サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 黒い森 生存者 殺人者

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黒い森 生存者 殺人者(祥伝社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/158,31,155p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-33604-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黒い森 生存者 殺人者 (祥伝社文庫)

著者 折原 一 (著)

「ミステリー・ツアーの目的地で待っている」駆け落ちする二人の恋人に、同じ内容のメールが届いた。行き先は、樹海の奥、作家が家族を惨殺したと伝えられる山荘。ツアー客が一人、ま...

もっと見る

黒い森 生存者 殺人者 (祥伝社文庫)

710(税込)

黒い森

594 (税込)

黒い森

ポイント :5pt / 紙の本より116おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ミステリー・ツアーの目的地で待っている」駆け落ちする二人の恋人に、同じ内容のメールが届いた。行き先は、樹海の奥、作家が家族を惨殺したと伝えられる山荘。ツアー客が一人、また一人と樹海の闇に消えてゆく中、恋人が待つ目的地へ辿り着けるのか?そして山荘の固く閉ざされた一室で待つものとは…。仕掛け満載、心拍数急上昇のサスペンス・ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.0

評価内訳

本の構造はユニークだけど、むしろそれで損している気がします

2010/09/24 20:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前からも後ろからも読めるという本。
 真中に袋とじがついてます。

 恋人から「ミステリーツアーの目的地で待っている」というメールをもらって、樹海にはいった主人公。ツアー客は、一人一人と消えて行く。

 「樹海伝説―騙しの森へ」のスピンオフともいえるだろう。
 樹海の怖さとか、他人への不信が招く恐怖とか、面白いんだけど、袋とじでなんか興ざめした。

 切るのが面倒だし、第一綺麗に切れない。せっかくの本が痛んだ感じがして、そのがっかりがせっかくの面白さを半減させてるように思う。
 
 折原一は、樹海に魅せられているのだろう。
 ただ、その結論というか成果、みたいなものが上梓されるには、まだ時間がかかるのかもしれない。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

チャレンジ精神は大好きっ!!!でもソレと内容は別。

2010/10/17 02:02

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハジメマシテの作家さん。叙述トリックがお得意だと聞いている。

本書に関しては完全なる装丁買い。書店の新刊コーナーで平積みされているのが目についてしょうがなかったのだ。

よくよくご覧いただくとお分かりになると思うが、『黒い森』というタイトル表紙に二箇所ある。右上から一箇所。そして左下から上に向かって一箇所。これには意味がある。

本書のキャッチコピーは表からも裏からも読める本!。中にはこんな仕掛けが施されている。


「表からも裏からも読める本!」とは、表からスタートする『黒い森』一話が、そして裏からスタートする『黒い森』が一話、収められているということを表しているのだ。

ちなみに表スタートの『黒い森』には「生存者」というサブタイトル(?)が、裏スタートの『黒い森』には「殺人者」というサブタイトルが付けられていて、「殺人者」の方は上下逆に印刷されているという凝りよう。こういう心意気、大好きだーーーっ!!!


引き裂かれた男女の元に届いた「恋人」からのメール。メールの指示に従って男女はそれぞれ、ミステリーツアーに参加する。ツアーの目的地は樹海の奥にある曰くつきの山荘。そのツアーでの行程を男側から描いたのが「殺人者」、女側から描いたのだ「生存者」だ。

一見メタ構造の作品にも思えるのだけれど、単純なメタミステリではない。こういうチャレンジ精神あふれる試み、大好きっ!!!

なのだけれど…本の構造自体に対する「遊び心」に重きを置きすぎたからか、肝心のストーリーが荒いような気がする。先が見えない展開にそれなりにドキドキはするのだけれど、途中からちょっとやりすぎてしまってコメディに近くなってしまっている。

解説者は「唖然とした」というアイテムが登場するのだけれど、それも、このトリックに興味を持たないわたしでも容易に想像できる代物だったのであまりわくわくしなかった。


それでも!こういった「遊び心」はとても好みなので続編(になるのかな?)の『赤い森』も文庫化されたら読むつもりでいる。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/13 07:53

投稿元:ブクログ

「黒い森」折原一
本格ミステリ。乳白色。

表からも裏からも読める作品と銘打たれており、
表からの女のストーリーと、裏からの男のストーリーが、
全体のちょうど真ん中でクロスして解決篇の袋綴じがあるという、
なんとも凝ったつくりになっています。

まあこの趣向自体は面白そうだと思って本屋で手に取ったのですが、
ストーリーは今ひとつだったかな…
本のつくりが先行して、むりやりそれに合うようなストーリーを書いた感じ。

製本屋は大変だっただろうなあという同情を込めて(笑)、☆3-

2011/11/06 14:07

投稿元:ブクログ

この本は普通に前から読むだけではなく、後ろからも読めるように
なっていて、真ん中が袋とじになっており結末が記されている。

前からは「生存者」後ろからは「殺人者」となっている。

生存者の主人公はジュリという女性、殺人者の主人公はルミオで
同じ現場を違う視点で捉えた物語かな?と思っていたらそうではなく
別々の話になっている。



「ネタバレ」

お互いの主人公がミステリーツアーに参加し樹海を行く。
ジュリはルミオから参加するように連絡を受け、ルミオはジュリから
参加するように連絡を受け参加するのだが・・・と言った感じで
ツアーの正体や2人に連絡した人物の謎が明かされる。

2013/06/14 14:19

投稿元:ブクログ

図書館にて。
本の表表紙側からと裏表紙側から生存者と殺人者のそれぞれの視点で描くという画期的な本ではあったけれど…。
そもそも留美夫と樹里というふざけた名前もどうかと思った。その二人は2回も心中を失敗したあげく、殺人者までうっかり殺してしまい、死ぬつもりのはずなのに樹海も自力で抜けるなんてすごい生命力。この先も死なない方がいいし、死ねないだろう。
殺人者もあそこまで関係ない人をガンガンに殺しておいて本来の目的を達せずにどうする。不憫だ。登場人物が結構多い物語だったけれど、死体を増やす目的だったのかと思ったらますます不憫。仕方ないけど笑
合言葉も結局ダジャレ?実はこの本はコメディだったの?とラストまで読んで思ってしまった。

2011/03/25 19:04

投稿元:ブクログ

試みは面白かったが、なぞがいまひとつ・・・・
全体的に少し無理があるような
感じをうけた・・・でも、赤い森も読んでみよう。

2012/05/01 17:31

投稿元:ブクログ

つくりはスゴ本。

表から、裏から読めるししかも、男女からそれぞれ描かれている。
そうして最後に、袋とじ!
男女版が最初のほうはほとんど同じだったので、
どっちから読もうかな~どこで話が分岐するのかなーと、
読む前が一番楽しめた。

ところが。
生存者・殺人者編に別れた必然性があまり感じられず、
最後の袋とじの流れもびっくりするくらい簡素。
このこった構成の分、ストーリーで息切れ?と勘ぐりたくなった。

しかも、両方に関わる民家の主人が意味ありげにいろいろと
メンバーを品定めする割りに、それがなんの伏線でもないと来たもんだ。

残念だな~。
ここまで凝るならこだわりぬいて欲しかったなー。

うーん。

2010/10/14 01:34

投稿元:ブクログ

「ミステリー・ツアーの目的地で待っている」駆け落ちする二人の恋人に、同じ内容のメールが届いた。行き先は、樹海の奥、作家が家族を惨殺したと伝えられる山荘。ツアー客が一人、また一人と樹海の闇に消えてゆく中、恋人が待つ目的地へ辿り着けるのか?そして山荘の固く閉ざされた一室で待つものとは…。仕掛け満載、心拍数急上昇のサスペンス・ミステリー。


裏表両面から読める・・・
表からは「生存者」、裏からは「殺人者」それぞれの視点から進む物語を読了後に、真ん中部分の袋とじとなった、いわゆる「解決編」の3部構成となっている。

興味引かれる構成で、サイコサスペンスっぽい展開にページは進む。


・・・が、回答編を読むにつれ、どこか尻すぼりな印象。

もうひと捻り欲しかった。


《2010年10月16日 読了》

2010/11/30 21:43

投稿元:ブクログ

折原一にはいつも驚かされる。
この人はもう、ストーリーが面白いとか描写がどうとかいうことを超越しているので、この本を最後まで読んだらがっかりするとかそんなことは実はどうでもいいのだ。
この表紙を見ただけで、思わずニヤケてしまった。
読んでる最中のドキドキ感、ワクワク感は十分に味わえました。
それでいいのだ。

2010/09/24 20:35

投稿元:ブクログ

 前からも後ろからも読めるという本。
 真中に袋とじがついてます。

 恋人から「ミステリーツアーの目的地で待っている」というメールをもらって、樹海にはいった主人公。ツアー客は、一人一人と消えて行く。

 「樹海伝説―騙しの森へ」のスピンオフともいえるだろう。
 樹海の怖さとか、他人への不信が招く恐怖とか、面白いんだけど、袋とじでなんか興ざめした。

 切るのが面倒だし、第一綺麗に切れない。せっかくの本が痛んだ感じがして、そのがっかりがせっかくの面白さを半減させてるように思う。
 
 折原一は、樹海に魅せられているのだろう。
 ただ、その結論というか成果、みたいなものが上梓されるには、まだ時間がかかるのかもしれない。

2010/09/12 20:06

投稿元:ブクログ

※辛口です

「ミステリー・ツアーの目的地で待っている」
親に交際を反対され、駆け落ちを決めた樹里に、不可解なメールが届いた。行き先は、作家が家族を惨殺したと伝えられる樹海の山荘。ツアー客が一人、また一人と樹海に消える中、彼女は恋人が待つ目的地へ辿り着けるのか? そして山荘の一室で待っていたものとは…。

仕掛けはトリッキーで楽しいんです。表裏から呼べる装丁や、袋綴じもワクワクしました。でも、肝心の内容が・・・惜しいというか残念というか・・・

ツアーの目的に目をそらされているうちに、肝心の主役二人の最後に取った思わぬ行動に読者が「ぎゃふん」てな予想外の結末を演出してるはずなんですが、どうしても本の意匠が凝りすぎたせいで内容負けしてる気がします。犯人を推理することに主眼を全く置いていないので、そういう意味でも全く楽しめませんでした。というか、正直買ったことを後悔してます・・・(汗)

ただ、ミステリー好きな作家や編集者が楽しんで作ったんだろうな~という愛は感じましたが、それだけです。解説で稀作だ!と絶賛してますが、う~んそうか? コテコテのミステリファンじゃなければ楽しめるのかな?読むのに一時間もかからないのは良かった。

2011/06/21 23:48

投稿元:ブクログ

表からも裏からも読める装丁や、袋とじになった解決編など作り込まれた内容になっており、伏線もしっかり張っているのはいいのですが、ラストがあまりにも平凡というか大した盛り上がりがなく終わってしまったのがもったいない感じがしました。

2010/10/01 22:24

投稿元:ブクログ

本の表側と裏側の両方から読むことができ、
両方を読み終わった後に袋とじ部分を破って解決編を読むと
ひとつの話が完結する・・・という構成でした。
難しいものではないので、一気に読めちゃいましたが
なんとなくダラダラした雰囲気と、
人がどんどん都合よく死んでいくのがちょっぴり疑問でした。
どちらかというと、謎解きではなく恐怖小説を読んでいる感じがしました。

2010/10/05 15:22

投稿元:ブクログ

<「ミステリー・ツアーの目的地で待っている」駆け落ちする二人の恋人に、同じ内容のメールが届いた。行き先は、樹海の奥、作家が家族を惨殺したと伝えられる山荘。ツアー客が一人、また一人と樹海の闇に消えてゆく中、恋人が待つ目的地へ辿り着けるのか?そして山荘の固く閉ざされた一室で待つものとは…。仕掛け満載、心拍数急上昇のサスペンス・ミステリー。>本の表から読む「生存者」編と、本の裏から読む「殺人者」編、そして解決編は真ん中に袋綴じ。このつくりは大変面白かった。ただ話はというと‥色々とそんなにレベルは‥という印象を受けたのが残念。

2010/09/14 20:12

投稿元:ブクログ

表からも裏からも読めて、更に真ん中には袋とじ……という造りが面白かったです。生存者編→殺人者編の順で読みました。生存者編は、先の見えない樹海にハラハラしながら読んだのですが、殺人者編は似たようなシチュエーションに慣れてしまったのか、やや淡白に思えてしまいました。結末もそれなりに面白かったけど、わざわざ袋とじにする程の意外性は感じませんでした

祥伝社文庫 ランキング

祥伝社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む