サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. 傷だらけの店長 それでもやらねばならない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

傷だらけの店長 それでもやらねばならない
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

傷だらけの店長 それでもやらねばならない

著者 伊達 雅彦 (著)

「本屋なんかやめておけ…?」「万引き犯を殴った痛みは。」「本屋ごときの分際で。」 最後まで抗い続けた書店店長が綴る、どうしようもなくリアルなメッセージ。『新文化』連載をも...

もっと見る

傷だらけの店長 それでもやらねばならない

1,404(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂書店新宿店

ジュンク堂書店旭川店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「本屋なんかやめておけ…?」「万引き犯を殴った痛みは。」「本屋ごときの分際で。」 最後まで抗い続けた書店店長が綴る、どうしようもなくリアルなメッセージ。『新文化』連載をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊達 雅彦

略歴
〈伊達雅彦〉1965年東京生まれ。大学在学中より書店にてアルバイトを始め、卒業後社員となる。2000年店長就任、09年書店退職。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 これはある書店の‘...

ジュンク堂

 これはある書店の‘傷だらけの店長’の本当にあった話。家族を犠牲にし、友人に付き合いが悪いと言われても書店員一筋でやってきた店長。ところがある日、自分の店の近くに大型書店の出店が決まってしまう。どうにかして新しい店に負けまいと奮闘する店長の姿がとても印象的です。
 「本屋は楽しそうだよなあ。ただ入ってきた本並べて、客を待ってりゃあいいんだろ?その間、店の雑誌とか漫画とか自由に読めるんだし?」(本文より引用)なんて思ってる方!この本を読んだらその考えが180度変わります!しかも「こんなことまで書いちゃっていいの?!」って思わずツッコミたくなる程リアルな内容になってます。そして店長の本音もさることながら、書店・出版業界についても考えさせられる1冊です。これを読んで書店に足を運んでくださる方が増えたらとっても嬉しいです!

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

某書店でおこる日常が...

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

某書店でおこる日常が店長のスピード感
あふれる文章で綴られています。

本社からの売り上げ催促、アルバイトからの
人員不足、お客様からのお叱りの言葉・・・

店長は全てに対して怒りまくります。

クスリと笑った後に
「あー、仕事って、人生ってこんなもんだよなぁ」
と、つい納得してしまいます。

職種が違っても社会人なら絶対共感できること
請け合いのお仕事エッセイです!!

ジュンク堂書店福岡店

町の本屋の店長を勤め...

ジュンク堂書店福岡店さん

町の本屋の店長を勤めていた男の言葉。

同じ書店員として共感する場面がたくさんあるので、
「書店員とは一体どんな生き物ぞ?」
と不思議に思っている方は、これを読めば大体わかるのでは。
読んだ後、書店に足を運ぶ皆様の視線の角度、
変わるんじゃないでしょうか。

読んだら、ひたすらに、やるせなくなります。
この「やるせなさ」は「著者が書店員だから」でも「読んだ人が書店員だから」でもないでしょう。
日本で生まれ、仕事をしながら生活している人であれば、必ず感じる「やるせなさ」。

おお、それって、大人のほとんどじゃん!

仕事って。夢って。生きるって。
いつの間にか考えさせる引力を、この本は持っています。
ちょっとしょっぱいけど、これは明日への活力です。

ジュンク堂書店松山店

衝撃的な本でした。街...

ジュンク堂書店松山店さん

衝撃的な本でした。街中で中規模クラスの書店を展開する某チェーンの、某店長による匿名コラムをまとめたものです。
はっきり言って、読むのが苦しかった。コラムなので、一つ一つは短いのですが、万引きに対する怒り、様々なお客様、そしてライバル店の出店に対する思いなど、読んでいて、何度も胸が詰まりました。ここに登場するライバル店のような展開をしている、ジュンク堂の社員がこの本を書評するのは、偽善のようにも思いましたが、それでも、本に関わる全ての人に、もちろんそうでない人にも、読んでいただきたい。ちなみに、私は『リストラなう』とこの本を続けて読みました。この本を読んで、本当に良かったと思います。 
松山店 鳥羽

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.0

評価内訳

2010/11/22 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/09 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/10 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/17 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/13 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/02 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/12 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/24 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/17 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/26 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/03 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/05 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/18 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る