サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. 英語のあや 言葉を学ぶとはどういうことか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英語のあや 言葉を学ぶとはどういうことか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.10
  • 出版社: 研究社
  • サイズ:19cm/160p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-327-49021-8
  • 国内送料無料

紙の本

英語のあや 言葉を学ぶとはどういうことか

著者 トム・ガリー (著)

日本人が書く英語に滲み出る「味」とは? ネイティブ・スピーカーの限界とは? 日本語に堪能で、翻訳や辞書編集を通して「日本人の英語」を見つめてきた米国人が、2つの言語の狭間...

もっと見る

英語のあや 言葉を学ぶとはどういうことか

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人が書く英語に滲み出る「味」とは? ネイティブ・スピーカーの限界とは? 日本語に堪能で、翻訳や辞書編集を通して「日本人の英語」を見つめてきた米国人が、2つの言語の狭間で発見したことを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トム・ガリー

略歴
〈トム・ガリー〉1957年米国生まれ。シカゴ大学大学院修士課程修了(言語学および数学)の後、来日。日英翻訳、辞書編集などを行う。東京大学大学院総合文化研究科准教授。共著に「東大英単」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「日本人の英語」の誤りについてまたひとつ学べた気がする。

2011/04/22 21:47

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 著者は東京大学で英文ライティングを教授する人物。日本人に教える途上で感じた、英語に関する事柄を綴ったエッセイ集です。

 日本人だからやってしまいがちだが、しでかした事の重大さに気づけずにいる、そんな英語の過ちについて記した箇所は大変勉強になりました。
 話し相手に何かを依頼する際の英語は、相手が断りやすい表現を用いるべし、というのは示唆的です。
 日本の学校の英語授業では
Will you send me a preprint of your paper?
とか、
Please send me a preprint of your paper.
といった表現が丁寧な依頼法だと教えています。しかしこれらはまだまだ命令的に響きます。
なかなか
I was wondering if you could send me a preprint of your paper.
という著者ご推奨の表現までは教わらないでしょう。

しかし、著者はさらに一歩進んで、この3番目の表現は確かに丁寧ではあるけれども、そもそも相手が応じられない場合に I can’t.(できない)という言葉を引き出させることになるので、ベストの表現ではないと指摘します。
相手が「できない」と言わずに断れる余地を残して依頼するには、
I was wondering if preprints of your paper are available.
とすべきだと言います。これならば手に入るか入らないかの責任の所在が明確でなく、かりに相手が断る場合も
I am sorry, but no preprints are available.と断りやすいというのです。

同様に
I was wondering if I could visit your laboratory.
とするよりは
I was wondering if your laboratory is open to visitors.
とするほうが良いとのこと。
こうした点には全く配慮しないまま相手に依頼をしていたことに気づき、赤面しました。

 また中国人をthe Chineseといいながらアメリカ人をAmericansと定冠詞抜きで使う場合のアメリカ人ネイティブスピーカーの心理状況について見つめたコラム「ザ中国人」も大変面白く読みました。定冠詞がつくと「その国の人全員」という意味になり、つかないと「その国の人の一部には」というニュアンスになるのだとか。ですからアメリカ人が自分たちを定冠詞なしの複数で指す場合は、「アメリカ人の中にはそういう人もいる」と感じているが、その一方でよその国の人は定冠詞をつけて十把一絡げに「かの国の人は大人も子どもも全員」と結構乱暴な一般化をしているというのです。
 この点も自分に引きよせて反省し、今後英語を使う時に気をつけようと思った次第です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/14 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/20 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/09 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/15 06:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/31 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む