サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. リーマン・ショック・コンフィデンシャル 上 追いつめられた金融エリートたち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リーマン・ショック・コンフィデンシャル 上 追いつめられた金融エリートたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.7
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/398p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209143-7
  • 国内送料無料

紙の本

リーマン・ショック・コンフィデンシャル 上 追いつめられた金融エリートたち

著者 アンドリュー・ロス・ソーキン (著),加賀山 卓朗 (訳)

【800−CEO−READビジネス書大賞(2009年)】リーマン破綻は防げたのではないか? 遂に明かされるスキャンダラスな内幕。ニューヨーク・タイムズの記者が、リーマン・...

もっと見る

リーマン・ショック・コンフィデンシャル 上 追いつめられた金融エリートたち

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【800−CEO−READビジネス書大賞(2009年)】リーマン破綻は防げたのではないか? 遂に明かされるスキャンダラスな内幕。ニューヨーク・タイムズの記者が、リーマン・ショックのセンセーショナルな裏側に、当事者たちのインタビューを通して鋭く切り込む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンドリュー・ロス・ソーキン

略歴
〈アンドリュー・ロス・ソーキン〉ニューヨーク・タイムズのトップ記者。金融、企業合併専門。ヒューレット・パッカードのCompaq買収や、IBMによるPC製造部門のLenovoへの売却など、スクープを連発。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

米国金融エリートの戦闘記

2010/08/03 08:24

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:CAM - この投稿者のレビュー一覧を見る

 上巻カバーには「ニューヨーク・タイムズのトップ記者が鋭く切り込むリーマンショックのセンセーショナルな裏側」、下巻カバーには、「次々と倒れる巨大金融機関! ポールソン、バーナンキ、ガイトナー、バフェット、そして巨万の富を稼ぐエリートCEOたちは何を考え、いかに行動したか?」とある。原題は“TOO BIG TO FAIL”である。

 エンディング部分で引用されているセオドア・ルーズベルト大統領が1910年に行った演説の表現を借りれば、本書で描かれるのは、多くのプレイヤー達が、「競技場」において、判断の誤りによって何度も何度もあと一歩という結末に終ろうとも、顔を埃と汗と血にまみれさせながら果敢に闘った物語である。

 著者が冒頭で語るとおり、この物語を作り出した人々は、経済の底知れぬ深淵をのぞきこんでいると信じていたし、実際に目にしていたのかもしれない。彼らがどれだけうまくやれたかはまだ決されていない。その判定は、後世が行うことになるだろう。

 我が国の新聞などでも名前をなじんでいる人々からそうでない人々まで、多くのプレーヤーが登場する長編推理小説のような本書を読み通すためには多少の根気を要するが、この上下巻で800頁に近い記録を読み切れば、2008年に起きた事件についてかなりの背景知識を得ることができるだろう。そして、最近の米国金融業界の事情について多少なりとも理解しやすくなることは間違いないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/23 07:47

投稿元:ブクログ

リーマン・ショックを膨大な取材をもとに再構築したノンフィクション。ウォール街の投資銀行のCEOたち、ポールソン財務長官、ガイトナーNY連銀総裁など政府関係者含めての言動が生々しく再現されており、飽きない。時々刻々と悪くなっていくリーマンの状況の中でのリーマンCEOの苦悩と他の投資銀行の冷静さ、したたかさが対照的。

2010/10/17 08:02

投稿元:ブクログ

日本語版の下巻の帯には、「三菱UFJの出資が世界経済の完全崩壊を止める」とありました。実際、これは大きな要因だったとは思うのですが、その割には、日本や三菱UFJについての記述は、少なかったです。著者はあまり日本や日本の銀行については、知らないのかなという印象を持ちました。

2010/07/24 16:20

投稿元:ブクログ

「世界が明日、終わろうとしている」NY市長ブルームバーグはそう呟いた。2008年09月14日──その日の夜遅く、リーマン・ブラザーズの取締役会が破産法申請を決定した。

それは前代未聞の発表だった。2007年08月にBNPパリバが傘下の3ファンドを一時的に凍結する、と発表したのだ。後に「パリバ・ショック」と呼ばれるこの発表がサブプライムローンの信用問題を表面化させ、それまで栄華を極めていた米国の5大投資銀行は一転、窮地に陥ることになる。この本は2008年09月15日のリーマン破綻、バンカメのメリルリンチ買収を頂点とした、金融危機の原点に迫るドキュメンタリ作品だ。

著者はNYTimesの有名記者で、200人への500時間に及ぶインタビューから本書を構成したという。そのため、この本の記載は非常に緻密な記録となっている(日本語版で780ページと分量もかなり多い)。2008年09月14日~15日の記載はまさに会話やメールの内容が分刻みで記載されており、下手なフィクションよりもずっと面白い。リーマンの窮地を憂慮していた米国政府は直接救済しないと明言してた一方で、各銀行のCEOを集めて救済の話合いはさせていたし、現実的な救済案が合意されていたことが明らかにされてる。その救済策は米国国外の関係者からの支持拒絶により、あえなく白紙に戻り、リーマンは破産法を申請することになる。誰が救済案を拒絶したかは読んでのお楽しみ。

リーマンをはじめとする投資銀行,AIG,FRB,財務省,NY連邦準備銀行、、、それぞれのトップが何を考え、誰と何を交渉したのか。特に新聞上に表れては消えていったリーマン救済相手とは何が話されていたのか?そもそも、何故、AIGや他の投資銀行は救済されて、リーマンだけ救済されなかったのか?当時は明らかにされていなかった舞台裏での人間ドラマを白日の下にさらしたこの本は、金融危機の記録として第一級の史料となるだろう。

金融業界にいる人や投資家はもちろんのこと、あの夏の日、乱高下する株価を心配げに眺めていたような人は、是非読んで欲しい。僕たちは歴史の目撃者だったのだから。

2012/06/24 11:26

投稿元:ブクログ

全米ベストセラー Too Big To Fail が遂に全訳!
エコノミスト紙、2009年ベスト・ブックス
フィナンシャル・タイムズ紙、2009年ブックス・オブ・ザ・イヤー
アメリカの金融危機における、ベア・スターンズの破綻から、リーマン・ブラザーズの破綻、最終的な公的資金注入までの流れを詳細に追ったノンフィクション。取材が本当に徹底していると感心させられる。インサイダーと思われる情報も満載で、非常に興味深く読んだ。日本であれば関係者が口を閉ざしてしまうところだが、アメリカだとジャーナリズムへの対応が違うのだろうか。あるいは、著者の取材力なのだろうか。原注を見ると、政府関係の情報開示も多いようだ。

2011/11/20 21:14

投稿元:ブクログ

リーマン・ブラザーズ倒産の危機に始まる、アメリカ金融界の動揺

その根っこはサブプライムローンからか。欲望渦巻く金融界についての上下巻。いやもう人が多すぎて覚えきれませんでした。株主やら投資家やらの不安が元で、相場が乱れて、会社や銀行が倒れていく様子が実にわかりやすい。
読んでいく中でちょっと驚いたのが、「○○氏と知己である」ということがかなり有力な武器になっていたところ。それも同僚だったとか、会議で食事をしたとか。まぁそもそも金融界のCEOクラスの人なんてそうそう人数もいないだろうし、狭い世界ではあるのだろう。
全く馴染みのないジャンルの本だけど、面白かった。

2010/11/16 08:39

投稿元:ブクログ

リスクテイクバブルの最期を描いた書籍。

当時のウォール街・ワシントンでの様々な動きを、
細かい動きも含めてあらゆる角度からリサーチして、
そして、1つの小説にまとめあげているという点である。

リーマンショックに始まる金融危機を、
再度振り返りたい、勉強したいという方は、
この本を読んで、事実を把握してから、
他の本を読むのが良いと思う。

とにかく著者のリサーチ能力とストーリーの構築力には脱帽。
ただし、1つ注文を付けるとすれば、
登場人物が多すぎるのが難という点くらい。(著者にはどうしようもないが。)

2010/08/14 22:56

投稿元:ブクログ

図書館で一番に予約して借りた本。
日本語訳されるのを待っていました。
リーマンショックの際に何があったのか、全てが分かる本。
何処の誰であろうとも、絶対に関係している話なので知っておく必要があると思います。
用語を調べたり、登場人物についてwikiったりして調べながら読み進めていくので、けっこう大変でした。
人物像や会社の色についても言及していたので、面白く読めました。

2010/11/14 22:06

投稿元:ブクログ

リーマンショックという、世界でも最大級の難事に人はどう取り組んだのか、どんな考えや気持ちだったのか興味をそそられたので読了。
規制者は自国の金融システムの健全性を、各CEOは自社と株主・従業員を、政治家は庶民と自らを守ろうとそれぞれは合理的に行動しているが、異様な早さで進むカタストロフィーと錯綜する情報の中で、利害が衝突しあい、全体としてなかなか物事が進まず、さらに危機が加速していく、、あのような規模の出来事は資本主義・民主主義のシステムでは根源的に対処できないものなんじゃないかと考えさせられました。

2011/01/15 22:37

投稿元:ブクログ

「それから可能性として、ゴールドマン・サックスの倒産に備える」

既に1年半前の出来事になってしまったリーマン・ショック。
過去の事とはいえ、今もその影響が残る世界において、”その時いったい何が起きていたのか”を改めて理解する意義は大きい。

「理解」という点を重視する上では、多数のインタビューを元に作成された本書は非常に貴重な存在。
一方で、「読み物」としての期待をすると、事実の羅列とめまぐるしく変わる主体(企業も人も)に疲弊してしまうかも。

とにかく、「市場の流れの力」にただただ圧倒される。
何か変だ、これはまずいかもしれない、と気付いてから時間はあれど流れを止める決め手は打てず。
「信用」そして「キャッシュ」に支えられた金融機関のもろさ、そしてその金融機関が世界の血流たるマネーの交通整理をしているということ。
常に世界に隠れている危険について改めて認識させられる。

想像以上にファルド悲惨。。。

2011/02/16 04:27

投稿元:ブクログ

筆者は、金融危機の構造や原因を探るというより、
 ヒューマンドラマの展開、
 各自が何を言ったかという
 ファクトの発掘(時に意味がないようなディテール描写も多い)に
 徹しているので、
 
 問題の全体構造や
 各会社の財務がどうだったかというような
 疑問には深く答えない。

 それでも筆者の視点、
 筆者の考える教訓が最後の章にまとめられていて、
 
 それを読むと気分は暗くなる。

 金融問題が起こった根本の原因は
 まだ何も変わっていないのかもしれない。

2012/09/20 18:23

投稿元:ブクログ

臨場感があって、小説のように楽しめた。
でも、登場人物と組織が多すぎて全体を把握できず、なぜリーマンだったのかもよく分かっていない。
ただ保険会社なのにAIGがダメージを受けたのかよく分かった。
下巻も楽しみ。

2011/01/06 21:56

投稿元:ブクログ

経済に詳しくなくとも、面白く読める本。

本にするためにかなりの時間を要したと思われる内容。

まるで物語を読むように、楽しく読める。

2010/09/26 10:21

投稿元:ブクログ

サブプライムローンを利用した証券化バブルの崩壊が流動性危機をもたらし、リーマンブラザーズ倒産、AIG国有化に代表される米金融界の大変革をもたらした。
本書はそうした一連の企業再編・淘汰の貴重な記録である。リーマン、AIG、BAC、MS、JPM、GS等々のCEOや各行の幹部、バーナンキFRB議長、ポールソン財務長官といった政府関係者など、サブプライム危機のキーパーソンの言動が詳述され、密度の濃い内容ながらも文章の巧みさで一気に読ませる。
上巻は主にリーマンCEOのファルドと取締役会の軋轢、リーマンが窮地に追いやられる過程に力点が置かれている。

2010/10/11 11:06

投稿元:ブクログ

ニューヨークタイムズのトップ記者がリーマンショック当
事者200名のインタビューに基づいて書かれたドキュメ
ンタリー。2008年3月17日から数ヶ月にわたる事件
の裏側、人間ドラマを描いています。

純粋に読み物としても楽しめます。

物語は、JPモルガンCEOダイモンが軽い二日酔いのま
ま朝のコーヒーを飲むところから始まります。リーマンC
EOニックファルドや財務省長官ポールソンの自宅での出
来事を含め、その場で見てたかのような臨場感で描きま
す。

正直、ぼくにとってはリーマンショックは株で損した程度
の認識(我が家にとっては一大事!)しかありませんでし
た。

ただ、実際はそれまでの金融原理主義のつまづき。それに
よる金融の規制、ボルカールールで強化されるように大き
な節目になっています。日本で、上場会社の1億円以上も
らう経営者の給与を公にするのもこの流れのようです。

上下巻で700頁超、登場人物が100名を越えるなどち
ょっと読了するのは骨が折れますが、金融関係者には要
チェックの本ですね。

----
こちらがブログ。色をつけて分かりやすくしてます。
http://ameblo.jp/masao12345/
----


【追記】
ルーズベルトの言葉(1910年)が最後に述べられ
ています。心にとどめておきたいので、全文引用します。

「重要なのは批評家ではないーー力ある者がどうつまづいた
か、偉業をなしとげた人間がどこでもっとうまくやれたか
を指摘する人間ではない。名声は、現に競技場に立つ男の
ものだ。果敢に闘い、判断を誤って、何度も何度もあと一
歩という結末に終わりーーなぜなら、まちがいも欠点もな
い努力など存在しないからーー顔はほこりと汗と血にまみ
れている。しかしその男は、真の熱意、真の献身を知って
おり、価値ある理念のために全力を尽くす。結果、うまく
いけばすぐれた功績という勝利を得る。だから彼の立場
が、薄情で臆病な、勝利も敗北も知らない者たちと同じに
なることはなりえない。」

【目次】
~上巻~
著者のことば
プロローグ   大きすぎてつぶせない   
第1章  リーマン株急落   
第2章  ポールソン財務長官の怒り
第3章  NY連銀総裁ガイトナーの不安
第4章  バーナンキFRB議長の苦闘
第5章  リーマン収益報告への疑念
第6章  襲いかかる空売り
第7章  揺れるメリルリンチ
第8章  瀕死の巨人AIG
第9章  ゴールドマン・サックスの未来
第10章 ファニーメイとフレディマック株急落
第11章 リーマンCEOの焦り
第12章 倒れゆく巨大金融機関   
第13章 誰がリーマンを救うのか?

引用出典に関する覚書
原注および情報ソース
登場人物/組織一覧

~下巻~
第13章  誰がリーマンを救うのか?(承前)
第14章  全CEO招集
第15章  リーマンの最後
第16章  AIG倒れる
第17章  モルガン・スタンレー絶体絶命
第18章  三菱UFJからの電話
第19章  揺らぐゴールドマン・サックス
第20章  ワシントンDCへの最終招集
エピローグ  リーマン・ショックのあとに  

謝辞    
原注および情報ソース
文献目録   
登場人物/組織一覧