サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~第四弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 家事・暮らしの通販
  5. ダイエックス出版の通販
  6. ぼくのいい本こういう本 1998−2009ブックエッセイ集 2の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくのいい本こういう本 1998−2009ブックエッセイ集 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: ダイエックス出版
  • サイズ:19cm/336p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8125-3249-2

紙の本

ぼくのいい本こういう本 1998−2009ブックエッセイ集 2

著者 松浦 弥太郎 (著)

子どもにしかわからない味がする、ブルーノ・ムナーリの仕掛け絵本、開けば誰しも魔法にかかる本の話…。『暮しの手帖』編集長、書店店主、文筆家の著者が綴る、本を巡る旅第2弾。『...

もっと見る

ぼくのいい本こういう本 1998−2009ブックエッセイ集 2

税込 1,620 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子どもにしかわからない味がする、ブルーノ・ムナーリの仕掛け絵本、開けば誰しも魔法にかかる本の話…。『暮しの手帖』編集長、書店店主、文筆家の著者が綴る、本を巡る旅第2弾。『GINZA』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松浦 弥太郎

略歴
〈松浦弥太郎〉1965年東京生まれ。『暮しの手帖』編集長、「COW BOOKS」代表、文筆家。著書に「本業失格」「最低で最高の本屋」「くちぶえサンドイッチ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本のご加護を - ブック・ブレス・ユー2

2010/09/30 08:15

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ブック・ブレス・ユー」というのは、松浦弥太郎さんの造語でしょうか。
 アメリカでクシャミをするとそばにいる人が「ゴッド・ブレス・ユー(神のご加護を)」というらしい。それをもじって、「あなたに本のご加護がありますように」と、「ブック・ブレス・ユー」。
 松浦弥太郎さんのブックエッセイ集は、「そんな気分で、本から与えてもらった他愛ないぼくの仕合せやたのしみ」が綴られています。

 その「2」となる本書は、松浦さんが大好きな、というかもともと松浦さんは本屋さんであってこれは専門分野でもあるわけですが、ヴィジュアルブックについてのエッセイをまとめたものです。
 なかなかこの分野の本は、そしてそのほとんどは海外のものですので、馴染みがないのですが、松浦さんが紹介すると、なんだか面白そうだなと思ってしまうのですから、松浦さんの文章の魅力といっていいと思います。
 それは文章の巧さというより(もちろん松浦さんの文章はうまいですが)、本を愛する気持ちの発露が人をひきつけるのでしょう。

 「誰しも忘れられない人がいるように、自分にとって忘れられない本がある」と、松浦さんはいいます。「ぼくは長年、本屋なのだが、その前に一介の本好きであって、(中略)、ふと、それを誰かに聞いてもらいたくなる気分というのは、きっと読者もわかってくれる」はずと。
 わかりますよ、松浦さん。本の魅力はそんな、人に何かを伝えたいというものをもっていることではないでしょうか。本はそうして、人から人に伝わっていく。いい本はけっして消えることはありません。
 忘れられない人がいつまでも大切に心に残るのと同じです。

 松浦さんの、本についての文章がやさしくてあたたかいのは、やっぱり本を愛しているからだと思います。愛する人の手を、あなただって、邪険にはしないでしょ。それもこれも、「本のご加護」だと思いませんか。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/01 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/02 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/02 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/09 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ブックガイド・目録 ランキング

ブックガイド・目録のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。