サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 再生産について イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

再生産について イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置 上(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/336p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-76711-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

再生産について イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置 上 (平凡社ライブラリー)

著者 ルイ・アルチュセール (著),西川 長夫 (訳),伊吹 浩一 (訳),大中 一彌 (訳),今野 晃 (訳),山家 歩 (訳)

現代の思考に、多方面にわたる巨大な影響を与えると同時に、誤解されてきた論文「イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置」の草稿全体を公刊。本来の再生産論という文脈の中でその十...

もっと見る

再生産について イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置 上 (平凡社ライブラリー)

1,620(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代の思考に、多方面にわたる巨大な影響を与えると同時に、誤解されてきた論文「イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置」の草稿全体を公刊。本来の再生産論という文脈の中でその十全な意義を展開する。〔2005年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

生産諸関係の再生産 35−297

著者紹介

ルイ・アルチュセール

略歴
〈ルイ・アルチュセール〉1918〜90年。アルジェリア生まれ。マルクス主義哲学者。著書に「未来は長く続く」「政治と歴史」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

来るべき理論(=実践)のために

2010/12/28 11:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は複雑な背景事情を抱え込んだテクストである。
まず、1968年5月の「革命」に衝撃を受けたアルチュセールによって着手され、非常に短期間で書き上げられたとされる草稿が、二部構成の一部のみで途絶し、70年にその一部を「イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置」というタイトルで雑誌に掲載され、その反響に対する反論なども含めたかたちで書き継がれながらも、結局放棄されるに至った著作を、第一の草稿と、雑誌掲載された論文、さらにそこに大量に加えられた注釈やメモなどもふくめて、アルチュセールの死後弟子たちによってまとめられ95年に公刊された著作にエチエンヌ・バリバールによる解説を付したものである。
アルチュセールは本書で、イデオロギー装置としての学校による「階級」の再生産という視点を重視し、イデオロギー闘争論を展開しているのだが、そこで前提として、生産の場面での労働者の組合的運動の重要性を強調するために、論の焦点がぼやけ、アルチュセール特有の苦渋があらわになっている。学校の重要性というのはあきらかに68年の反映だと思われるが、イデオロギー(装置)という概念の魅力に引きつけられながらも、労働運動と「党」の存在のオブセッションをいかにして「革命」に再導入するか、という点をめぐって、彼に関わる学生たちが急速に共産党から離反する時代の流れや、板挟みになる彼をさらに追い打ちする共産党からの批判、あげくは行き詰まった後の精神錯乱、という苛酷な運命のなかで翻弄され、ついにまとめられずに終った「来るべき理論(マルクス主義哲学)」の空白となったイメージを想起させる内容は、さまざまなアイディアとおそらくは彼にのみ見えていた状況の隘路と脱出口の予感に満ち満ちていて、その空白の輪郭を辿るように、理論と実践を統合する「マルクス主義」というアルチュセールの「夢」についてさまざまな思考へと導くものだ。
学ぶという意味においては、やはり卓抜なイデオロギー論の理論構成について教えられるところがいまもなお大きいが、しかしむしろ現在時から考えるに値する大きな主題としては、アルチュセールを挫折させた「党」の問題というのがあると思う。革命において、党は不可欠だとアルチュセールは言う。おそらくアルチュセールにとって、理論と実践を媒介するものこそが「党」なのであって、その意味合いについてじっくり考えてみる必要があるのではないかと思う。
また、例によって平凡社ライブラリーは意を尽くした注釈と長文の解説、さらに関連文献目録と索引が付されていて素晴らしい。定価がやや高めなのも、ここまでやってくれていればいたしかたないかと思えるもので、他の学術系の文庫にも是非見習ってほしいものだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む