サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

つづくことつづくとこ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.6
  • 出版社: 創英社
  • サイズ:12×12cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-434-14550-6

紙の本

つづくことつづくとこ

著者 滝本 晃司 (詩),Murgraph (絵)

そんなふうに、この空の下はつづいていく。元「たま」の滝本晃司とイラストレーターのMurgraph、不思議な詩と絵でつづられる日常風景のめまい。【「BOOK」データベースの...

もっと見る

つづくことつづくとこ

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

そんなふうに、この空の下はつづいていく。元「たま」の滝本晃司とイラストレーターのMurgraph、不思議な詩と絵でつづられる日常風景のめまい。【「BOOK」データベースの商品解説】

口ごもるニュースのあとで「ブラジルの朝です」ってしゃべりだすセキセイインコは この部屋のたった一つの機械のようです−。元「たま」の滝本晃司とイラストレーターのMurgraphが日常風景を不思議な詩と絵でつづる。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

詩集はあまり読んだことありませんが・・・

2011/11/30 21:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sankaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

Murgraph氏のシンプル克つディープなイラストに滝本氏の詩がポツリぽつりと綴られている。バンド「たま」のものからソロ作品、書き下ろしの物まで。ただ単色のイラストに何も描かれていないページもある。
私は滝本氏の熱烈なファンなのでどうしても私見が入ってしまうが、ここまで読み手に読む意欲を掻立てる詩はお目にかかったことがない。ストーリーのない絵本の様な構成に、言葉少なに綴られていて、読みやすい点も利点のひとつだろう。一見特に派手な言葉使いはないが、何気なく本質に迫った一文はイラスト共々、読み手を深いところに誘い入れる。
最後に例として私の好きな一文を。
「こわれるよりもっとなにもない」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/30 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/25 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む