サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小説の自由(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.5
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/409p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205316-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

小説の自由 (中公文庫)

著者 保坂 和志 (著)

小説の自由 (中公文庫)

905(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

小説の自由

905 (税込)

小説の自由

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 620.9KB 無制限
Android XMDF 620.9KB 無制限
Win XMDF 620.5KB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店大阪本店

何もかも忘れさせてく...

ジュンク堂書店大阪本店さん

何もかも忘れさせてくれるような一心不乱の読書。そんな経験が一度や二度は誰にでもあるのではないのでしょうか。はっきり言います。この本はそれの対極にあります。この本を読んでいると、さまざまなことを思い起こしてしまうのです。図書館で借りたミシェル・レリスの『幻のアフリカ』のこと、小津やリンチの映画、道に迷いながらたどり着いた養老天命反転地のこと、学生時代に勉強したハイデガーの思想や世界のとらえかた。現代人のゆがんだ身体を解きほぐすかのように、いつのまにか閉じてしまったものの見方を緩めてくれるような気がします。読書という体験のダイナミズムを取り戻すことで、読書を支える(あるいは読書に支えられる)現実そのものの代謝をうながされるような、そんな特別な本です。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/30 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/08 05:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/05 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/17 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/31 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/06 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/12 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/02 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る