。財布の口がゆるいと、いつの間にかアップル製品を買い求めてしまっているかもしれないので、みなさん要注意ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

つぎつぎにかたられる iPad の魅力

2010/12/07 01:42

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

iPad と他社製品とのちがい,iPad と iPhone の微妙なちがいなどについて,納得のいく説明をしている. タッチパネルでうまく絵がかけることが,あたりまえのようでいて,どれだけむずかしく,他社は実現できていないかというのがそのひとつだ. カートリッジをつかわずダウンロード販売していることの利点,課金のしかたなども,ユーザの立場にたったデザインの結果だという. Apple が Flash の導入を拒否している理由も説明されている.

こうして iPad の魅力がつぎからつぎへ書かれているこの本だが,これだけ利点ばかりがならべられると,警戒はなければという気にもなってくる. すこしは影の部分にもふれて,バランスをとったほうがよかったようにおもう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/05 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/26 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/27 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/03 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/16 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/11 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/08 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/16 04:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/15 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/20 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。