サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 世界の危機はめくるめく! 6

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界の危機はめくるめく! 6(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.7
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-726598-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

世界の危機はめくるめく! 6 (ファミ通文庫)

著者 佐藤 了 (著)

「リーナ様を返せ、僕と勝負しろ!」俺、真吾たちのクラスにやってきた美形転校生フォルスは、なんとリーナの元許婚だった!このムダに熱い変人が今回の“危機”なのか?しかも文化祭...

もっと見る

世界の危機はめくるめく! 6 (ファミ通文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

世界の危機はめくるめく!6

605 (税込)

世界の危機はめくるめく!6

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「リーナ様を返せ、僕と勝負しろ!」俺、真吾たちのクラスにやってきた美形転校生フォルスは、なんとリーナの元許婚だった!このムダに熱い変人が今回の“危機”なのか?しかも文化祭のメイド喫茶で対決って、意味不明なんだけど。一方「県」という地名の謎を調べた俺たちは「大魔王」伝説が各地に残っていることを突き止めた。もしや頻発する地震や火山活動は大魔王復活の兆し!?世界の終わりの始まりか!?めくりまくり非日常系ラブコメ第6弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

クライマックスに向けて真相が明らかになるのか?

2010/07/14 20:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうやら次巻辺りで完結の模様。そのため、来るべきクライマックスに向けていろいろと慌ただしくなっていく本巻だが、なかなか真相の明かされない部分があったり、ちょっぴり意地悪テイストに示唆止まりだったりで、核心に近づくものの見えてこない感じである。要は「神様の思惑がどこにあるのか」ということで、この世界の神(ラメント)=武石理沙が封印を解きたいモノの全容とその理由、そしてそれを阻止したいオクターヴァの神(トランクィロ)=梓川柚子の思惑。この2つががっぷり四つでぶつかり合う展開が透けて見えてきたように思う。

このように、物語の本編は「これからさらに混沌」という状態にまで至ったのだが、真吾を巡る恋のバトルは「一足早く混沌」の様相を呈している。かなり性急な展開だったが、ここに来てヒロイン達の動きが同時に活発となった。それぞれが、それぞれの想いを胸に言葉を紡ぎ、決意を示していくのを受け止める真吾の「本当の本心」あるいは「一番の気持ち」が試されることになりそうである。

あと、今回は文化祭を舞台にメイド絡みのネタが前半にあったり、さらに冒頭では真吾の初恋の相手という新山沙也香なる人物が唐突に名前のみ登場するのだが、これらに対する真吾や大輝の“語り”があまりにもアツくて笑える。若干引いてしまそうなくらいアツい。「何をくだらないことに無駄パワーを費やしてんだ」と苦笑しながらも、そんな馬鹿馬鹿しくてくだらないことだからこそアツく語る、語りたくなる男心も滲み出ていた。つまり、メイドを含む美少女全般についてアツく語りたい作者がここにいた、ということであろう。

終盤が詰め込み過ぎな感じで、若干都合良く展開していた部分もあったので、クライマックスから結末にかけてはじっくり読ませてほしいところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/16 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む