サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.7
  • 出版社: 牧野出版
  • サイズ:18cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89500-135-9

紙の本

なぜ日本にアメリカ軍の基地があるのか

著者 松本 健一 (著)

日本が戦争に負けたのは1945年。占領がとかれたのは1952年。そしてアメリカの「保護国」のまま65年…。はたして、日本から駐留軍がいなくなる日はやってくるのか? 戦後日...

もっと見る

なぜ日本にアメリカ軍の基地があるのか

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本が戦争に負けたのは1945年。占領がとかれたのは1952年。そしてアメリカの「保護国」のまま65年…。はたして、日本から駐留軍がいなくなる日はやってくるのか? 戦後日本におけるアメリカ軍基地問題を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松本 健一

略歴
〈松本健一〉昭和21年群馬県生まれ。東京大学経済学部卒。麗澤大学比較文明文化研究センター所長。評論、評伝、小説など多方面で活躍。「近代アジア精神史の試み」でアジア太平洋賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

沖縄を考えることは、日本の未来を考えること

2011/01/01 06:08

6人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昨年11月に行われた沖縄知事選挙は、結局、有力候補2者が、ともに普天間飛行場県外移設を訴える中で、現職の仲井真知事が再選されることとなった。
 これで1996年の普天間返還合意以降、4回の知事選ですべて自民県連などが推す保守系候補の当選となった。
 仲井真知事の「偽装転向」のおかげで、すっかり沖縄の民意が見えない選挙結果となってしまった。
 仲井真知事は、「自公政権下では名護市辺野古への移設を条件付きで認めてきたが、名護市の市長と市議会がそろって移設を拒否している現状を踏まえ、立候補前に「県外移設」を求める立場に転じた。(11月29日付け朝日新聞)」とあるように、選挙対策として「偽装転向」し、選挙において普天間問題が争点とされることをうまく回避させた。
 仲井真知事であれば、いずれはまた条件次第で県内移設受諾の可能性が残されると考えていた民主・自民の思惑は見事に達成された。
 有権者の真意はつかみがたい結果となったが、しかしこれで、ただ一つだけ間違いなく明確になったことがある。沖縄の県民に対して、普天間飛行場の存置または県内移設は絶対に認知されないということ。仲井真知事の選択した変節がそれを物語っている。
 しかし、仲井真知事と善戦した伊波氏の主張には、もう一つ明確な違いがある。仲井真知事は当選確実が報じられた後の第一声でこう言った。
「米軍は沖縄のためだけにいるのではない。日本全体、東アジアのための日米安保だ。日本全国で移設先を見いだしてほしい(同 朝日新聞)」
 伊波氏は、日米安保体制自体に否定的姿勢をとり、普天間航空部隊のグアム移転を訴えた。
 今回の沖縄知事選は、本当はこの部分が争点になるべきであった。沖縄知事選は、単なる沖縄県だけの問題ではないことを、日本中でしっかり確認し、全国民で考えるちょうどよい機会となるはずであった。
 見事に争点ぼかしに成功した仲井真知事の勝利であり、ぼかされた全国民の敗北であった。
 普天間の基地をどうするか考えるに当たっては、まず、なぜ普天間に、沖縄に、日本に米軍の基地があるのかを、もう一度みんなで検証し、今後とも日本が国としてそれを受け止めていくべきか考える必要があった。
 長い自民党政治のもと、基地対策振興策のアメの中で、沖縄経済は基地無しではたちいかなくなってきている。ちょうどそれは、日本全体が土建国家化し公共事業無しでは経済がたちいかなくなってきているのと全く同様である。
 対沖縄政策について、今後の民主党政権に大きな発想の転換を期待することはまず無理であろう。であれば、もしかしたら、今回の沖縄知事選挙は、全国民で沖縄を考える最後の機会だったのかもしれない。
 この敗北はまったくもって痛い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/25 05:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/28 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。