サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: 論創社
  • サイズ:19cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8460-1043-0

紙の本

古典絵画の巨匠たち

著者 トーマス・ベルンハルト (著),山本 浩司 (訳)

『白ひげの男』を二日に一度、三〇年以上も美術史博物館にやってきては鑑賞する音楽批評家、レーガー。その男が明日もまたここで会おうと作家アッツバッハーに提案した。監視員イルジ...

もっと見る

古典絵画の巨匠たち

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『白ひげの男』を二日に一度、三〇年以上も美術史博物館にやってきては鑑賞する音楽批評家、レーガー。その男が明日もまたここで会おうと作家アッツバッハーに提案した。監視員イルジーグラーをあわせた三人の語りは、現在に複数の過去が呼び込まれ、時間軸が輻輳する。作家、ベルンハルトの真骨頂。【「BOOK」データベースの商品解説】

ウイーンの美術史博物館の絵画「白ひげの男」を2日に1度、30年以上も鑑賞する音楽批評家、レーガー。彼が明日もまたここで会おう、と作家アッツバッハーに提案した。時間軸が輻輳する、監視員をあわせた3人の語り。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トーマス・ベルンハルト

略歴
〈トーマス・ベルンハルト〉1931〜89年。オーストリアを代表する作家・劇作家。小説に「ふちなし帽」「消去」、戯曲に「ヘルデンプラッツ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文体=構造

2011/01/06 09:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

オーストリアを代表する大作家の1985年の作品。ウィーンの美術史博物館、テントレットの「白ひげの男」が展示されたボルドーネの間の天鵞絨張りの長椅子に二日に一度午前中すべて使って陣取る音楽批評家のレーガーと、彼を敬愛する監視員のイルジーグラー、そして語り手の「私」ことアッツバッハーの三人の会話を中心に展開する「芸術」をめぐる小説。
読みながら、その何と言うことはないモチーフを、反復と変奏によって享受者が思いもよらぬところまで連れて行ってしまうかのようなスタイルがベートーベンみたいだ、とぼんやり思ったところで作品内でベートーベンに関する言及が出て来たので驚いた。
ベルンハルトの作品は文体がイコール構造と言えるようなものなんだが、一見破格と思わせてよく見るととても端正であるというのが不思議だ。それは、延々と続く告発と罵倒が、読者を次第に大きな共感と締念へと導いていくのと少し似てる。まるでおおがかりないたずらのような結末もふくめ、まったく素晴らしい。代表作とされる自伝五部作がまだ未訳なのが非常に残念だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/02 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。