サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/09/10
  • 出版社: 大阪大学出版会
  • サイズ:19cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87259-354-9
専門書

紙の本

ドキュメント臨床哲学 (シリーズ臨床哲学)

著者 鷲田 清一 (監修),本間 直樹 (編),中岡 成文 (編)

大阪大学が日本で初めて「臨床哲学」の名前を冠した専門分野を発足させてから、10年余りが過ぎた。そこで臨床哲学の運動にかかわってきた主要メンバーが、これまでの歩みと臨床哲学...

もっと見る

ドキュメント臨床哲学 (シリーズ臨床哲学)

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大阪大学が日本で初めて「臨床哲学」の名前を冠した専門分野を発足させてから、10年余りが過ぎた。そこで臨床哲学の運動にかかわってきた主要メンバーが、これまでの歩みと臨床哲学の内実を真正面から明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

日本初の専門分野「臨床哲学」.医療・看護・介
護・教育・学生・一般市民と共に展開する新しい
哲学は,哲学界のみならず異なる分野にも多大な
インパクトを与え続けてきた.臨床哲学とはどの
ような活動で,どのような変遷をとげてきたのか.
様々な実践を重ね,経験を積み上げてきた主要メ
ンバーの論考と,周辺で見守り,ともに歩んでき
た関係者の証言で綴る,大阪大学に発足して10
年を過ぎ,ついに示されるマニフェスト.

【商品解説】

目次

  • 終わりなき途上で‐臨床哲学という試み (鷲田清一)
  • 第1部 動き出す
  • 1.区切りをつけること‐臨床哲学をどう語るのか (中岡成文)
  • 2.さまざまな現場への取り組み‐介護、ケアと臨床哲学 (中岡成文)
  • 3.〈書かれたことば〉を聴きながら‐‐刊行物『臨床哲学』と『臨床哲学のメチエ』から (本間直樹)
  • 幕間 

収録作品一覧

区切りをつけること 中岡成文 著 2−31
さまざまな現場への取り組み 中岡成文 著 32−51
〈書かれたことば〉を聴きながら 本間直樹 著 52−130

著者紹介

鷲田 清一

略歴
大阪大学総長

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

現大阪大学総長鷲田清...

ジュンク堂

現大阪大学総長鷲田清一のもと、「臨床哲学」の実践にいそしむ人々がいる。哲学の議論が、非社会的な感覚を持ち、身もフタもないような議論をすること自体の価値みたいなものをどこかで担保していることを自覚し、従来型の文献研究をにも相応の意味を見出し続けながら、いかなる専門性ももたないがゆえにいかなる問題にもかかわりうる哲学の可能性も信じ、大学という組織を出て、危機に揺らいでいる人の問題設定そのものを問い返す「ファシリテーター」(対話を支援促進する人)の役割に可能性を信じて、看護や教育の現場に向かい、そうした現場の人々の語りを聴き取ろうとする人々である。
その根底には、鷲田がかつてその名著で提唱した「聴くことの力」がある。“生きてゆくには、論理的な精密さとは異なる精密さも必要になる。証明できていないことに身をあずけることも必要だ。”と鷲田は語り、“物語(ナラティヴ)の中でしか理論的・体系的なことは語れない面がある。”と中岡成文は言う。
“日本で最もしゃべくりが多い地域、関西を狙ったんです。大阪が発祥の地になったのはそれが理由です。”というのも、面白い。

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2010/11/17 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/22 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。