サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

隻眼の少女
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 144件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/420p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-329600-5
  • 国内送料無料

紙の本

隻眼の少女

著者 麻耶 雄嵩 (著)

古式ゆかしき装束を身にまとい、美少女探偵・御陵みかげ降臨!因習深き寒村で発生した連続殺人。名探偵だった母の跡を継ぎ、みかげは事件の捜査に乗り出した—。【「BOOK」データ...

もっと見る

隻眼の少女

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古式ゆかしき装束を身にまとい、美少女探偵・御陵みかげ降臨!因習深き寒村で発生した連続殺人。名探偵だった母の跡を継ぎ、みかげは事件の捜査に乗り出した—。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本推理作家協会賞(第64回)】【本格ミステリ大賞(第11回)】寒村でおきた殺人事件の犯人と疑われた大学生・静馬を救った隻眼の少女探偵・みかげ。事件は解決したが、18年後に再び悪夢が…。古式ゆかしき装束を身にまとい、美少女探偵・御陵みかげ降臨!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

麻耶 雄嵩

略歴
〈麻耶雄嵩〉1969年三重県生まれ。京都大学工学部卒業。「翼ある闇」でデビュー。ほかの著書に「夏と冬の奏鳴曲」「神様ゲーム」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー144件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

名探偵とは

2010/10/01 09:13

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぶた - この投稿者のレビュー一覧を見る

因習深い寒村で発生した連続殺人事件。
事件に巻き込まれた若者を救ったのは美少女探偵御陵みかげ
18年後、また同じ村で連続殺人が…

探偵を追及する麻耶雄嵩らしく
今度の名探偵は水干姿の隻眼の美少女
殺人の動機といい、真犯人といい
神様ゲームの麻耶らしい
後味の悪さ
前作の「貴族探偵」も今回の作品も
まさに探偵というものの
それも名探偵というものを
追及すると
こういうところに行き着くのか
名探偵とは何かという
大きな命題を
ポンと投げ出された気がしている

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本格ミステリーのセオリーを根底から破壊して見せた「本格」といわれる怪作

2011/06/16 00:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガルシア・マルケス『百年の孤独』に疲れたので、軽く一息入れるとしよう。このところ日本の本格推理小説にはご無沙汰だったから、日本推理作家協会賞、本格ミステリー大賞といういかにも「本格」らしい二冠をとったという作品なら最近のヒット傾向がわかるかもしれないと思い、手に取ったしだい。もちろん謎解きをゲームとして楽しむために。

険しい山々に囲まれたポツポツと集落のある寒村。千年の時を越えて今なお生きる龍神伝説。龍神の祟りを封印した女神の子孫スガルが今でも村民たちの鎮守信仰を集めている。そして次期スガル候補者であるこの一族の娘たちが次々と首を落とされて殺されていくのです。
となれば、推理小説界もまだまだ横溝正史風が続いているらしい………とはじめは思った。
だが、いつのごろのお話かといえば大正とか昭和初期ならまだしも1985年なのだから、こんな伝説因習を生活の軸にしている地域はあるはずがない………とこれは読み終えても変わらない。

隻眼の美少女探偵・御陵みかげが颯爽と登場する。水干といわれる装束だが、神主の衣装のようでこれは表紙の写真にあるから視覚的に確認ができるのだけれど、はなはだ漫画的ですね。相棒は自殺志願の若者で、二人は軽い口調のノリでお話をややこしくしていく。

みかげチャンのきめゼリフは
「そうですか。となると不都合ですね」
「私の左眼は真実を見抜きます」
らしく、時々これで恥ずかしそうに見栄をきります。私には凄みはもとよりカワイイ!とも感じられず、読んでいるのがむしろ気恥ずかしい思いです。

地図にない村とはいえ、これだけの猟奇連続殺人事件であればマスコミは大
騒ぎするだろうし、警察陣ものんびりとしてはいられないはずですが、何の働きもしないで、証拠調べ、関係者取調べもみかげチャンまかせです。
一時はやった映画「トリック」の仲間由紀恵と阿部寛のコンビのようです。

めでたく第一部が終了し第二部だが、これは2003年のお話。同じ村でおこるやはりスガル一族の連続殺人事件。自殺志願者だった若者は大人になって登場。みかげチャンは第一部のみかげチャンの娘が活躍するお話になる。相変わらず役に立たない警察陣を尻目に二代目みかげチャンと彼とで第一部と相似形の活躍をするのだが、このあたりでようやく作者の意図が見えてきた。
ここからは横溝風をかなぐり捨てます。様相をがらりと変えたとんでもない趣向が見せ場になる。

「丁寧に建てた館をテーブルクロスごとひっくり返す大胆な仕掛け」が決まったようだ。

理屈に理屈を重ねたドンデンガエシなのだが、寄る年波だろう、その理屈は面倒くさくて理解する気力がなくなっている。リアリティに欠けた背景設定、なんでもありのトリック無作法、ドンデンガエシにいたるまでのストーリーの平板さにはついていけません。つまるところ、読者が犯人を当てようとする意欲に応えた、粋で楽しいゲームにはなっていませんでした。

「オジサン、いまどきそれは古いよ」
と指摘されるかもしれない推理小説観だが、
坂口安吾は
「謎ときゲームとしての推理小説は、探偵が解決の手がゝりとする諸条件を全部、読者にも知らせてなければならぬこと、謎を複雑ならしめるために人間性を納得させ得ないムリをしてはならないこと、これが根本ルールである。」
としている。
「人間性を納得させない得ないムリ」とはリアリティの欠如が含まれるでしょう。

この作品はこの伝統的秩序を徹底的に破壊したところがミソのようなのだが、破壊活動への素朴な反感が大きく、古いタイプの推理小説ファンとしては坂口安吾のセオリーはあらためてもっともだとしみじみ思うわけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/25 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/24 07:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/06 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/19 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/26 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/11 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/19 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/10 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/17 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る