サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 新潮社の通販
  6. ガラスの煉獄 女刑務官あかねの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ガラスの煉獄 女刑務官あかね
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-327321-9

紙の本

ガラスの煉獄 女刑務官あかね

著者 壇上 志保 (著)

受刑者が密かに発信した暗号文。あかねのアンテナが震えた。女子刑務所のガラス工房で、何かが謀られている…。あかねが立ち上げたその工房は、一人の天才受刑者トモの出現で上層部を...

もっと見る

ガラスの煉獄 女刑務官あかね

税込 1,728 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

受刑者が密かに発信した暗号文。あかねのアンテナが震えた。女子刑務所のガラス工房で、何かが謀られている…。あかねが立ち上げたその工房は、一人の天才受刑者トモの出現で上層部を色めきたたせた。ガラス製品の流通に見え隠れする北朝鮮の影。そして県警の絡む不可解な策動。思いもよらぬ「情報」が一瞬にして悲劇の引鉄をひいた。あかねは、トモとガラスを守り切れるのか…。元刑務官が描く女子刑務所、究極のリアル。戦慄のインテリジェンス長篇小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

受刑者が密かに発信した暗号文。あかねのアンテナが震えた。女子刑務所のガラス工房では、何かが謀られている−。元刑務官の著者が究極のリアリズムで描く、塀の内側、女たちの秘められた攻防戦!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

壇上 志保

略歴
〈壇上志保〉福岡県生まれ。元刑務官。長塚節文学賞大賞、木山捷平短編小説賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

道警の腐敗については色々な人が小説化しています。検察のあまりに政治的な動きも、最近目立っています。そして刑務所については、その暴力性だけでなく腐敗も問題視されています。現代の刑務官の犯罪を描いた最新の小説がこれ。

2011/10/14 22:27

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルはいただけません。これでは乱歩賞受賞作になってしまう。おまけにサブタイトルでしょ、二時間ドラマじゃないんだから、って思います。でも、ケチをつけるのはそこまで。著者名がいいです、壇上志保、決して若々しい新しい名前ではありませんが、こう、しっかり地に根を張ったというか、時流に流されない強さを感じさせます。小説がそのまま体現された、といってもいいかもしれません。

面白いのはカバーに使われている鹿目尚志のオブジェです。福田匡伸の撮影もあるのでしょうが、私は評を書くためにチェックをするまで、絵画というかイラストだとばかり思っていて、オブジェと書いてあったので、改めて目を近づけて確認したのですが、やはり精密な絵画にしか思えないのです。ま、せっかくのオブジェが絵にしか見えないことがいいかどうかは別の話ですし、カバー全体で見れば平均レベルを一歩も出ません。多田和博は、時々こういう装幀をしてしまいます。何だか勿体無い・・・

で、今回はいつもとことなり、出版社のHPから、著者情報をコピペしましょう。
                 *
福岡県生まれ。元刑務官。短編小説部門で多くの受賞歴を持つ。2002年、長塚節文学賞大賞受賞、2003年、らいらっく文学賞佳作、また2008年には木山捷平短編小説賞受賞。『ガラスの煉獄―女刑務官あかね―』は初の長篇小説である。現在は山形県在住。
                 *
相変わらず、女性作家となると生年を書かないというルールがあるのかもしれませんが、読者にしてみれば作家の力量を見るのに、年齢は必須の要素です。そこで、裏ルートを使って、というか別のキーワードでネット検索。以下の情報がわかりました。本名は、紺野真美子、1961年生まれ。山形県白鷹町在住。九州の大牟田市出身で、元刑務官。夫の故郷に転居して自営業のかたわら、40歳の誕生日をきっかけに小説を書き始めたそうで、01年の山形新聞の山新文学賞(短編小説)で準入選、02年の長塚節文学賞短編小説部門で大賞を受賞といいますから、もとも文才があったのでしょうし、刑務官として報告書を書いたことが、その力を養ったとはいえそうです。

そして文章力だけでなく、職場の経験が作品の内容にも活かされた、というのが今回の小説でしょう。文章には無駄がなく、硬質で、おまけに中身も硬いわけですから、読んで楽しむというわけにはいきません。流行の捻りのきいたミステリではなく、福田和代のようなドキュメンタリタッチのクライムノベルを思ってもらえば、大きな間違いはないでしょう。

全体は、第一章~第三章、最終章、あとがき、という構成で、舞台は女子刑務所である清川刑務所です。主人公の三上茜は、30歳の刑務官で、清川刑務所の作業課の係長です。容姿についての記述は少ないのですが、男っ気がないかといえば、そうではありません。私に言わせれば、パワハラ+セクハラではないか、と思われる状況で関係を持たされている相手がいます。

それが管区の作業課長で、茜の中等科の教官、妻と娘がいる元警官、木島浩二、49歳です。この男が登場するだけで私などはお腹がキリキリ痛んでくる、絶対に職場にはいて欲しくない人間です。その木島は、他人の都合を考える、などということが出来ない男で、自分で巡視スケジュールを立てては清川刑務所を訪れ、茜に情交をせまり、欲望を満たします。刑務所も暗いですが、人間関係も暗い。

茜の直接の上司・大河内は、木島に比べればまだいいかもしれません。清川刑務所の作業課長ですが、三年後に退職を控え、自分の退職金をあげることを企んで上にゴマをする以外は何もしないからです。とはいえ、ゴマすりに茜たちを利用するという点では、コズルイ。でもです、この手の人間はどこの職場にも掃いて捨てるほどいますから、許容範囲内。やはり木島がいやです。ちなみに、茜が木島を殺す、ということになれば桐野夏生『OUT』になって行きますが、このお話はそういう流れにはなりません。

刑務所内での茜の仕事のひとつに、受刑者の矯正教育を通じて社会復帰の実現ためのガラス工房の運営があります。受刑者が所内で行う作業は、様々ですがガラス作業は、人気があるもののひとつです。とはいえ、希望すれば誰でもその作業に就けるというものではありません。工芸作品ですから、丁寧さだけではなくセンスも必要です。共同で制作にあたりますから、協調性も求められます。

横川のガラス工房を支える筆頭が、鈴木トモです。継父とその連れ子である妹を刺殺して服役している、身元引受人もない40路を超えたばかりの無期懲役囚です。知恵遅れ気味なところがありますが、ガラス作業に天性の才能をみせます。彼女の手がけたものは、外部の評価も高いのですが、当人はそれを鼻にかけることもなく、ひたすら作業に集中しています。

もう一人が、金田洋子です。在日朝鮮人の二世で、姉夫婦の喧嘩に巻き込まれ、誤って義兄を刺殺してしまいます。事情を知る義兄の親族からも減刑を望まれたため、判決は七年と軽めです。手に職を就ける作業を希望し、ガラス作業をする人間に選ばれました。真面目な性格で、トモの作業をよく観察して勉強に励む姿は、まさに模範囚といえるでしょう。

彼らを陰で支えているのが横山満江です。彼女は誘拐殺人事件の共犯者で、刑務所に入って17年になる受刑者です。雑役と呼ばれる縫製作業の班長で、ガラス作業に材料を運んだりもしています。茜は彼らを励ましながら、品評会での上位をめざします。そして見事、彼らは栄冠を手にすることができたのですが、思わぬ事件が・・・

最後になりますが、出版社のHPに、「波」2010年10月号に載った池上冬樹の文章〈「刑務所」小説の、まさに白眉〉が出ています。そのなかに、そもそも刑務所を舞台にした映画は多くても、小説は意外と少ない。スティーヴン・キングの『グリーン・マイル』、ミッチェル・スミスの『ストーン・シティ』、ティム・ウィロックスの『グリーンリバー・ライジング』、日本では吉村昭の『破獄』、安部譲二の『塀の中の懲りない面々』ぐらいだろうか。
                 *
とあるのですが、? と思いました。松本清張の『無宿人別帖』は違うんでしょうか。或いは出版時期が解説が書かれた時期と接近していますがトム・ロブ・スミス『グラーグ57』は。そして数多くの収容所ものは? 収容所は刑務所とは違うというのは分かりますが、でもそれは厳密な定義上の話で、小説としては同義としてもおかしくはないかも。池上が間違うとは思いませんが、疑問は残ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/17 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。