サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 198件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/06/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276677-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

しずかな日々 (講談社文庫)

著者 椰月 美智子 (著)

おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に...

もっと見る

しずかな日々 (講談社文庫)

税込 638 5pt

しずかな日々

税込 638 5pt

しずかな日々

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.1MB
Android EPUB 3.1MB
Win EPUB 3.1MB
Mac EPUB 3.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に—。おとなになってゆく少年の姿をやさしくすこやかに描きあげ、野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞した感動作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【野間児童文芸賞(第45回)】【坪田譲治文学賞(第23回)】【「TRC MARC」の商品解説】

 【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー198件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

あの夏。

2011/07/24 19:55

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かず吉。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルと表紙に惹かれて買った本。

誰にでも「夏の思い出」ってあると思う。
この小説は読んでいると、「あの夏」の空気や匂い、
様々な事を思い出せる。

小学生の頃は夏休みってとてつもなく長く思えていた。
毎日同じ事をしていても、延々と続くように思っていた。

この小説は一人の小学5年生の男の子の「ひと夏」の小説で、
小説の隅から隅まで夏が溢れている。
なんでもない一文から自分の夏の記憶が溢れて来て、
切なくなったり、笑ってしまったり。
小説の主人公と共に夏休みを追体験している気持ちになった。

一人で過ごす事の多かった少年が、
人と過ごす事の楽しさを知り、
おじいさんの愛情と友人達の友情に包まれて過ごす日々。

きっとこの小説は読み返すと思う。
夏に読み返したくなると思う。

また一冊、本棚に大切にしまっておきたい小説と出逢えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しずかな日々

2013/11/02 12:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gub - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学五年生・・・この微妙な年代。
思春期の前。成長前の大人への一歩
小学校最終学年の前。この微妙な年代の少年たちの
微妙な心理描写をうまく描いています。
 集団生活でのひのき舞台、少し前に出る心境。
そういった、社会生活の一部の礎にもなる歳。
小学五年生。そこまで意識して考える人も少ないのでしょうが。
私もどちらかというと小学五年生で少し、人の見方
集団生活での自分の位置が変化した1人。
共感しました。
 内容は5年生のひと夏のことを描いています。
ラジオ体操、水泳大会、でれも私の過去にも
ありました。夏の一ページ。その1ページが
これから思春期を迎える少年たちのは非常に大きい。
変わりゆく5年生。少年のひと夏を描いたさわやかな
読後感を呼びました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いちばん大切な時間の話。

2020/10/20 13:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは、子供が大人になるための大切な時間の話だ。物語は、小学5年生の男の子・エダイチの夏休み。彼と彼のおじいさんとのふたり暮らしのごく一部の話でしかないが、このワンクッションおいた、ほどよい距離感がそもそも好きだから期待は大きかった。

ぺットボトルではなく前の日から煮出した麦茶/麦藁帽子をかぶって乾いた庭木にホースで水をまく/朝のラジオ体操とはんこを押してもらうカード/友達と自転車で遠出するちいさくて大きな冒険/井戸水とガス釜で炊く白いごはん、かつお昆布でとる深い味のだし/おじいさんの大きな手で握られた顔の半分もありそうなおにぎり。
子ども時代の夏休みと、おじいさんとの暮らしを象徴するアイテムがここぞと描かれ、懐かしくもほっとする。
特に、畳の香りもする座敷と広い庭を繋ぐ縁側の存在がいい。
ひさしが大きく長くはっていて真夏の日差しはとどかないし、風通しも良くて、ひんやり気持ちいい場所で、「うちと違ってここで食うとなんだかすっげえうまい気がする。なんでだろう」って、友人のオシノがエダイチにいう台詞が効いていた。
あるいは、おじいさんが漬けたぬか漬けの野菜を熱いお茶でポリポリ食べる男の子たちのシーン。エダイチのともだちにおじいさんが振舞ったおやつなのだが、その後、その漬物が食べたくて少年たちがその家に何かと集まってくるのがおもしろい。食べ盛りが遠慮なく完食したから、おじいさんが明日の朝食の分を慌ててつけるシーンまであって笑った。
おじいさんの食事は、白いごはんと味噌汁、梅干に漬物が基本なのだ。

読了して、子供時代の自分にも確かにそんな時間はあった。と、自分に与えられた大切な時間の存在に深く感謝してみる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

少年時代

2020/09/07 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

井上陽水の少年時代の歌を思い出した。
小学5年生の夏休みを中心とした日々を淡々としたし確かな筆致で描き出している。日常生活の出来事 身近な周辺の人たち 祖父 母 友人たち そうだったよな と自分自身の小学5年生の頃を思い浮かべてしまった。このような日常の出来事のみで物語を作り上げた作者の力量に敬服した。
敢えて難を言うと、題名と、最終章が少し書きすぎの感があるとことぐらいか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさにしずかな日々

2017/10/20 18:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台となる「こころのふるさと」とでもいうような絵にかいたような「おじいちゃんの家」はゆったりとした時間が流れていてとても印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡々と

2017/10/30 17:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々と進む話。
しずかな日々…まさしくって感じ。
何か劇的なことが起こるのかと思ってたんだけど。
人生は劇的ではないのね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/15 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/30 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/22 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/11 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/12 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/09 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/05 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/10 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/20 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。