サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本は世界4位の海洋大国(講談社+α新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/10/21
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-272681-8
新書

紙の本

日本は世界4位の海洋大国 (講談社+α新書)

著者 山田 吉彦 (著)

「日本の海」には化石燃料、レアメタル、ウランなどの鉱物資源、食料となる水産資源など、日本人が豊かに生きる糧が眠っている。この海の魅力と海洋開発の技術革新についてわかりやす...

もっと見る

日本は世界4位の海洋大国 (講談社+α新書)

税込 922 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「日本の海」には化石燃料、レアメタル、ウランなどの鉱物資源、食料となる水産資源など、日本人が豊かに生きる糧が眠っている。この海の魅力と海洋開発の技術革新についてわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

中国の5倍の海! 今資源大国になる日本の凄い未来!!
技術革新で資源問題と食料危機が完全解決!!
国内消費量94年分のメタンガスをはじめ、海中ウラン、レアメタルの採掘が確実に!!

領海とさまざまな経済的な権益をもつ「排他的経済水域」を足した面積において、「日本の海」は世界6位の広さを誇る。しかも、日本海溝など深い海もあるため、海水量、すなわち海水の体積で見ると世界4位の海洋大国であることを、皆さんはご存じだろうか。そして、そこには、化石燃料、レアメタル、ウランなどの鉱物資源、食料となる水産資源など、日本人が豊かに生きる糧が眠っているのだ。また、日本の海は世界一の種の宝庫でもある。世界中の海に生息する生物のうちの14.6パーセント、実に33,629種の生物が、日本の海で確認されている。これはどの海域よりも多く、日本の海の大いなる可能性を物語っているともいえよう。

●日本がもつ世界4位の海水量
●原発500年分のウランが毎年
●海底熱水鉱床の鉱物とレアメタル
●94年分の天然ガスが眠る海
●尖閣諸島周辺の700兆円の油田
●世界最先端を走る海洋温度差発電
●日本沿岸は「世界三大漁場」
●9時5時で年収1000万円の漁師
●海の農地でバイオ燃料を
●陸の50倍の資源を活かすために【商品解説】

目次

  •  

著者紹介

山田 吉彦

略歴
〈山田吉彦〉1962年千葉県生まれ。埼玉大学大学院経済科学研究科博士課程修了。東海大学海洋学部教授。経済学博士。海洋政策研究財団客員研究員。著書に「日本の国境」「海のテロリズム」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

『海』の重要性を知るきっかけ。傾聴必須の一冊

2011/03/20 22:02

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

講談社+α新書刊の『日本は世界第○位の○○大国』シリーズ第2作。

このシリーズは、知っているようで意外と知られていない日本の特徴や話題に焦点をあて、一般知識としての情報提供から、主題にまつわる問題提起までを詳述した書籍である。
著者は作品ごとに異なっており、テーマごとに各分野を専門とする者の手で執筆されていることも特徴だ。

本作の焦点は『海』。
世界的に見て国土の狭い日本だが、陸だけではなく海洋を含めると、実は「大国と表現しても良いほどの広大な面積(容積)を保有している」とされている。

より具体的には、日本の領海と、経済的権益を保有する排他的経済水域とを足した面積では世界第6位、同領域における海水量(体積)で比較すると第4位の「大国」であり、面積が小さいゆえに各産業面や資源保有量で他国に劣後していると見なされがちな日本は、一方で豊富な海洋資源を潜在的に有しており、それらを活用することで、更なる成長可能性を秘めている、という著者の持論が展開されている。

本作は全4章立てであり、第1章は海にまつわる用語説明や歴史的経緯、海洋資源に関する一般的な知識についての解説、第2章では海洋資源うち鉱物資源の活用やそれを巡る各国の動きの解説、第3章では海洋資源のうち水産資源についての基本知識とその活用にかかる国内の取り組みの解説、結びの第4章ではそれら豊富な日本の海洋資源を巡る領土問題について解説されている。


全編読み終えた後の感想としては、各章とも一般に馴染みの薄い用語等の解説を終えた後で著者の持論が述べられていることから、知識のない者が読んだ場合でも腹に落ちやすい。

元々、著者は海賊問題の歴史的経緯や国境問題を含む離島問題こそ専門であるが、専門外の海洋資源・水産資源にかかる積極活用を、今後の展開への期待という形で各種解説を加えているため、多種多様で広範にわたる内容が面白く、また、大変に分かり易い。

また、著者の専門分野についても、本人にとっては今更な領土問題に関して、簡潔ながら逐次解説が記されており、全体的に読みやすさを意識した作品となっている。

『日本は世界第○位の○○大国』シリーズ共通の特徴であるが、「主題についての知識を、読者が有していない」ことを前提に執筆された作品であるため、例えば中学生・高校生程度の理解力でも、十分に内容理解が可能となっている。
見方によっては、そういった低年齢層にこそ意識を持って欲しい主題であると言えるかもしれない。

これは本作の最大の特長でもあるが、近年問題が深刻化している領土・領海問題について、終章である第4章で取り上げられていることからも、著者の取り上げたい主題の在り処が明白と言えよう。

作品冒頭で領土問題に簡単に触れつつ、その領土問題の重要性を説明するための手法として、歴史的経緯や政治・外交問題をその切り口とせず、敢えて海洋資源・水産資源の有用性を焦点に作品を構成している点からも、『話の焦点はどうあれ、領土問題について知識と関心を持って欲しい』という著者のメッセージ性の強さを感じる。

たまたま私は北海道出身ということで、特に北方領土問題についての歴史的経緯を知ってはいるが、そういった事情がなければ、領土問題について知識を持つ層はそう多くはないだろう。

対外的な問題から、日本は諸外国ほどには、自国の領土防衛に繋がる歴史教育を国民に施せずに今日に至っており、『尖閣諸島や竹島問題、北方領土問題は何が問題になっているのか』ということを尋ねられた場合に、正確な回答を出来る人は小数に納まる状況と断じても良い。

しかし、日本と諸外国とで争っている領土問題については、少し調べるだけでも、領有権を主張するに十分なる根拠を有していることが分かる。
人によっては意外に感じる話かもしれないが、しかるべく国際司法裁判所にて相手国と係争したならば、日本の勝率が高い案件という表現の仕方も可能だ。

勿論、国益が絡む話とはいえ、元々関心の薄い中『領土問題に関心を持とう!』と声高に叫んだところで、恐らく国民の関心は高まるまい。
昨年発生した尖閣諸島沖での巡視船衝突事件などは好例であり、当時は大きな話題となったが、その注目が必ずしも持続しているとは言えない状況でもある。


そうした中にあって、本作は必ずしもナショナリズムを煽ることを目的にはしていない。
ただし、領土問題という、ある側面からは外交問題に直結するテーマについて、政治的な問題から話を切り離し、豊富な資源を有する領域としての海洋を取り上げることで、読者のより強い関心を高めたいという狙いは十分に伝わってくる。

例えば『北方領土は日本の領土だ。だから守ろう』と一方的に言われたところで、関心を抱き辛いのが実情であるが、『日本の海には豊富な資源があります。今後活用も期待できます。だから海に注目しよう』と言われれば、なるほど少し勉強してみようか、と意識を促されることもあるだろう。

ここで話が巧みなのは、日本の海に注目し、その鉱物資源・水産資源の豊富さを知った後には、必ず上述の領土・領海問題に話が突きあたることであり、最初はどんなに関心のなかった人も、最終的には領土・領海問題の本質を学ばざるを得ない。
付言すれば、資源の豊富な海について関心を抱いた者は、必然、領土・領海問題にも関心を抱かざるを得ない。

著者の狙いはどうあれ、作品を読了すると、最終的には『日本は世界第4位の海洋大国』という事実よりも、「第4位の海洋をいかに活用し、いかに守るか」ということの方がより重要であることを理解させられ、また、その事実に対して、自然と関心を高められる内容となっている。


敢えて作品の難点を挙げるとすれば、章立てから見る外形としては「海洋資源・水産資源は有効活用できる。今もしている」点に対して期待の高まる構成であるが、実際に中身を読んでみると、コストの問題や技術的な問題から、「海洋資源・水産資源を真の意味で有効活用するには、まだ時間とコストが必要」という大きな課題が浮き彫りにされている。

つまり、「1:へえ~海洋資源等は有効活用できるんだ(本作)→2:でも、その資源を巡って日本の海が脅かされているの?(領土問題への関心)→3:皆で日本の海を守ろう!(国民意識の醸成)」という流れを仮に目的にしていた場合に、「1:」でその目論見が崩れ去る可能性が高い。
例えば第3章の水産資源についての内容は、私も見知っている内容であったが、自分の知りうる知識の範囲でも、また、本作の内容を読んでも、声高にこの点を強調するには、根拠の土台が緩いのが実情だ。


評するに、本作は『海』の重要性を知るきっかけになり得る作品である。
傾聴必須の一冊であり、一読の価値は大いにある。

無理なく読み進めることのできる作品なので、本作は一般教養を身につけるという意味で、幅広い読者にお奨めしたい作品といえる。

ただし、タイトル通りの内容を期待すると、肩透かしに遭う可能性は高い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「世界4位の海洋大国」日本。無尽蔵の富が埋蔵されている日本近海は国民の財産だ

2010/12/25 17:17

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本は、国土面積が世界61位であるにかかわらず、領海・排他的経済水域(EEZ)の面積は世界第6位、そして海岸線の長さも世界第6位である。

 だが、海を「二次元の面積」ではなく、「三次元の体積」でみると、日本の海はなんと世界4位である! 体積でみたら 1,580立法キロメートル、中国のなんと5倍。日本がまぎれもなく「海洋国家」であり、しかも「海洋大国」であることは明らかなのだ。

 しかもその「世界4位の海」には無尽蔵の富が埋蔵されているのだ。国内消費量94年分のメタンハイドレードが海底や砂層の孔隙に存在するのをはじめ、黒潮は一年間に原発500年分の海中ウランを運んでくる。そしてまた海底熱水鉱床にはレアメタルが確実に存在する。あとはこれらをどう捕集し、採掘し、利用するかにかかっているのだ。
 また、世界三大漁場である日本の沿岸漁業は、栽培漁業である養殖とあわせると、日本人の食生活を今後も支えていくことができるのである。
 人口減少による衰退が懸念されている日本であるが、視点を海に向ければ、かなり明るいことがわかってくる。
 
 これらの無尽蔵の富は、われわれ日本国民に天から与えられた大きな財産である。であるがゆえに、この財産を虎視眈々と狙う不法者が近隣諸国に存在するのは不思議でもなんでもない。
 紛争となっている尖閣諸島だけでなく、竹島、沖ノ鳥島、肥前鳥島、北方領土も含めた離島の存在の理解を深めることが必要だ。離島こそ日本の生命線と捉え、離島を死守することこそ、近隣諸国におかしな考えをもたせないようしなくてはならない。著者はそのための方法論を提案している。
 海洋政策、海洋安全保障、現代海賊問題、国境問題および離島問題の研究を専門とする著者は、「海に守られた日本から、海を守る日本へ」の意識転換を日本国民呼びかけている。

 どうしても「島国」意識が抜けず、関係者以外は「海洋国家」意識をもちにくい日本であるが、日本の海を政治経済の観点から知るための入門書として一読することを奨めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

研究者肌の方向け

2010/12/15 01:35

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうじ・1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の弱みでは無く、日本の強みである海洋資源について書かれている。
この本を読むと現実はもっとずっと進んでいて、
長期ビジョンを持って書かれているのがわかる。

本書では海洋資源の可能性について多くの部分がさかれ、近年竹島問題や
尖閣諸島問題で領土問題を取り上げる意味がうなずける。

一般人が読んでも概要しか計り知れない為、研究者肌の方に読んでもらいたい本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/08 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/30 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/28 08:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/25 03:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/16 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/16 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/19 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/16 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/27 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/23 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/18 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/06 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。