サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アリアドネの弾丸
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 322件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:20cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7966-7741-7
  • 国内送料無料

紙の本

アリアドネの弾丸 (田口・白鳥シリーズ)

著者 海堂 尊 (著)

東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さ...

もっと見る

アリアドネの弾丸 (田口・白鳥シリーズ)

1,543(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む。【「BOOK」データベースの商品解説】

東城大学病院内で起きた射殺事件。仕掛けられた完全無欠のトリック。タイムリミットは72時間。田口と白鳥は東城大学病院を救えるのか? メディカル・エンターテインメント「田口&白鳥」シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

海堂 尊

略歴
〈海堂尊〉1961年千葉県生まれ。医学博士。「チーム・バチスタの栄光」で「「このミステリーがすごい!」大賞」大賞を受賞しデビュー。「死因不明社会」で科学ジャーナリスト賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新宿店

久しぶりにあの2人が...

ジュンク堂書店新宿店さん

久しぶりにあの2人が帰ってきました。
東城大学病院で起きる射殺事件、容疑者は何とあの人!?
読むなら間をおかず一気読みがオススメです。


文芸担当 勝間

みんなのレビュー322件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

桜ノ宮サーガ エーアイセンター始動準備

2010/10/06 07:17

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:asura - この投稿者のレビュー一覧を見る

海堂尊の小説を外伝までつぶさに読破していますがデビュー作「チーム・バチスタの栄光」から続く、久しぶりの白鳥&田口シリーズに興奮です。
エンターテイメントに揺らぎはないですが最近は医療界の物語が続いていてミステリは珍しいです。
いよいよエーアイ(死後画像診断)センターを立ち上げる準備段階の現場でハイスペックMRIでも診断できない死因不明遺体が発見される。更に恩師と東城大学付属病院に崩壊の危機が迫る。
白鳥と田口はバチスタスキャンダルの更に上をいく未曾有の危機を救えるのか。

遺体を撮像し解析する権限を綱引きする医療と司法の陰謀うずまくエーアイセンター設置委員に腹黒タヌキこと東城大学付属病院病院長・高階に放り込まれた不定愁訴外来の昼行灯、田口公平。ヒラの身でありながらリスクマネジメント委員会委員長を拝命し、肩書きを付与され続けて今回ついに__。実像とはかけ離れた身分に諦観するグッチー先生はさすがwww。召喚した火喰い鳥とのコンビは今回も和みます。

虚実が権限を持つものに創作される怖さ、社会構造の健全化を阻む悪意、大学崩壊に迫るタイムリミット。

シリーズのファンブック「ジェネラル・ルージュの伝説」に『事実が小説に追いつく』と書かれてましたが、司法の怖さが思い当たる現実が最近ありました。
海堂尊ワールドを読破していなくても充分楽しめますが「ブレイズメス1990」や「ナイチンゲールの沈黙」などを読んでいるとにやりとできます。またシリーズのテーマである死後画像診断を通して読みたいのなら白鳥&田口シリーズを「イノセントゲリラの祝祭」まで読むことをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

海堂が言い続けている日本の死因不明社会ぶりが、他の作家の作品でも指摘されるようになってきました。ようやく、努力が実り始めた、といっていいかもしれません。そして、密室殺人? 読むっきゃないかな・・・

2011/06/22 19:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず快調に著作数を増やしている海堂の新作は(といっても、既に、この後にも作品が出ているし、私も読み終えているので、厳密な新作とは言えませんが)、ミステリ臭の強い作品です。相変わらず、といえば、やはり宝島社の本だからなのか、安っぽい色のカバーで、装幀についての記載はありません。当然、掲載されている東城大学医学部付属病院見取り図作製についても記述もありません。

全体は、二部構成で、全34章に序章と終章から成り立っています。HPの内容紹介は
           *
『このミス』大賞シリーズ
“バチスタ”シリーズ累計850万部突破!
あの田口・白鳥コンビ待望の最新刊!

病院内で起きた射殺事件。犯人は高階病院長!?
仕掛けられた完全無比のトリック!
タイムリミットは72時間。2人は東城大学病院を救えるのか?

シリーズ累計850万部突破の、国民的メディカル・エンターテインメント“田口&白鳥”シリーズ。前作から約2年の歳月を経て、待望の最新刊がいよいよ登場です!平穏な東城大学付属病院で一発の銃声が響くとき、「バチスタ・スキャンダル」を超える、未曾有の危機がやってくる――。心とは裏腹に、順調に出世街道を進んで行く田口公平医師と、厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔が、完璧に仕組まれた偽装殺人のアリバイトリックに挑む!真犯人との、論理と論理の激しい対決が見物です。
           *
となっています。ミステリ色は強くても、独自性があるわけではないので、トリックのイメージは出来てしまいます。むしろ、ここで読むべきは、海堂が自分の著書で繰り返し述べる日本が死因不明社会であること、それを解消する役割を果たすのがエーアイであること、ただその帰属をめぐっては、放射線科、法医学科、あるいは警察などが国民そっちのけで、争っているということでしょう。

今までの小説の中でも、それは言われていた気がしますが、科学ジャーナリスト賞受賞作『死因不明社会』や、最新作に近い『ゴーゴーAi―アカデミズム闘争4000日』をあわせて読むと、日本の医学界や司法の世界が、国民の利益や犯罪の撲滅ではなく、己の利益や面子だけを重視し、マスコミを操作し、あらぬ方向に我々を引っ張っていこうとしていることがよく分かります。

小説だけを読んでいると、Aiの世界を取り巻くゴタゴタや陰謀も、作り物めいて、物語の中だけのこと、として受け止めてしまいますが、例えば芝田哲孝は『サイコパス』で、日本が死因を確認するための解剖を殆どしないこと、そうして処理された死体は結局、死因不明ではなく無理矢理心不全などの死因を与えられ、犯罪の可能性があっても当然、犯罪とは切り離され、数少ない解剖されたもので犯罪と結び付けられたものが事件にカウントされること、そうして数を減らされた事件だけを解決することで日本の警察の高い検挙率が維持されている、書いています。

こうした情報を総合すれば、ここに描かれるAiをめぐる動きが殆ど現実であるだろうことが理解できると思います。あえて、海堂が『アリアドネの弾丸』に続く形で『ゴーゴーAi』を出した理由は、偶々そうなったのではなく、深い意図があったのではないか、そう思いたくなります。小説の内容にはこれ以上触れませんが、目次と主な登場人物について書いておきます。

目次

第一部 沈黙する死体
 序章 人間が死ぬということ
 1章 ショスタコーヴィチはもう歌わない
 2章 華麗なる災難
 3章 モニタ会議は踊る
 4章 廊下トンビの昇天
 5章 がんがんトンネル魔人の忠告
 6章 桜宮岬の邂逅
 7章 北からの使者
 8章 闇に潜む眼
 9章 異業種顔合わせ
 …ほか

第二部 饒舌な弾丸
 19章 潜入
 20章 暴発
 21章 緊急リスクマネジメント委員会
 22章 肩すかし
 23章 報道抑制
 24章 開かずの扉
 25章 論理打撃戦
 26章 国際緊急宅配便
 27章 停滞
 28章 真夜中の女神
 …ほか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/13 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/28 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/16 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/04 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/15 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/11 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/30 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/05 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/23 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/26 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/28 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る