サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 幻冬舎
  6. 幻冬舎文庫
  7. 純喫茶探偵は死体がお好き

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

純喫茶探偵は死体がお好き(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/333p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-41518-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

純喫茶探偵は死体がお好き (幻冬舎文庫)

著者 木下 半太 (著)

元刑事の真子は、柔道は黒帯だけど恋愛は白帯。一目惚れした純喫茶のマスターの傍にいたくてアルバイトに入ったのに、近くの中学で起きた女教師殺人事件を調べる羽目に。しかも追い詰...

もっと見る

純喫茶探偵は死体がお好き (幻冬舎文庫)

648(税込)

純喫茶探偵は死体がお好き

616 (税込)

純喫茶探偵は死体がお好き

ポイント :5pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

元刑事の真子は、柔道は黒帯だけど恋愛は白帯。一目惚れした純喫茶のマスターの傍にいたくてアルバイトに入ったのに、近くの中学で起きた女教師殺人事件を調べる羽目に。しかも追い詰めた犯人は、何者かに横奪され、気づけば真子たちは、鎌倉時代から続く壮大なお家騒動に巻き込まれていた。火の海と血の海を見るバイオレンス・サスペンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価2.6

評価内訳

紙の本

ここまでくるともはやコメディ。

2010/10/28 21:14

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の文庫化された作品は全て読んでいる。とりわけ『悪夢の観覧車』が切なくて哀しくて好きだ。

しかし…回を重ねるごとに「うーん」と首をひねることが遠くなった。そして今回本書を読んで、決めた。木下半太は卒業しよう。


一目ぼれしたマスターがいる喫茶店でアルバイトすることになった元刑事の真子。しかしマスター・ツヨシの勘がものすごく良すぎるおかげで殺人事件に巻き込まれ、挙句の果てには鎌倉時代から続く――国家権力までもが平伏す桃山家と没落寸前の猿渡家の――壮大なお家騒動にまで巻き込まれてしまう。地に飢えた殺人鬼に戦車までもが登場してバッタバッタと人が死んで行くスプラッタ…コメディ。


B級ホラー映画は「やりすぎ」るとコメディになると聞く。何事も塩梅というものは肝心で、度を超すと笑い話にしかならない。そして本書も…バッタバッタと人が死んでいくため、バイオレンスよりもサスペンスよりもコメディの色が濃くなってしまっている。

そういう「やりすぎ」コメディは嫌いではないのだけれど、欲を言えばその中にも何かひとつくらい粋な小細工が欲しい。だらだら人がただただ死んで行くのではなく、小気味良いなにかがないと全体として引きしまらない。ただの「垂れ流し」になってしまう。

そして本書はそんな「垂れ流し」状態。ただただ人が殺し殺され死んで行くだけ。そこにちょこっとした恋愛やなんやを絡めているけれど、それがあろうなかろうが大差はないように思う。

『悪夢の観覧車』のような作品が読みたい!!と、ここまで読み続けてきたけれど、やはりこれで卒業することにしよう。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/02 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/10 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/21 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/25 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/29 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/14 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/05 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/14 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/28 08:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/05 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/01 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る