サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「今泉棚」とリブロの時代
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 論創社
  • サイズ:19cm/178p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8460-0878-9
  • 国内送料無料

紙の本

「今泉棚」とリブロの時代 (出版人に聞く)

著者 今泉 正光 (著)

80年代、池袋で“リブロ”という文化が出現し、「新しい知のパラダイム」を求めて多くの読書人が集った。その中心にあって、今日では伝説となっている「今泉棚」の誕生から消滅まで...

もっと見る

「今泉棚」とリブロの時代 (出版人に聞く)

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「「今泉棚」とリブロの時代」が含まれるセット商品

出版人に聞く 10巻セット

出版人に聞く 10巻セット

  • 税込価格:17,280160pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

80年代、池袋で“リブロ”という文化が出現し、「新しい知のパラダイム」を求めて多くの読書人が集った。その中心にあって、今日では伝説となっている「今泉棚」の誕生から消滅までを語る。「現代知の海図」目録付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

今泉 正光

略歴
〈今泉正光〉1946年宇都宮生まれ。83年、西武池袋店(後のリブロ)へ。リブロ本部退職後、煥乎堂、平安堂を経て、2007年退職。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

今泉正光さんは、ぼく...

ジュンク堂

今泉正光さんは、ぼく自身が、80年代から、時に学び時に反発しながら、間違いなく書店人としてその跡を追い続けた、大先輩である。
“本屋になるための前提条件は、要するに本屋に入る前にどのくらい本を読んでいるかが重要ですね。”どう見てもスタートラインの位置が、はるかに前方にある。あと10年かかっても追いつきそうにない…、かと、嘆息する(それでも追い続けるが)。“学参売場担当者として、店頭に立ったら、学参、辞書に関して、お客さんに説明できるだけの商品知識を自分で身につけなければ、プロじゃない”後に「今泉棚」と固有名詞が冠される、有名な人文書売場だけではない。今泉さんの「プロ意識」は、今でも書店員みなが、倣ぶべきものだ。
吉本隆明、高山宏ほか多くの著者と日常的に会っていた今泉さんは、店内のスタッフを集めて、勉強会もしたという。
“デリダの差異とは何か。マルクスの価値形態とソシュール言語学の関係などをテーマにしてやりましたが、こちらのほうはストックからのスピードアップ補充と異なり、ほとんどわかってくれなかった気がする”
全盛期のリブロのスタッフでも、それはそうだろうなあ。

書店員レビュー

ジュンク堂書店新宿店

 『千のプラトー』(...

ジュンク堂書店新宿店さん

 『千のプラトー』(河出書房新社)ワゴンで平積み(もちろんハードカバーのほう)などなどいまだに‘一部’で語り継がれる伝説。その伝説を、作った本人が語りおろしたのが本書。普通なら「書店論」コーナーに置かれるのでしょうが、当新宿店では「カルチュラルスタディーズ」を中心に「哲学・思想書」コーナーで平積み展開。
 この1冊を読むだけでも、もちろん当時のあの空気を感じ取ることはできます。けれど、同時代を語った『書店風雲録』(本の雑誌社及びちくま文庫)、『セゾン文化は何を夢みた』(朝日新聞出版)中の「リブロ-中村文孝を訪ねて気づいたこと」を併読したとき、そこに突如浮かび上がってくる風景。
それはあなた自身が本書を手にとって感じてください。

新宿店 人文書担当

ジュンク堂書店秋田店

弊社池袋店のお向かい...

ジュンク堂書店秋田店さん

弊社池袋店のお向かいにある書店リブロにかつて在籍していた書店員、今泉さんの本です。私が今泉さんの名前をはじめて耳にしたのはちょうど6年前。この業界に入ってまだ間もない頃でした。当時、別の会社で人文書を担当していて棚の配置に四苦八苦していると、出版社営業さんから「書店員の勉強会」に誘われたのでした。講師として名前があがっていたのがこの今泉さん。ワケあって勉強会には参加できなかったのですが、彼の棚の凄さは営業さんを通して色々と教えてもらい、「人物や思想の影響関係を関連づけて棚を構成していく」という考え方からは多くを学びました。この本にはそんな「今泉棚」のエッセンスが凝縮されています。特に印象に残ったのはその仕事ぶり。往復3時間の通勤では仕事に必要な読書。店ではほぼ全てのジャンルを担当、閉店後には売れた全ての本をデータ化して記憶。昼間は売場に立って時間別、曜日別、お客様別に売れた商品の動向を探る。さらにフェア企画を毎月3つくらい出す。深く確かな知識と売場での定点観測が伝説の棚を誕生させたのだと感じ入り、襟を正しながら読み進めていきました。まさに書店員にとっての自己啓発書です。(社会書担当)

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今泉棚って何のこと?かって、夢のようにあり得た書店のトポス

2010/09/15 09:35

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 少なくとも、もう20年前の書店伝説ではないか?本好きの若者にとっても、現役で働いている若い書店員にとっても『今泉棚』がいまだに生きた言葉として流通しているかどうかわからない。でも、数年前、本屋でアルバイトしていた女子学生が『伝説の「今泉棚」に思うこと』というタイトルでブログ記事をアップしていたことがありました。棚構成も任されていたのですが、そのモデルとして「今泉棚」があって棚を一つのマンダラのように作り上げたということでした。面白いことに彼女は、いつどこで「今泉棚」のことを知ったのか記憶が定かではないと書いていたことです。
 地方から出て来た彼女のビビッドな脳内にインプットされていたキーワード「今泉棚」が果たしてゼロ年代の若者達にとって有効であるかそんな疑念があったけれど、「小さな連鎖」として「今泉棚」が地下水脈の如く生きているという嬉しい発見がありました。 ただ、このエピソードは例外中の例外だと思います。
 「西武セゾン文化」が1980年代の表象として語られ、バブル崩壊と軌を一つにして陽炎のように消えていったのを上野千鶴子は『ポスト消費社会のゆくえ』(文春新書)で、セゾングループの総師だった堤清二(辻井喬)にインタビューアーとして果敢に迫り、巧みに「セゾン文化は何であったのか?」と言う話を引き出していたが、そもそも、「今泉棚」とリブロの時代」も「西武セゾン文化」装置の中でサイズは違っても同じ時代、新しい「知」、「文化」の到来を告げるパラダイムの前衛としての幻想をばらまいたことは疑いがない。
 それが本物であったか、まがい物であったか、それを20年後の今の時点で検証してもあまり意味がない。社会学者やライター達が特に1980年代を語る場合に「セゾン文化」として参照されることも多いが、単なる一企業の枠を越えて街の風景を変え、良くも悪くも知的にも身体的にも若者たちに感染力を持っていたことは疑いない。
 「今泉棚」もそのような「セゾン文化」という大きな物語の中で燦然と輝くマジックワードだったかもしれない。
 本書のインタビューアー・構成者の小田光雄はバブル崩壊後に段々と消えて行く教養としての「近代読者」から消費者としての「現代読者」としての変遷を核とした出版流通本『出版状況クロニクル』シリーズを観察刊行しているが、小田の今泉に問う言葉の端々に「かって、夢のようにあり得た書店のトポス」を「今一度…」と熱い読書人の思いの丈が伝わってくる。
 所詮、消費者民主主義の担い手であった「セゾン文化」は哲学も思想も、読者人も消費し尽くそうとしたわけですよ。
 バブルの蕩尽を背景にそれでも、目に見えない何かかもしれないが、何かが産み落とされたかもしれない。食い散らかされ味わい尽くされても排泄物として腐臭を放って残るものがある。本書で今泉の言う「バタイユ的蕩尽」とはそんなアナーキーな逞しさかもしれない。
 今泉の「今泉棚」は本書を読む限り、リブロ池袋店の前史として、浪人・学生時代、そして、就職したのに「キディランド」でのユニークなキャリア、堤清二の伴走者小川道明の引きがあって、「前橋西武店」にトラバーユ、「セゾン文化」とは別のローカルで厚みのあると同時に世界性を持った地下文化へも接続するアンテナを「リブロ池袋店」に装填したわけです。
 そんなリブロ池袋店長今泉正光の次の店長としてかって、キディランドにも同僚として働いた田口久美子(現ジュンク堂池袋店副店長)が『書店風雲録』で今泉を時にはユーモラスに観察記述しましたが、本書と合わせ技で読むと互いに共鳴しあって面白さが倍加することは間違いない。
 バブル崩壊、オウム事件、神戸淡路の震災を経て、「1980年代」は虚構だったのか、「セゾン文化」って蜃気楼のようなものだったのか、そんな見取りが僕にあるのですが、「今泉棚」は実体があったと確かな手応えがあるのです。
 82年の上野千鶴子の『セクシィ・ギャルの大研究』、83年の浅田彰の『構造と力』がニューアカデミズのはしりとなるみたいですが、田口によると『構造と力』で今泉は出版業界にサプライズなデビューを池袋店で飾るわけです。その一貫の大きなフェアが「新しい知のパラダイムを求めて」だったわけです。
 《その企画を百貨店の催事予算を出す販売促進部に持っていったら、販促部長からそれは「パラダイス」の間違いじゃないかと言われ、アメリカの科学思想家のトーマス・クーンが『科学革命の構造』(みすず書房)の中で、その時代に固有な思考の枠組のことを「パラダイム」とよび、そこからとっていると説明したという有名な話ですね。(p78)》
 小田が紹介している今泉にまつわるエピソードは本書にも多々ありますが、僕が知る限りでも「尋常でない人」って言う印象があります。何故かどんな場所でもフォーマルな背広にネクタイ姿しかお目にかかったことがなかった。真偽のほどはわからないが、出版社の営業マンが別の会社の店を覗いていたら、今泉が棚の整理を黙々とやっていたとか、どうやら、休みの日にお客さんとして本屋に寄ったのに、自然と身体が反応して「今泉棚」つくりに精を出したということでしょう。営業マンに声をかけられ、ふと我に返った。あり得るエピソードです。他店で万引き犯が掴まってその若者が哲学好きとわかると、「哲学談義」を延々とやって若者が音をあげたとか。
 「過剰に真面目な人」かも知れない。そんな今泉が語る本だから、出版業界という狭い世界での出来事としてマニアックし過ぎて面白くないのではないかと言う懸念があっても、今泉という人物像がそんな懸念を吹き飛ばしてくれる。「セゾン文化」がポストモダンな実体のなさを感じるのに彼はとても人間臭い「アナログな男」だという印象がある。本書にそんな男の今泉がリアルに登場するわけです。
葉っぱのブログ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/24 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/31 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/22 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/17 08:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/22 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る