サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

首無の如き祟るもの(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 93件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/613p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276645-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

首無の如き祟るもの (講談社文庫)

著者 三津田 信三 (著)

奥多摩の山村、媛首村。淡首様や首無の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。三つに分かれた旧家、秘守一族、その一守家の双児の十三夜参りの日から惨劇は始まった。戦中戦...

もっと見る

首無の如き祟るもの (講談社文庫)

961(税込)

首無の如き祟るもの

810 (税込)

首無の如き祟るもの

ポイント :7pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.8MB 無制限
Android EPUB 4.8MB 無制限
Win EPUB 4.8MB 無制限
Mac EPUB 4.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

奥多摩の山村、媛首村。淡首様や首無の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。三つに分かれた旧家、秘守一族、その一守家の双児の十三夜参りの日から惨劇は始まった。戦中戦後に跨る首無し殺人の謎。驚愕のどんでん返し。本格ミステリとホラーの魅力が鮮やかに迫る。「刀城言耶」シリーズ傑作長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

今も昔も、ミステリーの王道と言えば...

ジュンク堂書店三宮店さん

今も昔も、ミステリーの王道と言えば、「山奥の村の旧家で巻き起こる連続殺人」と考える人は多いだろう。
刀城言耶シリーズ第二作目の今作は、そんな王道を地で行く本格ミステリーである。登場人物が多く、関係やポジションも複雑な為、冒頭にある登場人物の一覧を繰り返し読みながらでないと誰が誰だかわからなくなり中々先に進めない。このもどかしさも含めて気軽には読めない濃厚さがこのシリーズの醍醐味でもある。
“双子”“首無し死体”“正体不明の化物首無”などが絡んだこれでもかという程の謎が終盤で一気に解き明かされ、ラストではある意味シリーズものの根底を覆す結末が…。
読みやすさやユーモアを重視した作品ももちろん良いが、たまにはこういった作品をじっくり読んでみては。

文庫・新書担当:山中 信哉

みんなのレビュー93件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

物凄い本格推理小説

2017/01/23 08:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

これでもかというくらい何度もひっくり返されて、柔道ならとうに気絶してるところです。色々なところで定義されている歴代推理小説ベスト10には中々入ってこないですけど(ベスト100にはほとんど入ってます)、私的にはベスト10の中でも上位にランクされてしかるべき作品だと思います。首無しにまつわるおどろおどろしい雰囲気が物語全体を覆っており、そういう作品が好きな私の贔屓目かもしれませんが、純粋な本格物として見ても群を抜いていると思います。ただ一つだけ、私の理解が正しければ、物語の終盤で作者は一つミスをしているのに気が付きました(文庫版のP571)。「中婚舎の屍体」ではなく「祠の屍体」じゃないと筋が通らないはず。あまりに複雑過ぎて、作者自身が混乱したんでしょうか?(単なる私の勘違いならご容赦願います)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

首のない死体が誘う驚愕のラスト

2015/09/27 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントネスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

刀城言耶シリーズ第三弾。
怪異譚めいた恐ろしくも続きが気になって仕方ないストーリーの魅力と、結末に近づくにつれ繰り出される多彩な推理の妙は、前作に引き続き健在。
更に、本作を傑作たらしめているのは、事件の背後に隠れたあるトリックでしょう。犯人の正体、動機、首を切った目的、密室状態だった犯行現場から犯人が消えた方法、さらに村に言い伝わる戦国時代の伝説に隠された秘密にいたるまで、全てを説明してしまう、シンプルで強烈無比な「トリック」を是非見届けてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の最後まで読ませる、刀城言耶シリーズ傑作

2015/09/07 21:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鹿ノ子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリー小説ではお馴染みの「顔のない死体」なのだけれども、ホラー要素が絶妙な具合で絡んでくるので、真実を知った時は誰しもが驚愕するはず。
ラストがまた怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

再読が必要

2013/03/22 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mamimu3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

伏線は素晴らしく、心理・叙述トリックも秀逸。
だが、どんでん返しが異常に多すぎてうんざり。
本当の感想および評価はもう一度、再読してからとする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/27 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/20 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/04 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/10 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/15 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/20 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/22 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/18 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/28 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/18 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る