サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

渋沢栄一の「論語講義」(平凡社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.9
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85546-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書)

著者 渋沢 栄一 (著),守屋 淳 (編訳)

「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢が、経営の柱として、人生の羅針盤として、終生手放さなかった「論語」を、西郷、大隈、山県らの思い出とともに語る。指針なき時代の道標となる不...

もっと見る

渋沢栄一の「論語講義」 (平凡社新書)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

渋沢栄一の「論語講義」

842 (税込)

渋沢栄一の「論語講義」

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢が、経営の柱として、人生の羅針盤として、終生手放さなかった「論語」を、西郷、大隈、山県らの思い出とともに語る。指針なき時代の道標となる不朽の名講義が、現代語訳で復活。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渋沢 栄一

略歴
〈渋沢栄一〉1840〜1931年。実業家。「道徳経済合一」を説き、470社近い企業の創設・発展に携わり、日本経済の礎を築く。著書に「論語と算盤」「徳川慶喜公伝」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「論語」の名演奏を聴いた。そんな味わいの読後感。

2010/09/24 14:37

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

近頃、魅力の新書を読みました。
それを紹介しようと思うのですが、
さて、どうはじめたらよいのやら、
楽しい悩みを味わっております。
まずは、こんなはじまりを思いつきました。

「論語」というと、読みたいけれども、歯がたたない古典。
下手に解説書をひらけば、チンプンカンプン。そんな霞みがかかったような、なんとも、手を出しにくいというイメージが、私にはあります。
それが、この新書を読んで、めでたく解消。
古典というより、そのよき演奏者にめぐりあえた手ごたえ。
名奏者をえて、新鮮な楽曲「論語」を聞くことが出来た。そんな読後感があります。

こんなことを縷々(るる)述べるよりも、
百聞は一見にしかず。以下数箇所引用して、読書家諸氏への興味をお誘いしてみます。

この新書は、渋沢栄一が数えで84歳から86歳(1923~1925)までかけて語り下ろした『論語講義』であり、講談社学術文庫で全七冊もある大著。それを編訳の守屋淳氏が、すっきりと新書サイズに納めたもの。野暮な感想を交えずに、簡潔に、その講義の音色を味わわせていただける。すぐれた新書となっております。

さて、渋沢氏の晩年はどういう時代だったのか。守屋氏の解説によると、
1906年にサンフランシスコでの児童修学差別。
1913年には帰化不能外国人(実質的に日本人)の土地所有禁止に関する法律制定。
1924年には排日移民法が制定。

その際「渋沢栄一は、この日米関係の悪化に心を痛め、数え年で70歳、76歳、82歳と3度にわたって渡米、両国の親善に尽くした。こうした行動が評価され、栄一は1926年と27年にノーベル平和賞候補となっている。」(p61~62)

このころを振り返って口述した渋沢栄一氏の講義の箇所を引用していきます。

「大正4年11月、大正天皇即位の儀式が京都で行われるのは、滅多にない大きな祭典であるため、ぜひ参列の光栄にあずかりたいというのが、わたしの強い望みであった。しかし当時、わたしはすでに76歳の老齢となり、このうえ長い余生がある身とは思えなかった。こう思うにつけ、この残り少ない余生を、少しでも国家の利益になるように使って、一生を終わりたい、というのがわたしのささやかな望みであった。・・・参列する光栄を捨てて、その年の10月下旬に横浜港を出帆する汽船に乗って、渡米・・・わたしの渡米が多少なりとも日米両国の国交親善に貢献できるところがあれば、話は別だ。身体が老いているとか、または即位の大祭典参列の光栄に浴したいと思うなど、自分の都合ばかり考えていては、本章にいう、『みなのためであると知りながら行動をためらうのは、実行力に欠けている証拠である(義を見て為さざるは、勇なきなり)』という批判を免れることができず、孔子のお叱りを受けなければならなくなってしまう。わたしは、孔子の説かれた『論語』によって、いつも振舞い方を定め、進退や去就を決める基準としている。だから、わたしの渡米が果たして思っていたような効果があるかどうか、あらかじめ見越せないとしても、成功や失敗を考えず、一身の利害を顧みず、とにかく急いで翌年春のカリフォルニア州議会の開催前に渡米しようと考えた。・・・」(p59~60)


この数ページあとの論語講義には、こんな箇所も。

「特に、若い気力の充満しているみなさんが、一にも円満、二にも争いをさけようという気持ちで、世に打って出ては、どうしても卑屈になってしまうだろう。老人はともかくも、若いみなさんは、他人の顔色ばかりうかがって争いを避けようなどとせず、争う所はどこまでも争ってゆく決心を胸に抱くことが必要なのだ。この決心がなければ青年は死んだも同然である。やたら人に屈従せず、よく他と争って、正しい勝ちをものにするという精神があってこそ進歩や発達は訪れる。反発心のない青年は、たとえば塩の辛さが抜けたようなもので、どうしようもない。・・・・この覚悟がなければ、青年は決して世の中に出て成功するものではない。」(p64~65)

さて、この講義をした、肝心の「論語」の言葉はどういうものだったのか。
その箇所。

孔子が言った。『君子は、人と争わないものだ。しいてあげれば弓の競技ということになろうか。射場にのぼるときも降りるときも、互いに会釈して先を譲りあう。競技が終わると、勝者が敗者に罰杯を差し出す。これこそ君子の争いにふさわしい』(p62)

むろん読みどころは、まだほかにも。
大久保利通・西郷隆盛・木戸孝允・勝海舟を並べて評している箇所があったり(p52~53)。論語の名演奏者にふさわしい、登場人物の顔ぶれとなっております。

なお、渋沢栄一ご自身の「論語総説」を、新書の最後にもってきた配慮も、余韻に深みをあたえております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/07 07:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 05:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/18 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/14 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/28 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む