サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 昭和16年夏の敗戦

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昭和16年夏の敗戦(中公文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 146件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.6
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205330-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

著者 猪瀬 直樹 (著)

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

700(税込)

昭和16年夏の敗戦

486(税込)

昭和16年夏の敗戦

ポイント :4pt / 紙の本より214おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー146件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

シミュレーション(=机上演習)で対米戦争が「敗戦」に終わることがわかっていながら・・

2011/08/16 10:22

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今年(2011年)は、日本が大東亜戦争に突入してから70年目にあたる。70年前の昭和16年(1941年)8月16日、それは奇しくも敗戦からちょうど4年前であったが、じつはシミュレーション(机上演習)によって、敗戦が必至であることが明らかになっていたのだった。
 本書は、このシミュレーションが行われた「総力戦研究所」と、そこに集められた若手官僚たちの体験をノンフィクションとして描いた作品である。

 英国をモデルにして内閣府直属の機関として1940年(昭和15年)に設立された「総力戦研究所」。省庁事のバラバラな意志決定主体では、第一次大戦以降に主流となった「総力戦」を戦い抜けないという危機感のもとに設立されたのがこの「研究所」だ。
 翌年4月に集められたのはキャリア10年程度の軍民の中堅官僚たちと民間人であった。官僚からは、陸軍、海軍、大蔵省、内務省、外務省など、まさに国家を背負っているエリート中のエリート。民間人からは通信社や日本郵船など財閥の中核企業から集められた。同じ釜のメシを食い、同じ授業を受け、同じ体育の授業を受け濃密なコミュニケーションが図られた。派遣元の官庁に戻った際に、連携プレイをとることが期待されていたからだ。

 理想主義に走りがちな20歳台の学生でもなく、経験知にみちた40歳台の中年でもない、まさに現役バリバリの年齢の30歳台前半のエリートにとって座学は面白いものではない。このためあらたに導入されたのが、「模擬内閣」による「総力戦シミュレーション」であった。これは参加者たちにとっては面白かっただろう。ある意味ではロールプレイングですらあるからだ。
 軍事の戦術研究ではあたりまえの図上演習が、「総力戦」という国策の研究に応用されたのは画期的な試みであったらしい。そしてあらゆる予断を排して、客観的な数字に基づいてシミュレーションを行った結果が、なんと「日本敗戦」だったのだ。

 しかしながら、シミュレーション結果は、政策の意志決定に活かされることはなく、「つくられた数字」を根拠にして開戦に踏み切った日本は、シミュレーション結果とほぼ同じ軌跡を描いて最終的に破綻してしまう。 さまざまな証言と資料によって復元されたその内容は直接本文を読んでいただきたいが、このくだりを読んでいくと、まさに何ともいえない気分になる。それが1941年(昭和16年)8月16日のことだったのだ。

 本書が単行本として出版されたのは1983年。その当時の日本の統治機構の問題点についてもきちんと言及しており、いま読んでも古さをまったく感じさせない。しかも、昭和16年当時の東條英機首相について、一方的に断罪するような姿勢をいっさい見せない著者の公平な視点にも感服する。

 本書の主人公たちと同年齢の30歳台の人間には、とくに読んでじっくり考えてもらいたい作品である。この本を書いたときの著者も36歳だったのだ。かならず問題意識は共有できるはずだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/21 08:16

投稿元:ブクログ

知らないことは恐いものですね。昭和16年の4月1日に開設された「総力戦研究所」なるものがあり、そこで官民から集められた若きエリートたちがしがらみもなく冷静に日米開戦についてシミュレーションをおなっていたと言う事実にまず驚かされます。

しかも、そのシミュレーションで出た戦争の経過は、「日米開戦すると、緒戦、奇襲攻撃で処理するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る」というものでした。結局は日本は負ける、したがって戦争は避けなければならないはずだったのが、どうして戦争になったのか。

戦争ありきで積み上げた数字やだれも責任のない決定など、このような出来ごとは今の時代も脈々と生き残っているん感じです。本当に歴史から学ぶということが重要なんだろうな。でも、学校で教える歴史は事実の連続でしかなく、反省という土台が作れていません。しかも、戦争そのものも、悪役を作って自分たちが被害者になる方が、今の立場を守れると言う雰囲気を作ると言うのは、あったんだろうなあと思ったりします。

いまこそ、この本の内容から学ぶことが多い時代ではないでしょうか。

2011/03/24 02:30

投稿元:ブクログ

20110303読了

ハイパー面白かった。開戦は、イデオロギー的独裁的な決断ではなく、多くの人の希望観測的情報の集積で決まった。東条英機が開戦を避けるために登用された、という事実には驚いた。また読む。

2011/09/10 21:09

投稿元:ブクログ

戦前総戦力研究所という機関があったということが、この本によりきされていることで、いかにおろかに戦争をしたかということがはっきりされていることが重要。世間的によく言われている戦争への評価は、果たして正しい?と思っていたが、やはり正しくはなかった。一か八かという言葉があるが、こういった考えて戦争をしないのが世界の常識。中国進出->日本を石油資源からの締め出し->戦争開始という構図があり、総戦力研究所での研究成果は利用されず、開戦から敗戦へ。戦いはやめるタイミングが喧嘩の常識だが、国同士の喧嘩も同じだなと思う。
猪瀬直樹の取材力がこういった功績を生んでいるのは評価できる。総戦力研究所の結果があったという事実をよく理解して、今を考えたい。

2011/12/09 19:18

投稿元:ブクログ

ツイッターを始めて良かった事。猪瀬さんのツイートにつられて「ジミーの誕生日」とこの「昭和16年夏の敗戦」を読んだこと。

2011/01/14 19:29

投稿元:ブクログ

 事実は小説より奇なり

 語源由来はイギリスの詩人・パイロンの『ドン=ジュアン』に出てくる言葉だが、遥か時を越えてますます真実味を帯びてきた。
 物事が複雑になり、人間の頭の中や文章で込み入った出来事を、現実はアッサリ越えて行く。
 時代の流れは賢しらな人間の一人や二人、あっと言う間に飲み込んで無かった事にしてしまう。良い事も悪い事も、後世の人間が都合のよいように解釈してしまうのが常だから。
 でも結果として受け継がれていくのも後世の流れの中なのだから皮肉なものだ。
 こういう体験者側の戦争の真実は、特にそう思わせる。

2010/09/08 07:47

投稿元:ブクログ

日本の敗戦、予測されていた。
回避出来たなら、どれ程良かったか。
合意形成型の日本人の悪いところ、時間掛けても変わらない。
ある意味、ドコモとソフトバンク

2012/06/22 22:56

投稿元:ブクログ

何故。昭和16年夏の敗戦なのか。

それは、本当の敗戦を迎える数年前に、
「模擬演習」によってもまた、この様な結論が出たことを意味している。

どうして戦争は防げなかったのか。

著者の当事者への聞き込みと掘り起こしにより、
その全容が明らかになっていく。

2014/01/19 21:47

投稿元:ブクログ

企業において何か新しいことを始めるには必ず「リサーチ」が行われる。敗戦に終わった大東亜戦争においても総力戦研究所という機関が設立され、官民とわず各分野のエリートが集められ対米英戦争の事前シミュレーションが行われ、敗戦という結果が弾きだされた。そもそもそういう機関があったことも知らずに読み始めてしまい、途中までフィクションだと思っていた。

上記のような事前リサーチが行われ結果が出ていたにも関わらず、それを上層部が直視せず、ある意味決定事項として開戦に至ってしまった・・という流れは大企業に働いている当方にはとても耳が痛い話。日本人の意思決定の根底には1.過去の成功体験に身を任せすぎる 2.合理性ではなく「全員一致」という事実を重要視する 3. 責任者が責任を逃げて会議で行う、という傾向が昔からあるものだなぁ、と感じた。

2013/10/04 19:13

投稿元:ブクログ

最近ブラウザーゲームの”艦隊これくしょん~艦これ~”にはまったおかげで(笑)
もう一度読み返したくなったのだが本棚のどこにあるかも分からない状態だったので
買い直して再読。
この本を読む度に「当時の(極々一部とは言え)エリート達には日米戦の結末が分かっていたんだ、
日本人全てが狂っていたわけではなかったんだ」と言う奇妙な?安心感を覚えます。
当然の如くそれが分かっていながら何故・・・?と言う疑問にも突き当たりますが・・・。

この本はとにかくタイトルが秀逸「昭和16年夏の敗戦」
巻末の特別対談は何人もの方が指摘しておられるように蛇足ですね(笑)

2011/06/02 11:11

投稿元:ブクログ

日本人、海外の人にも読んでもらいたいなぁ。すごくためになったし、第二次世界大戦のことを血の通った文章で知れた。

2010/11/15 08:15

投稿元:ブクログ

ずっと戦争始めたのは時の首相であった東條英樹と軍部が結託して、と理解していたのだが、陸相の時とは異なり、天皇の意向を受けて開戦の回避に懸命だったことを知った。

2012/04/23 09:24

投稿元:ブクログ

震災以後の時世から見ると、これは単なる戦争の歴史の振り返りではなく、東條内閣における意思決定プロセスの拙さひとつとっても、まるで現代の愚かさと変りない。
この「不変という恥」からは今を殴りつける憤怒を感じる。

2012/02/04 12:50

投稿元:ブクログ

「昭和16年夏の敗戦」読了。教科書では教えてくれないこと。『決断の内容より”全員一致”のほうが大切』の意思決定システムは、今もほとんど変わっていない気がする。会社もおんなじかな。

2015/08/01 08:46

投稿元:ブクログ

太平洋戦争が始まる昭和16年の夏、次の世代を担うエリートたちが集められ、想定内閣を組閣し日本の今後をシミュレートささられる。
戦争に反対する昭和天皇。天皇に忠誠を尽くす東条英機は開戦を避けようと尽力すぎるが、自分が陸軍大臣時に決めた路線を覆せずに開戦に踏み切る。
誰も望まなかった戦争が太平洋戦争だとわかる。陸軍が血を流して勝ち取った中国戦線を縮小出来ないという主張が足を引っ張り、ドイツとの共闘を決めた松岡外相の読み違いが方向付け、誰もが止められなかった。
敗戦後、国民は指導部や軍部による戦争と位置付けたが、本当にそうだったのだろうか?
歴史に学ぶことを本当にしているのだろうか。
戦争を避けるためには、憲法の再確認するためにも、国民投票を行うことが必要だと感じたのでした。

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む