サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

有頂天家族(幻冬舎文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 627件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.8
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-41526-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

著者 森見 登美彦 (著)

「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへな...

もっと見る

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

741(税込)

有頂天家族

648 (税込)

有頂天家族

ポイント :6pt / 紙の本より93おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 476.5KB 無制限
Android XMDF 476.5KB 無制限
Win XMDF 476.1KB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー627件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

面白ファンタジー♪

2015/08/30 01:42

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都には狸がたくさんいてね・・・という面白ファンタジー。
一見漫画的に軽い話なのだが、ひょいと読者を担いですたこらどこかにつれていくような、エンタテイメントとしての疾走感と緊密さは極上だ。
非常にテンポが良くて頭から尻尾まで楽しくて、この楽しさが、もうそれはそれは見事に一気に終盤まで繋がり、ラストの怒涛になだれ込んでいく。
しかし結局は「京都の狸」のお話なので、ぽやんとした能天気さに落とし込まれて「じゃあまたね」と終わってしまうわけだが、読後の和み感は比類ない。

好きなシリーズ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほんわか魂

2015/09/22 16:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Siichan - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいると肩の荷が下りて、もうのんびり生きよう、頑張らなくていいやと思うのに、読み終わると背中を押してもらえたように、明日からもよし頑張ろうと元気がむくむく湧いてくる不思議な作品。ユーモアが散りばめられていて家族愛もいっぱいで、読むと幸せな気持ちになれること間違いありません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

矢一郎さんと結婚したい

2015/02/07 05:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マタタビ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんと、やっと、毛深い子の2巻が出るという。
どれだけ待ったと思っているのか。
『有頂天家族 二代目の帰朝』。
買う。絶対買う。

気になるのは矢一郎さんのその後である。
1巻(これ)を読み終わってからずっと想像していた。
恋人は?結婚は?好きな人は?
それが2巻で明らかに・・・・・なりそうにない(笑)。
可愛くて、責任感があって、家族が大事で、空回りしちゃう。
こんな男の人、私大好き。
そんなわけで、森見先生、私、下鴨家の御長男、矢一郎さんと結婚したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有頂天家族

2014/05/12 13:06

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:315gata - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が読んでいて声を出して笑った3冊めの本でした。
楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

阿呆の血のしからしむところ、です

2017/01/14 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都愛、突拍子もない設定、万城目さんの狸版だと思った。ポンポンと繰り出される言葉、文章。読んでいて大層心地よい。狸と天狗と人間の三つ巴。ここまで狸に肩入れすることになろうとは。阿呆の血のしからしむところ、憑依ったね。一番好きな阿呆は次男矢二郎かな。序盤の矢三郎との会話は笑わせてもらった。阿呆の血が騒ぎまくるけれど、最後家族一丸となって戦う場面は息を吸うのも忘れてしまうくらい臨場感に溢れている。矢四郎も少し大人になったしね。弁天はいけすかないけれど、ああいうキャラも必要だ。赤玉先生、いつまでもお達者で!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高

2016/05/25 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽにょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

森見ワールド全開といった内容の本。京都に住んでいることから、とても楽しく読めたし、作品に登場する建物、場所を求めて散歩するきっかけにもなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

京都の狸・天狗

2015/09/12 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tacktack! - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都の街中に住む狸と天狗の騒動です。本当の話ではないとわかっていても、京都ならありえるかも、と思ってしまうファンタジー作品です。続編もあるようなので楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本屋大賞を見て、読みました。

2014/10/31 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shingo - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋大賞を見て、読みました。
天狗と狸と人間の話。とにかく文章がうまく、無駄を感じません。アニメの「平成狸合戦ぽんぽこ」も楽しい作品でしたが、この作品も負けていません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毛玉の物語

2013/09/14 21:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

実に不思議な物語でした。ジャンルは「ファンタジー小説」で、私には苦手な分野です。ただし舞台が京都ということもあり、京都好きの私としては、思わず衝動買いしました。
 内容は、偉大な父狸が不可解な死を遂げ、残された家族たちが逞しく生きていく物語です。奇想天外なストーリー展開ですが、これが京都が舞台となると違和感がなくなるから不思議です。「鴨川ホルモー」と同じです。

 本書は、エンジンがかかるのは遅いですが、登場狸のキャラクター紹介や最後のどんちゃん騒ぎに至る背景等々、その設定に慣れるためには、退屈な前半が必要不可欠ということでしょうか。
 とにかく、ラスト近くの「狸と天狗と人間の三つ巴の混乱状態」は、あたかもドリフのラストを見ているようで、とても堪能できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リアルファンタジー?

2016/10/30 14:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あるばとろす - この投稿者のレビュー一覧を見る

京都を舞台にしたタヌキが主人公のお話しです。
心はタヌキであるけれど、化けることは得意なので
京都の街に繰り出しては楽しく暮らしている感じですが、
でも人間模様ならぬ、タヌキ模様が描かれていて、主人公がタヌキであることをついつい忘れてしまう面白い作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

道具の数々も魅力的。

2015/12/13 20:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

偉大な父(故狸)を持った四兄弟の活躍のお話し。活躍に?が付く??
下賀茂神社でタヌキを見たことないけど、きっといると思う。いて欲しい。
自走人力車欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ポンポコ兄弟の家族愛

2015/03/22 05:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

「面白きことは良き事なり!」あいや変わらず舞台は京都。出てくるのは毎度おなじみ阿呆大学生と思いきや、狸に天狗そして人間を交え三つ巴。ポンポコ兄弟の家族愛がつまっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

魅力的な下鴨一家

2015/03/08 13:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぎんまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は現代なのだけど、およそ21世紀の会話に使われることのない単語や描写、天狗、狸というケンゾク、そして、京都 、下鴨神社。これらが混じりあっという間に不思議な時空に連れていかれる感があり、のめり込めるところが素敵です。

更に登場人物 下鴨家 母の母たる姿。いかなる状態にあっても、我が子を信じる事は温かい気持ちにさせてくれます。
物語終盤の長兄に言った父の言葉。
この両親に育てられた4兄弟だからこそ卑劣極まりない相手にも、逃げ場を残してやるのでしょうか?
「まことに、狸の風上にもおけんやり方」がはびこる人間界の人間としては、じんわりときました。

また、ナゾもいつか明かされるのか楽しみなところです。
弁天は何を悲しむのか。海星はなぜ姿を見せないのか。
赤玉ポートワイン、もっと美味しいワインは山とあるのになぜ、昭和で止まっているのか、謎です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/29 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/05 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る