サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『これからの仕事と経済』~10/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. 河出文庫の通販
  7. ピエール・リヴィエール 殺人・狂気・エクリチュールの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/502p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-46339-1
文庫

紙の本

ピエール・リヴィエール 殺人・狂気・エクリチュール (河出文庫)

著者 M.フーコー (編著),慎改 康之 (訳),栅瀬 宏平 (訳),千條 真知子 (訳),八幡 恵一 (訳)

十九世紀フランスの小さな農村で一人の青年が母、妹、弟を殺害した。青年の手記と事件の考察からなる、フーコー権力論の記念碑的労作であると同時に希有の美しさにみちた名著の新訳。...

もっと見る

ピエール・リヴィエール 殺人・狂気・エクリチュール (河出文庫)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

十九世紀フランスの小さな農村で一人の青年が母、妹、弟を殺害した。青年の手記と事件の考察からなる、フーコー権力論の記念碑的労作であると同時に希有の美しさにみちた名著の新訳。【本の内容】

収録作品一覧

訴訟関連資料 29−311
動物、狂人、死 ジャン=ピエール・ペテール 著 315−352
物語られる殺人 ミシェル・フーコー 著 353−369

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ミッシェル・フーコー氏の権力と知の分析にとっての記念碑的労作です!

2020/06/28 09:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、20世紀のフランスを代表する哲学者で、名著『言葉と物』、『狂気の歴史』、『監獄の誕生』、『性の歴史』を次々に発表され、ポスト構造主義者の第一線に立ったミッシェル・フーコー氏の作品です。同書は、著者が出会った殺人犯が残した手記の美しさに驚嘆して、それについての論考を纏めたものです。その殺人事件とはいうのは、19世紀のフランスの田舎町に住む一人の青年が、母、妹、弟を次々に惨殺したという悲惨な事件です。当時、フーコー氏は、犯罪と精神医学との関係をめぐる研究を行っており、その際に目にしたのが、その青年が残した手記だったのです。同書は、フーコー氏における権力と知の分析にとっての記念碑的労作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

権力の絡み合い

2016/03/31 08:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:komaccini - この投稿者のレビュー一覧を見る

農民の一人の青年が起こした尊属殺人事件になぜ興味を引かれたのか。
青年は狂っているのか?それとも正常な人なのか?
革命後のフランスにおける、医学、法学の権力の絡み合いを、様々な角度から検証してゆく。
この青年の残した「手記」がそれぞれの権力が作り上げようとした「シナリオ」が必ず矛盾に到達するような、巧妙な「罠」がかけられていた。
青年は自殺するが、自らの「言いたいこと」を最終的に残すことになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/08 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/23 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/11 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/26 05:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/02 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/28 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/04 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/31 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。