サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 走ることについて語るときに僕の語ること

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

走ることについて語るときに僕の語ること(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 270件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.6
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-750210-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

著者 村上 春樹 (著)

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたい—1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今に...

もっと見る

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

562(税込)

走ることについて語るときに僕の語ること

559 (税込)

走ることについて語るときに僕の語ること

ポイント :5pt / 紙の本より3おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたい—1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店

同じスポーツジムに通う男性からお薦めされた1冊

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店さん

同じスポーツジムに通う男性からお薦めされた1冊。一汗かいたあと、ラウンジで静かに本を読んでいる様子がとても気持ちよさそうだったので、「何を読んでいるんですか?」と訊くと、ちょっと笑って文庫本の表紙を見せてくれました。

「最初にもお断りしたことだが、僕は負けず嫌いな性格ではない。
負けるのはある程度避けがたいことだと考えている。人は誰であれ、永遠に勝ち続けるわけにはいかない。人生というハイウェイでは、追い越し車線だけを走り続けることはできない。
しかしそれとは別に、同じ失敗を何度も繰り返すことはしたくない。ひとつの失敗から何かを学びとって、次の機会にその教訓を生かしたい。
少なくともそういう生き方を続けることが能力的に許されるあいだは。」

指で指し示してくれたこの部分がとても印象的だったので、さっそく書店で購入して読み始めました。読み始めてすぐに気づかされるのは、この作品は他のエッセイとは一線を画しているな、ということ。

村上春樹のエッセイは、小説と違って軽い読み物に仕上がっている場合がほとんどですが、この本は読みやすいながらも深い思索に富み、心の深いところまで静かに降りてくる言葉で満ちています。まるで、とても読みやすい哲学書みたい。

30代に入り、若さで押し切ってきたいままでとは違う生き方を模索しつつある私たちにとって、人生の伴侶となり得る作品です。読みたいときにいつでも手に取れるよう、結局私も買いました。

(評者:MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店 実用書担当 青柳真紀)

みんなのレビュー270件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

レイモンド・カーヴァー著『愛について語るときに我々の語ること』を、本書のタイトルの原型にした村上春樹さんを敬愛します。

2010/08/13 22:06

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サムシングブルー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読書は恋愛と似ている。カバーに触れ、目次を読む。その行為は人を好きになるのとよく似ている。

2007年に出版された『走ることについて語るときに僕が語ること』は村上春樹さんのメモワール(個人史)であり「あくまで僕という人間にとって走り続けるというのがどのようなことであったか、それについて思いを巡らしたり、あるいは自問自答しているだけだ」と、語っています。

第1章 誰にミック・ジャガーを笑うことができるだろう? では
「長距離ランナーは個人的な勝ち負けは問題ではなく、個人的目標を達成したかどうか、走り終えて自分に誇りがもてるかどうかが大事な基準となる」
「同じことが小説家という職業にも言える、小説を書くことは、フル・マラソンを走るのに似ている」と、語っています。
また「まじめに走る」「ランナーズ・ブルー」「走る生活」「腑に落ちる」とカッコされている文字から、村上春樹さんのライフスタイルがわかり、彼のメモワールの根幹はこの章でほぼ完成されているように感じました。

フル・マラソンからトライアスロン・レースへの挑戦は、「小説をしっかり書くために身体能力を整え、向上させる」ことへの挑戦でした。
四半世紀にわたって日々走り続けてきた彼は、これからも走り続けるでしょう。次回の長編小説を心待ちにしております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再読してより理解が深まる

2010/09/04 16:46

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

あいかわらずな日々を送っている。
先日は、ある文学賞に随筆を書いて送ったところ。
随筆やエッセイを送るのはこれで2回目になる。
だんだんと視野が広がっている、と自分でも感じる。
小説における自分の本質的な「才能」というものをわかったうえで、
自分の文章を発表する場を求めている。
当然、いろいろなジャンルに「場」を求めることになる。
僕は「アンファン・テリブル」なんかじゃないんだから。

本を買うのも、bk1で買ったり、別のネット書店で買ったり、
あるいはリアルの本屋で買ったり。
まだまだ暑いが、たまにカフェでアイスティーを飲みながら、本を読むことがある。
そういうとき、読むための本を街の本屋でピックアップする。
この『走ることについて語るときに僕の語ること』もそうやってピックアップした。

この本は単行本のバージョンを買って読んだのだが、本棚の整理の時に売ってしまった。
そのときの僕の気持ちを代弁するなら、
「村上春樹の小説とエッセイ、どちらかを選べと言われれば、小説を選ぶ」ということだったと思う。
僕の部屋は6畳くらいの大きさで、そこに、1メートルくらいの高さの本棚が一つあるだけだ。そこにおさまらない本は基本的に売ってしまう。
クローゼットにもほとんどスペースはない。

でもこの本を文庫版で再読してよかった、と思う。
今回僕は最初からは読まなかった。気になる章からばらばらに読んでいった。それでも内容は頭に入ってくるものだ。
この本では村上春樹が「走る」ということを通して「自分」というものを語っている。
もちろん彼は作家だから、小説を書く上での心構えのようなものも書かれている。
そういう点、とても参考になる。
「ああ、村上春樹はこういう風にあのすばらしい小説を書いているのか」と。

僕は街を歩き回ることはするが、運動はほとんどしない。
まして、フル・マラソンやトライアスロンなんて無理。
でも彼の小説作法にはうなずける部分が多々あるし、
一度くらい、彼のように規則正しい生活をして、
「健全な肉体」に宿る「不健全な精神」で、
小説を書いてみたいものだ、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

走る源

2011/03/18 09:22

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽから - この投稿者のレビュー一覧を見る

走る源となる本です。自分が走る理由について曖昧で言葉にできなかったことがこの本に書かれていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生を考えさせてくれる

2016/11/29 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:武蔵の里 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間は、必ず歳を取る。特に、50代になり痛切に思うようになった。人生で初めてギックリ腰になり、医者からはジョギングどころかウォーキングも禁じられた。
歯茎が弱くなり入れ歯も使った。
そういう歳となった自分に勇気を与えてくれる一冊である。
出来なくなったことを受け入れ、その中でベストを尽くしていこうと誓った。決して諦めずに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

身を以て知る経年変化

2015/09/29 00:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌキネコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本が単行本で刊行された時購入し、読んだときには「結論がない」ように思われ、あまりピンときませんでした。しかし最近本棚を整理するつもりで手に取って、それからずいぶんと繰り返し読んでいます。
たぶん人生を生きるうえで、自分の体をより良く調整するよう努めることが、きちんとした仕事するのに必要な年齢になってきたからだと思います。
個人的には長い距離を「走ること」は全く合わなくて、では自分では何を?ということが見つけられていませんが、見つかるといいなと自己流ストレッチをしたりしています。
書かれた小説には好き嫌いもありますが、文章から伝わる「頑固で前向きで仕事に真摯な姿勢」と「率直さ」には、いつも共感します。時間をかけて自分のスタンスを作り上げ、前進していくこと、そして折り返し地点を過ぎてどう自分を運営するかに関心がある人にお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ただただ尊敬

2015/06/01 07:56

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KY - この投稿者のレビュー一覧を見る

この年齢で(といっては失礼かもしれませんが)、これだけのルーティンを自分に課し続けられるのは単純にすごいし尊敬します。自分がフルマラソンを走るきっかけになった本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ランナー・村上が目指すもの

2011/01/20 19:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルルシマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上さんのエッセイというと、「村上朝日堂」その他で解るように、
小説から受けるイメージとは違って明るく庶民的。
彼の作品が重くていや、という人はエッセイを読んで欲しいと思うくらい、
自然な人となりが出ていてファンも多いのではないでしょうか。
でも今回のこれは、厳密に言うとエッセイではないです。
これは彼のランナーとしての現在・過去・未来への記録だと思う。

今までのエッセイではランニングのことはあまり触れず、
もっぱらスポーツといえばスイミングについて書かれていることが多かったように思います。
周知の事実で、彼は朝は早く起きて、簡素な食事に散歩やスイミング、
その合い間、というかほとんどは午前中の早い時間の執筆活動、といった生活について多くのところで書いています。

それがこの本で語る「走ること」については、珍しく熱くアグレッシヴに取り組んでいることが判ります。
でも本人は、「勝ち負けは頭にない」といいきり、大事なことは「自分の目標をクリアすること」だと述べているのです。

確かに彼の「走ること」の歴史はすばらしい。
20何年、毎年フルマラソンに出場していて、そのうちの何年かはトライアスロンにも参加している。

ボストンマラソン、ニューヨーク・シティ・マラソン、
サロマ湖100キロマラソンに、村上国際トライアスロンなどなど。

勝ち負けは気にしなくとも、自己目標をクリアするために、
何ヶ月も前から完璧にも思えるトレーニングと調整を続ける村上氏。
しかし、その折々に様々なアクシデントが彼を襲い、完走するも思ったような走りが出来なかった時が続くと
周到な準備にもかかわらず不発だった自分のランを様々な角度で分析していく。

そしてその度に彼が行きつくのは自分の「老い」。
ここまでして、調整も続けて、体調も悪くない。
ウエアも装備もシューズも完ぺきだ。
なのにダメだったのは、どうにもならない「老いた自分」。

写真で見る村上さんの若い頃のランニング姿。
彼は、「小説をしっかり書くために身体能力を整え、向上させる」と書いているけれど、
いやいや、どうして、かなりの本気です。
家で小説を書く「静」の自分と、
水泳やトレーニングやランで絞り切った「動」の自分とのバランスを上手くとることで、たしかにより創作活動はしやすいのでしょうが、
この本を読むと、彼の中で時としてランの方が執筆活動よりも熱いのでは?と思わずにはいられません。
そのためには自分の「老い」もきちんと受け入れ始めた村上さんが、自然体で今後のランナー人生を進まれる宣言のような作品だったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一途にまっすぐに。

2015/11/24 20:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪空スウィング - この投稿者のレビュー一覧を見る

成長したいと日々願うことがある。
楽しさと、うまくいかないことへの焦り、それでもやっぱり好きなこと、永遠の片思いのような気持ち、その一途さ、まっすぐさがこの本には詰まっているよつに思う。
私に走る趣味はないけれど、村上さんにとっての走ることと私の好きなことを重ね合わせ、一緒に走っている気持ちになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/05 23:33

投稿元:ブクログ

村上春樹が「走る」という事実は、
彼のエッセイを読んで初めて知った。
ただストイックに走るということそれ自体にあまり興味はなかったが、
旅行するたびに旅先の街を走り、足で風景を感じるというのは
とても素晴らしい体験だなと思い、
私も走りたくなった。

ストイックではあるけれど
あくまで好きだから、というのが基本姿勢。
合う合わないがあるもの。
私は昔から長距離走が大嫌いだし向かないと思っていたけれど、
少し試してみたくなる。

好みにもよると思いますが、
単行本よりこちらの文庫本のほうがいいです。
単行本では、写真が本の真ん中にまとめて入っているけれど、
文庫本は拡散的に適切な場所に写真がおさめられている。
まぁ好みですが。私はこっちが好きでした。

2011/03/23 22:50

投稿元:ブクログ

村上春樹という作家にとランニングの関係。単なる趣味といったものを越えた関係が本著から見えてくる。はて、自分自身にとってはどうだろうか?村上さんのような関係では当然ない。それぞれの人生があってランニングの意味もある。人によってはそれは走ることではない場合もしかりであろう。

2010/12/30 23:20

投稿元:ブクログ

村上春樹の今までのエッセイではわからなかった一面が知れた気がした。トライアスロンのくだりとか。
うまくいかなかったり、過呼吸になったりするのが、しっかりと伝わってくるのと同時に、なんだか不思議なかんじがした。
当然だけど、彼もある面では普通のひとりの人間なんだな、っていうのが生々しく感じれた一冊。

2011/07/04 17:03

投稿元:ブクログ

村上春樹の小説は「ノルウェイの森」で挫折し、全く読んでいないのですが、この本はとても面白かったです。

村上春樹がランナーであるということは、この本の存在を知るまで全く知らなかったし、全く別世界の人だと思っていました。

でも、この本を読んで、共感する部分が非常に多く、「走る」ということを通して、村上春樹と分かり合えたような気になってしまいましたf(^^;)

ランナーである人はきっと同じように感じるんじゃないかなぁ。

ランナーとしての村上春樹だけでなく、人間・村上春樹に関しても書かれてるんですが、それに関してもすごく共感できるトコロが多く、とてもステキな人だなぁ。と思いました。
(ただ、やっぱり小説は読まないかな^^;)


この本はこれから先のバイブルの一つになるなぁ。
ランナーとしてだけでなく、一人の人間としての節目に読みたくなる一冊だと思います。

2012/01/10 11:43

投稿元:ブクログ

ストイックでハードボイルド。
あまりにも誠実で真面目でかっこいい。
村上さんならば、髭剃りにも哲学が見いだせると思う。

2014/06/10 17:06

投稿元:ブクログ

ハードカバーもあります。
が、文庫にしかない写真もあった気がする(ハードカバーにしかない写真も1枚ぐらいあったはず
走ることに興味なくても読めます。

2010/08/12 16:06

投稿元:ブクログ

長い距離を走るというのは頭の中を整理するのにいいのかも?というより無になるためにいいのかも?かな。「誰かに故のない非難を受けたときは、いつもより少しだけ長い距離を走ることにしている」走っている人は読むといいかも。