サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/06/07
  • 出版社: 弦書房
  • サイズ:21cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86329-041-9

紙の本

昭和の仕事

著者 澤宮 優 (著)

忘れられた仕事の言い分から見えてくるほんとうの豊かさと貧しさ−。放浪詩人・高木護の就いた仕事をきっかけとして、「失われてしまった庶民の仕事」を一つ一つ洗い出し、今の時代の...

もっと見る

昭和の仕事

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

忘れられた仕事の言い分から見えてくるほんとうの豊かさと貧しさ−。放浪詩人・高木護の就いた仕事をきっかけとして、「失われてしまった庶民の仕事」を一つ一つ洗い出し、今の時代の根源的な問題を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

戦後、高度経済成長を経験した「昭和」という時代から学ぶことは多い。著者が注目したのは忘れられた仕事の実態である。担ぎ屋、唄い屋、三助、隠坊、木地師、ねこぼくや、羅宇屋(らうや)、ポンせんべい屋、よなげや、香具師、門付け、蛇取り師、カンジンどん、まっぽしさん……。戦後引き揚げ者でもあるひとりの放浪詩人高木護の聞き書きを柱として、生きるためにやってきた仕事、さらに各地で細々と続いている職人仕事なども含めて、そこから見えてくるほんとうの豊かさと貧しさ、そして人はなぜ働くのか、その根源的な意味を問いかける。【商品解説】

著者紹介

澤宮 優

略歴
〈澤宮優〉1964年熊本県生まれ。早稲田大学第二文学部日本文学専修卒業。ノンフィクション作家。「巨人軍最強の捕手」で第14回ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。他の著書に「打撃投手」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

忘れ去られた昭和の仕...

ジュンク堂書店福岡店さん

忘れ去られた昭和の仕事。帯に「カンジンどん」とあって、高木護を思い出して手にしてみたら、なんと高木護ではないか! 九州が生んだ日本最後の放浪詩人、高木護の体験してきた仕事で第一章が占められている。その多彩なこと。そして彼自身、「忘れ去られた」詩人かもしれない。

本書に取り上げられている仕事、それ以上に何か大事なことを忘れてしまったようなきがする。

  ジュンク堂書店福岡店 人文書担当 細井

ジュンク堂書店池袋本店

担ぎ屋、三助、ポンせ...

ジュンク堂書店池袋本店さん

担ぎ屋、三助、ポンせんべい屋、香具師、舵取り師、まっぽしさん・・・。

今ではほとんど耳にしないこれらの仕事が、本書では約140種紹介されている。「職人技」というよりも、だれにでもできる仕事が多く、無数の一般庶民が関わったものである。戦後の貧しい時代を、みな生きるためにがむしゃらに働いていた彼らこそが、その時代の日本を支えていた。しかし、戦後の高度経済成長を果たす過程で徐々に消えていく。退廃からの復興で物質的に豊かになるにつれ、効率化・実用性・合理性が求められるようになったことがその原因だと考えられている。
モノがあふれ、便利な世の中になった現代日本は、果たして本当に「豊か」になったのだろうか。

ただ単純に「こんな職業があったんだ」と楽しんで読むことができると同時に、本当の豊かさとは何なのだろうかということを考えさせられる1冊である。
人文書担当:澤畑

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生きるための「昭和の仕事」たち。

2010/06/11 08:05

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙に使われている写真は昭和の仕事の一つであった「紙芝居」である。バアちゃんが握らせてくれた五円玉を持って走り、飴をなめなめ、オジサンの名調子に引き込まれていったのは懐かしい思い出である。その「紙芝居」風景をよくよく見ると、オジサンの左足は義足である。腰に下がるラッパから傷痍軍人として復員した人と思えるが、戦争に負ければ国家補償は当てにならず、片足では重労働はできず、窮余の策として始めた「紙芝居」だったのだろう。
 ページをめくると伝説のフォークシンガー高田渡の作品『相子』が目に留まる。
《人間なら 日に二食で丁度ええぞと 父はいい 人様の分まで盗ってはいけんぞと 母はいい》という歌詞が心に響く。
 その作詞をしたのが本書の中心人物、詩人の高木護氏。「焼酎一杯飲むことの何たる幸せなことか」というセリフとともに、氏ははにかんだ顔を五十八ページに覗かせている。
 高木氏が経験した職種は昭和の職業史そのままであり、その職歴の雑多に驚く。高木氏が経験した職種以外にも現代ニッポンでは消滅してしまった飴屋、貸本屋、三助、駄菓子屋、ニコヨン、パンパン、露天商と百四十種以上の仕事が紹介されている。パンパンという高木氏では用をなさない職もあるが、敗戦後の昭和二十年代から四十年代初めにおいて日本全国のどこでもみられた女性の仕事だった。同級生の母親にも元米兵専門だった人がいたが、売れるものなら何でも売らなければ生きていけない時代だった。
 
 本書で感動したのは百五十二ページから始まる「ポン菓子」だった。
 戦中の飢餓に苦しむ子供たちのために、十二倍に膨らむ食べ物を作る機械を求めて大阪から北九州に出向いた吉村利子氏の話である。小学校の教員という職を捨て、子供たちにひもじい思いをさせたくないという熱情から始めたことだったが、その原因となった朝鮮人親子の話は胸が痛むものだった。
 昭和という時代について感傷的に眺める人を見受けるが、敗戦後の日本はとんでもなく悲惨な日々だった。国じたいが貧しい上に戦時賠償でカネが無く、米軍放出の脱脂粉乳でも無いよりマシと飲んだ経験があるだけに、本書の内容は身につまされるものばかりだった。とにかく、その日、その日を生き抜くことだけに必死だった人々の姿が「昭和の仕事」としてこの一冊に詰まっている。
 ただ一つ、一度は体験しても良いかなと思ったのは高木護流「放浪」である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昭和の仕事

2010/07/17 13:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:阿智胡地亭 - この投稿者のレビュー一覧を見る

書評を読んで、自分が小学校の下級生時代を過ごした北九州の戦後も描かれているらしいと思って買った。元手のない人間がそれでも生きていくために、身体一つを使って働く。それは江戸のもっと昔からやってきた仕事でもあり、昭和の30年代まで残っていた。

その仕事の120種類くらいについた人にインタビューした内容が主になっている。

なぜその仕事、職種が、日本の社会から消えていったのかを考えるよすがになる本だ。なんとまあ沢山の手仕事が世の中から消えていったものよとびっくりする。

江戸には坂の下でたむろしていて、大きな荷車がくるとそれを坂の上まで後押しをして駄賃をもらう「立ちんぼウ」というのがいたと、落語で知った。

そのような類の仕事?手間仕事で日々を過ごすしかなかった人間が昔の都会には一杯いたのだ。

 著者の分析は思ったより表面的で、文章も紋切り型の表現が多く、おいおい学生の作文では無いんだけどと思う箇所が多いが、あまり類書がないせいかそれなりに面白い。

決して表の歴史に記録されることがない、無名の人たちの暮らしを、文字に残すと言う史料価値がある本ではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。