サイト内検索

詳細検索

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/506p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-20551-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

半分のぼった黄色い太陽

著者 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ (著),くぼた のぞみ (訳)

私たちが死んだとき世界は沈黙していた。数百万人の犠牲者が出たといわれるナイジェリアのビアフラ戦争。この内戦の悲劇を、スリリングなラブストーリーを軸に、心ゆさぶられる人間ド...

もっと見る

半分のぼった黄色い太陽

税込 2,860 26pt

半分のぼった黄色い太陽

税込 2,640 24pt

半分のぼった黄色い太陽

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.6MB
Android EPUB 7.6MB
Win EPUB 7.6MB
Mac EPUB 7.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私たちが死んだとき世界は沈黙していた。数百万人の犠牲者が出たといわれるナイジェリアのビアフラ戦争。この内戦の悲劇を、スリリングなラブストーリーを軸に、心ゆさぶられる人間ドラマとして描きだす。英語圏でいま最も注目されているナイジェリア作家の長編初邦訳。史上最年少でのオレンジ賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【オレンジ賞(2007年)】私たちが死んだとき世界は沈黙していた…。数百万人の犠牲者が出たといわれるナイジェリアのビアフラ戦争。この内戦の悲劇を、スリリングなラブストーリーを軸に、心ゆさぶる人間ドラマとして描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

略歴
〈チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ〉1977年ナイジェリア生まれ。イエール大学でアフリカ学を修め、マッカーサー基金フェローシップを授与される。「半分のぼった黄色い太陽」でオレンジ賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アフリカ文学を数多く訳してきた経歴を持つと同時に詩人でもある訳者の日本語は練達で、大変読みやすい。

2010/11/05 22:46

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 1960年代のナイジェリア。そこに暮らすエリート数学教師のオボニデ、その妻オランナ、その双子の姉妹カイネネ、カイネネの白人の恋人で作家志望のリチャード、そしてオボニデのもとへやってきた奉公少年ウグウ。彼ら5人は内戦の中で生まれたビアフラ共和国の“半分のぼった黄色い太陽”の国旗のもと、時代に翻弄されていく。

 朝日、読売、毎日、産経の各紙書評欄で取り上げられるほど話題となった、ナイジェリア出身の女性作家が書いた小説です。
 上下二段組みの上に500ページになんなんとする大部の著ですが全く臆することなく読むことができます。

 内戦はオボニデら主人公たちの玄関先に突然やってくるわけではありません。
 それはまずラジオの電波に乗ってやってくるのですが、つまりそれほど自分たちの生活とは縁遠いところで発生した事件としてまず伝わってくる程度です。内戦の危機感はまだ他人事のように切迫感はありません。
 むしろオボニデとオランナ、カイネネとリチャードという二組の男女の、まさに男と女の事件のほうが彼らにとっては日々の火急の用事なのです。戦争に比べれば些細に見えるこの事件は、当事者たちにとっては身を引きちぎられる痛みなのです。

 しかし内戦は容赦なくひたひたとゆっくり、確実に彼らの生活に忍び寄ってきて、やがて彼らの男と女の事件を蹴散らす勢いを帯びてきます。

 「ウグウは頭痛がした。なにもかも、すごいスピードで動いていた。彼は自分の人生を生きていなかった。人生が彼をのっとっていた。」(416頁)

 戦争の初期に人々が自国の勝利を薄弱な根拠に基づいて無邪気に確信していながら、気がついたときには踏ん張りどころを優に過ぎてしまって後戻りのきかない状態へと突っ走っている。戦争がその初期に見せるそんな巧妙さ、そして後期に人々を翻弄する制御不能さ加減をこの小説はじっくり時間をかけて巧みに描いていくのです。

 自分たちが始めたわけでもない戦争が、自分たちを当事者として断罪し切り裂いていく。その理不尽さを静かに訴える、大変優れた小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

力強い人生の物語

2024/02/21 16:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もそ - この投稿者のレビュー一覧を見る

内戦時代のナイジェリアの話、なんて聞いたら読む気がしないだろう。

だがここには、ひとりの女性の凄まじい生き様がある。
戦争とか差別とか、そういう大枠を取っ払うと、
人生に次々に襲い掛かる困難や苦しみに立ち向かっていく物語が浮かび上がってくる。

主人公はずば抜けた素質、才能、エネルギーを持っているわけではない。
平凡なお嬢様なのだ。
その彼女が様々な経験をくぐりぬけていく中で、大きく変わっていく。
そこにこの物語の醍醐味がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説家としての力量を示す

2023/12/27 15:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichikawan - この投稿者のレビュー一覧を見る

ビアフラ戦争を背景としたナイジェリアを舞台とした小説であるが、予備知識がなくとも堪能することができる。アディーチェの小説家としての力量を示す作品であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/05 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/01 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/25 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/03 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/24 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/12 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/26 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/25 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/28 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/22 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/24 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。