サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 脳天気にもホドがある。 燃えドラ夫婦のリハビリ日記

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

脳天気にもホドがある。 燃えドラ夫婦のリハビリ日記

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-04399-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

脳天気にもホドがある。 燃えドラ夫婦のリハビリ日記

著者 大矢 博子 (著)

脳出血で倒れ、右半身麻痺と失語症のリハビリと闘う夫との日常を描く。自分が倒れないための本音の介護情報が満載。笑えるエピソードもてんこもりで、リハビリしている人も、してない...

もっと見る

脳天気にもホドがある。 燃えドラ夫婦のリハビリ日記

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

脳天気にもホドがある。

1,123 (税込)

脳天気にもホドがある。

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

脳出血で倒れ、右半身麻痺と失語症のリハビリと闘う夫との日常を描く。自分が倒れないための本音の介護情報が満載。笑えるエピソードもてんこもりで、リハビリしている人も、してない人も、読めばみんな元気になる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大矢 博子

略歴
〈大矢博子〉1964年大分県生まれ。書評家・コラムニスト。『小説推理』『本の雑誌』など多くの新聞・雑誌にブックレビューやコラムを掲載するほか、文庫解説多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

名古屋よりお届けする...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

名古屋よりお届けする地元関連のローカル書評 第四弾!
この本は闘病記には違いないのですが、愛と感動の物語ではありません。
まるでサブカルのエッセイのよう。
リハビリや日常生活も詳細に書かれていて実際は大変だったと思いますが、
タイトルどおり能天気、苦労を感じさせません。
ちょっと日常に疲れている人には、著者の姿から元気を。
ドラゴンズ・ミステリー・鉄道・自転車の好きな人には、
マニア心をくすぐる笑いを。
そんな読後感を与えてくれる一冊です。

医学書担当 小引

ジュンク堂書店那覇店

ドアラが絶賛?! ...

ジュンク堂書店那覇店さん

ドアラが絶賛?!

急な脳出血で倒れた夫を「愛」の力で支える妻
そんな2人が描く心のこもったエッセイです。

障害を抱えた方、介護に従事する方、
全ての人に読んでもらいたいエッセイとなってます。

一方そのころドラゴンズは・・・?
(那覇店 医学担当)

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/12/25 09:02

投稿元:ブクログ

闘病記も、もともと人を楽しませる文章で食っていたプロにかかるとこうなるのか、という見本ですね。
患者は旦那さんで著者は介護する家族です。病気が嬉しいものであるはずがなく、後遺症は重篤(右半身の麻痺と失語症)でしたが、病気&傷害=不幸ではないことがビシビシ伝わってきます。
そして、突然の大病に対して有効なのは「知識」「ネットワーク(仲間)」「収入」の3本柱だと感じました。

2010/11/02 21:52

投稿元:ブクログ

闘病リハビリ日記。おそらくこういう立場になってしまった人が読めば役に立つし、励まされる点が多いと思います。だけど「励ます」といってもおためごかしな雰囲気はぜんぜんなくて。そりゃね、介護も大事だけど。何もすべてを犠牲にする必要なんてないんですよね。
そして「なまもの!」読者にとっては面白ーく読めるエッセイです。もちろん、今はかなり元気にされてるってのを知っているからこそ笑って読めるんですけどね。野球ファンではなく鉄道ファンでもない私ですが、はい、充分に面白かったです。これは続編も読みたいぞー(あとがきのオチは「なまもの!」読者には周知ですが。あまりにできすぎなシチュエーションですよ)。
みほろさんのほのぼのカットも満載。「なまもの!」読者はもちろん、Ayalist読者も、身内にリハビリ必要な人がいる方、いないけどいつかはなってしまうかもな方、とにかく万人にお薦めです。

2011/04/07 01:32

投稿元:ブクログ

好きなことが力になる。夫婦共にうちと同世代だから、身につまされる・・・・はずだが、やはり笑える。前向きに、ユーモアを持って取り組んでいくこと。友人知人や環境に恵まれた夫婦だからこそだろうけど、そういう人間関係を築いてきたのもこの人達の力だ。

2011/05/15 12:14

投稿元:ブクログ

授業の課題のために読んだのだけど、
奥様の明るくポジティブな姿、すてきでした

体験記としても読みやすく参考になります。おすすめ。

2013/06/13 18:54

投稿元:ブクログ

脳出血で倒れて右半身麻痺と失語症になった夫との闘病、リハビリ生活を描いた体験記。
著者は書評家でもともとユーモアに溢れた文章を得意とするので、かなり深刻な状況なのに悲壮感が感じられず、笑いながら楽しく読めてしまう。家族が倒れたときに必要となる手続きや実務的なノウハウも満載。リハビリには趣味が大きな力となることがわかった。
しかし軽いノリで書かれてはいるが、著者がたいへん献身的に介護していることが伝わってくる。二人の幸せを祈りたい。

2011/02/17 22:53

投稿元:ブクログ

いや、普通に笑って読めばいいんだろうけれど、実際には大変だったんだろうなぁ。「なっちまったものはしょうがない」て状況を的確(!?)に判断して即応していく姿は素晴らしい。「いざ」という時の役に立つかどうかは判らないけれど…関係者全員に幸あれ!

2011/10/13 01:29

投稿元:ブクログ

中日ドラゴンズファン夫婦の闘病記録。
もともと作者の書評サイトを長年見ていたので、評価が少し甘いのはそのせい。

作者のクセというか表現方法には慣れていたので、一気に読んでしまった。
あと、医療現場で働いているから読みやすいというのもあるけど、でも一般の人が読んでもとても読みやすいと思う。
野球に興味がなかったらどうかはわからないけど…。

作中ではあえて悲壮感などを押し出さずに書ききっているけれど、本当に献身的に面会し、看護・介護されていたことが伺える。

趣味があるって、救いになるね。

2012/10/02 17:13

投稿元:ブクログ

すごい形の闘病記だなあw
表に悲壮感が全く現れていない。
こんな風に前向きに大概のことは笑い飛ばしていきたいものだ。

2011/09/05 00:13

投稿元:ブクログ

昔、まだインターネットがこんなにも普及していなかったころ
パソコン通信なるものがあり
掲示板みたいなものと思って貰えばいいんだけれど
その中のひとつニフティサーブというものを利用していて
主に自転車の会議室にどっぷりはまっていた時期があった
1990年代の後半頃のこと

自転車という大きなくくりの中に、ロードやマウンテンバイクなどと
細分化された括りの会議室があり、地域別の会議室などもあった
パソ通自体もそんなに誰もがやってるものでもなく
ましてや若い娘(27歳〜30歳くらい)はもっと少なく
パソオタ気味のおっさん中心の会議室の面々に
まあ可愛がって貰っていたわけだ
当時から新聞連載を持っていたので
多少は文章が書けた、というのも理由かもしれんが
何しろテキストベース、顔は見えない世界だ
27歳女子だ、かわいがるだろう普通

自転車の会議室なんで、そのうちツーリングしようという
オフ会話が盛り上がり、実際に会議室のメンバーに会った後では
サルというあだ名がつけられたタカクラの位置は微妙に変わっていた
そんな事はもう忘れたが

そんな会議室で、飛び抜けて面白い文章を書く人がいた
年の頃は同じくらいの女性だ
面白いだけでなく時折会議室で持ち上がる議論にも加わり
ずばっと自分の意見を述べたり、歴史に詳しかったり
いったい何者なんだろう1?と思うくらい、その人の書き込みは
燦然と輝いていたのだった

そして会ってみるとイマドキ(当時のね)のボディコンスーツに
身を包んでバシっとメイクも決めた美人で巨乳のお姉さんだった
こちらはスッピンのモンチッチ
年はひとつしか違わないのに
あんな面白い文章書いて、そのうえオシャレ人間(BY 海月姫)
なのにそのオシャレ人間の中身はサバサバとしていて漢(おとこ)だった
そりゃあ憧れるだろう普通
会議室では彼女のことを姉と呼んで慕い尊敬していた
そしてちょっぴり憎んでいたのだった

やがて彼女が名古屋に嫁いで
私も結婚し自転車の会議室からも遠ざかったけれど
彼女がたちあげたミステリ書評サイトでの活躍は
眩しく見つめていたのだった

その彼女の初の著書が

「脳天気にもホドがある。」
サブタイトルは
「燃えドラ夫婦のリハビリ日記」
(東洋経済新報社)
著者は大矢博子さん

彼女のダンナさんが脳出血で倒れ
その後の1年間をまとめた本だ
帯の背表紙部分に書かれている通り
「お笑いリハビリ日記」
である

彼女のダンナさんは筋金入りの鉄オタ自転車オタ
パソオタ、ドラゴンズオタだ

脳出血の後遺症で失語症になったダンナさんは
嫁の名前は言えなくても
「クモハ」という電車の名前は出て来るという

そんなような介護エピソードも笑いが満載で
あと夫婦でドラゴンズファンだから
ドラゴンズの動向も頻繁���挟み込まれる
どんな介護日誌やねん、である

同様の脳卒中関係の患者さんやご家族には
とっても役に立つ実用知識もたくさんあり
何より元気になれると思います

名古屋の書店ではドラゴンズのコーナーに置かれてるらしい
(もう一度、どんな介護日誌やねん)

おすすめです

2014/05/26 02:11

投稿元:ブクログ

立浪引退〜開幕投手浅尾とか今読むと懐かしいのう…もっと中日ネタが多めでも良かったけどその分御夫婦が微笑ましいので(笑)著者の実体験としてこのような事態に陥った場合は体験記、闘病記のたぐいよりも病気自体の専門書を読んだとあるのが実はツボった(苦笑)

闘病記・手記 ランキング

闘病記・手記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む