サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03590-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史 (光文社新書)

著者 輪島 裕介 (著)

【サントリー学芸賞(第33回)】明治の自由民権運動の中で現われ、昭和初期に衰退した「演歌」が、1960年代後半に別な文脈で復興し、やがて「真正な日本の文化」とみなされるよ...

もっと見る

創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史 (光文社新書)

1,026(税込)

創られた「日本の心」神話~「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史~

617 (税込)

創られた「日本の心」神話~「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史~

ポイント :5pt / 紙の本より409おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【サントリー学芸賞(第33回)】明治の自由民権運動の中で現われ、昭和初期に衰退した「演歌」が、1960年代後半に別な文脈で復興し、やがて「真正な日本の文化」とみなされるようになった過程と意味を、膨大な資料と具体例によって論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

輪島 裕介

略歴
〈輪島裕介〉1974年金沢生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学)博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員を経て、国立音楽大学、明治大学他非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店

学者としての良心に裏打ちされた、緻密にしてスリリングな歴史叙述の妙

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店さん

 「借り物の洋楽風ポップスや日本語ロックなどの折衷的な音楽ではなく、演歌こそ日本人の(もしくは東アジア人の)心の源であり、真のルーツミュージックだ」云々といった類の物言いは、今でこそさすがにあまり表立って声高に語られることこそなくなったけれども、かつて昭和の終わり頃くらいまでは、まだけっこうそれなりに根強く流布していて、各種メディア上でちらほらと目にする機会があったように記憶している(例えば晩年の中上健次の都はるみへの執着ぶりや、美空ひばりの突然の〈復活〉とそれにまつわる様々な言説などを思い起こしてみても)。
 10代の前半頃からもっぱら洋楽と、洋楽の影響の色濃い日本語ポップスの圏域でどっぷりと音楽漬けの日々を送ってきた筆者のような者にとっては、そうした言説に触れるたびに、どうにもいぶかしく承服し難いという思いと、それとまた裏腹にどことはなしに後ろめたいような微妙な引っかかりも一方では感じられて、何ともすっきりしないまま、ただもやもやと苛立ちをつのらせるのが常であった。
 本書は、おそらくは筆者と同様、永年そうしたもやもやを抱えて過ごしていたであろう多くの人たち───AMAZONレビューをちらとのぞいてみただけでも、その声の多さは実感できるが───にとっては、まさに溜飲の下がる思いのするあざやかかつ綿密な「神話崩し」の書であり、また戦後の日本社会の精神史の一断面を描いた読み物としてもすこぶる興味深く、色々な意味で示唆に富む労作である。

 今では当り前のように「演歌」として認知されている種類の音楽も、その主だった特徴とされる要素は実は最初からそれほど確固として存在していたわけではなかった。昭和30年代当時、戦後の復興期を経て、新たなメディアの隆盛とともにその基盤を大きくひろげつつあったレコード歌謡業界のプロデューサーや職業作曲家たちが、国の内外・新旧を問わず種々雑多な音楽要素をはなはだ無節操かつ恣意的につぎはぎして作り出していった流行歌の数多くのスタイルのうちの、やや特殊な変種のいくつかが、他と比して似たような傾向や色合いをもつものとして徐々にひとまとめにくくられていった、というのがそもそもの実情のようである。過度に強調される〈日本調〉、〈田舎調〉の雰囲気も、要は当時流行であった「ムード歌謡」や「リズム歌謡」、「ジャズ調」や「GS調」などの〈都会〉志向で〈洋モノ〉っぽい───あくまで「っぽい」というだけのことなのであるが───楽曲イメージへのいわばイメージ戦略上の対抗軸としての意味合いが大きく、多分に作為的な演出意図のうかがえるものであった。
 では、そのように元来がきわめて雑種的・折衷的な出自をもつ戦後流行歌の世界における、ある一部の楽曲の曖昧でおおざっぱな〈くくり〉でしかなかったはずの「演歌」───この呼称じたい実は当時は存在せず、あとの時代に作られて過去の楽曲や歌い手にもさかのぼって適用されるようになったものである。ちなみに明治・大正期の「演歌=演説歌」は名称だけ同じ別物───が、いったいなぜ、どういう因果から、「はるか昔から脈々と歌い継がれてきた日本人の(あるいは東アジア人の)心」、「真正な日本の伝統」などといった、音楽学的にも、歴史的経緯をみても、端的にいってどうみても誤りであるような修辞や文脈とともに語られるようになっていったのか。わずか10数年ほどの間に生じたらしいこうした不可解な状況変化の陰にある、戦後日本の大衆社会の心理的推移とも密接に絡み合った入り組んだ導線のひとつひとつを、著者はその前史から順を追って丁寧に解きほぐし、読みといてゆく。

 結論からいうなら、そこにはまず何よりも最大の要因として、60年代後半に台頭したいわゆる「新左翼」系の対抗知識人・文化人による、〈演歌〉をめぐるいささか荒っぽい言説上の介入と概念構築があった。
彼らは、少なくともその時代には傍流・周縁に位置する泥臭い「下級文化」であり、巷になお残る軍歌や戦前の流行歌・俗謡などの残滓ともども、戦後をリードしてきた進歩的エリート知識人層からはあからさまに侮蔑的な扱いを受けていた〈演歌〉を、むしろそれゆえにこそ日本の下層民衆の真正な(=西洋・アメリカ文化帝国主義に毒されていない)心情や情念を掬い上げ、代弁し得ているはずだ、とする逆転の論理で半ば強引に称揚し、肩入れしていったのである。そのような過剰にバイアスのかかった言論にもとづく作為のうえではじめて、〈演歌〉は他とは違う独自の存在として固有の枠組みを与えられ、アイデンティティーを認められるようになっていく。五木寛之の小説『艶歌』は、まさにこうした「対抗」概念を、物語の構造のなかでわかりやすく図式化=定型化したものといえるであろう。

 竹中労、森秀人あたりに始まり、五木寛之、相倉久人、平岡正明にまでいたる、非・中央論壇的で一癖も二癖もある個性的な言論人による一連の挑発的な発言には、実際それなりの面白みと迫力があり、あの時代の空気のなかでは一定以上の説得力も持ちえたのであるが、連合赤軍事件後の70年代前半の急速な時代潮流の変化のなかで、その政治的先鋭性の部分に関してはもはや幅広い共感を獲得することはできなくなっていく。その一方で、彼らの言説中の「逆転の論理」の文脈に内包されていた俗流民族主義的で土着回帰的な「反近代」志向は、〈演歌〉というカテゴリーが一般社会に認知され、大衆化していく過程で、曖昧で情緒的な「ディスカバー・ジャパン」的な心性との結び付きを強めてゆく。毎年暮れの恒例行事として定着した『紅白歌合戦』や『NHK歌謡ホール』系歌番組における演歌および演歌歌手の重用がそうした傾向に拍車をかけ、いつしか演歌はいわばNHK公認の「国民歌謡」のようなポジションを獲得していくにいたるわけだが、その反面、ジャンルカテゴリー成立時の何よりのアイデンティティーであった「やくざ」的な「アウトロー性」、「反社会性」といった側面は───もともとそれ自体かなりの程度フィクションであったにせよ───きれいに拭い去られてゆくことになる。
 そしてその行き着いた果てが、本書冒頭でも引用されている、「演歌ジャンルの衰退」を枕に「万葉以来つづく叙情の伝統の喪失」を嘆いてみせてしまう某著名宗教学者の事例に象徴されるような、もはや曲解を通り越した倒錯にも近い認識パターンであり、またそれがそれなりの根拠と権威をもった「定言」として受けとめられてしまう、笑うに笑えない事態というわけだろう。

 膨大な資料を駆使し、厳密な実証性を保ちつつ、時に皮肉やウィットも盛り込んだ著者の硬軟おりまぜた小気味いい語りの妙と、ジャンルをまたいだ分厚い音楽知識に裏打ちされた精緻な楽曲分析の数々に膝を打つことうけ合いの「サントリー学芸賞」受賞作。

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

よくぞ書いてくれた、というタイプの一冊

2015/08/31 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コイケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「演歌は日本人の心」みたいな言い方に以前から疑問を持っていた僕にとっては、
よくぞ書いてくれた、というタイプの一冊でした。
しかも時系列に沿ってすごく詳細に分析してあるので、
半端じゃない説得力があります。超オススメ。

フラットな立場で書いているようでいて、時折絶妙にチクリと毒舌をかますのには笑えました。
かぐや姫の『神田川』、THE BOOMの『島唄』とかに対してね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

存在の曖昧な対象

2011/08/26 11:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る


「演歌」をめぐる論考なのだが、恐れ入るデキのよさ。そも「演歌」は川上音二郎の『オッペケペ節』などに」代表される演説の歌。それが、いつ、いかにして日本人のソウルミュージックになったのか。意外なことに新しく「一九六〇年代後半」のことだそうだ。

「演歌」というと耐える女、忍ぶ恋だのステロタイプを想像しがちだが、作者はその領域の広さを指摘している。人の数だけ演歌があるわけだし。演歌より流行歌。歌謡曲ではないかと。それじゃ余りにもフラット化してしまうか。洋楽もしくは洋楽的なもの-ポップス-が「健全」戦後アメリカナイズドされた表文化なら、演歌は「対抗文化」懐かしのカウンターカルチャーだと。

もっとも歌謡曲創世記から音楽学校で正統な音楽教育を受けた層と自己流でいわば草の根出身の層と二極分化され、互いに刺激しあってしてきたのではないだろうか。階級闘争とかいうと平岡正明っぽくなるが。

意外だったのは竹中労が『美空ひばり』を刊行したとき、美空ひばりの存在が文化人から蔑まれていたということ。島田紳介がマル暴とのつきあいを取り沙汰されて引退してしまったが、遡ると美空ひばりに行き着く。

作者は演歌をこのように定義づけている。

「「演歌」とは、「過去のレコード歌謡」を一定の仕方で選択的に包摂するための言説装置、つまり「日本的・伝統的な大衆音楽」というものを作り出すための「語り方」であり「仕掛け」であった、ということです」

もやもやしたもの、人によって厳密にいえば異なるのだが、あるネーミングで串刺しすれば、きわめて便利、重宝。「演歌」もそのタームの一種であると。艶歌、怨歌、援歌という括りもあったなと。

若者の歌は、フォークソングからニューミュージックとなり、J-POPと呼ばれるようになった。意味するものは、それぞれ異なるかもしれないが、演歌の対極というポジショニングは変わらない。

かつてとんねるずの『雨の西麻布』でご当地ムード演歌をパロった秋元康・見岳章コンビが美空ひばりのラストシングルとなった『川の流れのように』をものし、演歌のスタンダードナンバーになっていることは、ミイラ取りがミイラになったのか。

余談
いわゆる昭和歌謡に興味のある人はYouTubeで見てみよう。昔の歌の方が歌詞を鮮明に覚えているのは、なぜだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/18 22:02

投稿元:ブクログ

これはむちゃくちゃ面白い。痛快といってよいかもしれない。「演歌」といえば「日本の心」という言説が、いかに虚構であるかをこれでもかと明らかにしてくれる。「日本の心としての演歌」とは、1960年代以降の反体制思潮を背景に、それ以前のレコード歌謡にあった「やくざ」「夜の蝶」といったアウトロー的要素と「下層」「貧しさ」「疎外」といった意味が混淆することで生まれた音楽ジャンルだったというのだ。つまり、「演歌」は生まれてから現時点でまだ60年も経っていない「新しい音楽」なのである。

本書の構造じたいは「創られた伝統」のそれといって良いのだけど、北島三郎や美空ひばりといったよく知る名前がばんばん出てきて、とにかく具体的なところが読み手を惹き付ける。逆に日本の楽曲を知っている人でなければさほど面白くない…かもしれない。

ただ、本書の意図は「演歌」の虚構性を暴き立てることで「間違い」を指摘することではない。

「…「演歌」は「日本的・伝統的」な音楽ではない、と主張することは私の本意ではありません。本書で強調してきたのは、「演歌」とは、「過去のレコード歌謡」を一定の仕方で選択的に包摂するための言説装置、つまり「日本的・伝統的な大衆音楽」というものを作り出すための「語り方」であり「仕掛け」であった、ということです」(p.318)。

このように述べているように、非常に冷静である。そういう冷静さも加味して、戦後の音楽史を学ぶのに必読の書、といってよいのではないだろうか。

2017/01/10 00:27

投稿元:ブクログ

いわゆる「演歌」は日本の心である、という現代の人たちにほぼ疑いなく浸透している意識に対し、本当にそうなのか?という疑問を持った筆者の力作。
徹底的に資料を読み込み、豊富な実例を挙げながら、「演歌=日本の心」となっていく過程について丁寧に語っている。
そもそも演歌は演説歌の略称であったはずなのに、一体いつからそのような認識が広まっていったのか、一体誰がそれを作り上げたのか。
それは、左翼的文化人と、レコードを売りたいレコード会社と、そしてマスコミによる意識的/無意識的な絡まりあいであった、と理解しました。

目から鱗のことばかりで、読んでいてとても刺激的でした。

2011/01/08 00:54

投稿元:ブクログ

烏兎の庭 第四部 箱庭 1.8.11
http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto04/diary/d1101.html#0108

2013/03/22 07:15

投稿元:ブクログ

「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史。明治の自由民権運動の中で現れ、昭和初期に衰退し、やがて「日本の心」、「真正な日本の文化」とみなされるようになった過程と意味を論じる。「演歌」は「日本の心」か?

2010/12/08 16:16

投稿元:ブクログ

歌謡曲、演歌、そんな言葉のくくり方にどこか違和感があったけれど、そこを解き明かすべく書かれた本。調べているからとはいえ、著者は30代。実際に自分の味わってこなかった時代のことを書くのは大変だったのではないだろうか。
私も知らない時代がすでにこの本の中に多々あった。しかし世の中は便利になったものでYouTubeのおかげで知らなかった曲も、タイトルと結びついていなかった曲も映像付きで見ることができる。これなしにこの本は読めなかったと思う。YouTubeで歌を調べながら読むことをお勧め。

2010/10/16 00:40

投稿元:ブクログ

「演歌は日本の心」論には何となく違和感を感じてきましたが、そうと言って簡単に肯定も否定も出ない。
あとがきにもあるようにこれが結論ですね(^^;)

まあ、我々が「日本の伝統や日本的」に思ってる事って案外ここ数十年~百年くらいの歴史に過ぎない。ってえのも結構あるようですし・・・。

2010/10/16 19:03

投稿元:ブクログ

自分の子どもの頃、1960年代前半、流行歌はあったが演歌はなかった。

少し時代は下って、「津軽海峡冬景色」を歌った頃の石川さゆりはドレス姿だった。

演歌歌手の着物姿が定着したのと演歌というジャンルが確立したのは同じ頃ではないか?
その誕生の時点ですでに演歌は形骸化し力を失っていたのではないか?

これは「演歌は日本の心」という常套句に反発を覚えてきた自分にとって、待望久しい書である。

2016/11/08 16:58

投稿元:ブクログ

今年3月に超党派議員らが設立した『演歌・歌謡曲を応援する国会議員の会』において、「日本の伝統が忘れ去られようとしている」という危機感が表明されましたが、本書はその「日本の伝統」たる『演歌』の本当の歴史的事実を、膨大な資料を渉猟しながら具体例とともに論じた、第33回(2011年) サントリー学芸賞・芸術・文学部門を受賞した名著です。
もともと自由民権運動の文脈の中で社会批判と風刺の「歌による演説」であった明治・大正期『演歌』が昭和初期に廃れ、戦後1960代後半に全く別の文脈で復興され、やがて「真正な日本の文化」とみなされるようになった史実を、添田唖蝉坊「ラッパ節」からひもとき、半田健人におけるサブカルチャー的受容までコンパクトに一冊に整理されています。
個人的に以前から気になっていた『演歌』におけるショーアップ的な地名ソング、襟裳岬、長崎、横浜、神戸、津軽海峡、天城、等々、昨今のJ-POPにおいては消えてしまったこの「旅情」感度のルーツとは「股旅者」であったという指摘は大変に腹落ちました。改めて「忘れ去られようとしている伝統」は忘れて「創られてきた伝統」を通観した上で『演歌』を聴いてみるのはいかがでしょうか?

2010/11/08 18:20

投稿元:ブクログ

10/11/08。なかなかの驚き。日本の大衆音楽史をさらっと押さえて、その上で「演歌」なるものがどのような歴史的登場を果たしたのかについてわかりやすく書かれている。
子供の頃から耳にしてきた懐かしいメロディーが歴史的文脈に位置づけられることに膝を打ってしまっています。(11/15まだ5章)

2014/02/18 00:10

投稿元:ブクログ

「演歌」の常識にかなり挑戦的。そして従来抱いていた「なぜ演歌はつまらないか」「規格的か」「美空ひばりは演歌か」「『頑張って歌って練習して下さいね』という訴求とは何だ」といった疑問・批判について、大変示唆に富むものだった。これは本当におもしろい本。

2012/01/07 11:56

投稿元:ブクログ

新年最初のブックナビに参加。今日も自分では手に取らない色んな本が紹介されて面白かったです。他の方の紹介で三島由紀夫の本が気になったので、読んでみようと思います。

2010/11/16 15:16

投稿元:ブクログ

演歌は日本の心なのかを歌謡史を追いながらあぶり出していく。
演歌の女王美空ひばりは本当に演歌の女王なのか。ある時点で評価が一転する。面白いです。

2012/03/23 12:42

投稿元:ブクログ

とても丁寧な内容の本だが、楽曲と人中心の音楽史であるためその他の社会事象との関連があまり見えないのは残念。

演歌は明治大正期には演説歌という意味であったとあり、今で言うならラップやポエトリーリーディングみたいなもののようだ。その意味合いが変化していく過程を丹念に追っている。

「演歌(艶歌)=不幸、不満のはけ口」という感想。あまり大ぴらにストレスの解消をできない時代に詩に心情を託して鑑賞する。という形が核家族化や地域コミュニティの希薄化、経済的な弱者保護の増加に伴い、個々人の不幸感が歌によって回収できなくなってきたのでは?

そういう意味では演歌(艶歌)の「日本の心」=現状を直視した上での嘆き、あきらめといったものの肯定とも捉えられる。

援歌ならともかく、現状を直視するのを避ける傾向がある昨今では演歌(艶歌)の復権は難しいのではなかろうか。

あきらめの大衆化はポジティブシンキングの大衆化によって駆逐されつつある?

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む