サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本 全品ポイント5倍キャンペーン ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-6157-5
文庫

紙の本

サムライガード 7 決意と別れと新たな旅発ち (GA文庫)

著者 舞阪 洸 (著)

「あ〜、テステス、本日は曇天なり」スピーカーから唐突に太くて低い男の声が大音量で流れだした。「敷地内に散らばる生徒諸君、この学院は我々“天志党”が乗っ取った」三方台学院恒...

もっと見る

サムライガード 7 決意と別れと新たな旅発ち (GA文庫)

税込 660 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

サムライガード (GA文庫) 全7巻完結セット

  • 税込価格:4,65342pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あ〜、テステス、本日は曇天なり」スピーカーから唐突に太くて低い男の声が大音量で流れだした。「敷地内に散らばる生徒諸君、この学院は我々“天志党”が乗っ取った」三方台学院恒例イベント・春の合戦祭。暁浪麗や佐々木薫子とも一緒のチームで戦い、まずまずの位置につけていた清海たちだったが、天志党を名乗るテロリストの襲撃により、突如学院ごと合戦祭が乗っ取られてしまった。勝手な行動をすれば政財界からも多数訪れている観客を含め、大勢の人質の命はないと脅す天志党。果たしてその狙いとは…そして、清海のとるべき道とは—!!サムライガード、第7弾にして努濤の急展開。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サブタイトルが今後の行方を示している

2010/11/18 23:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

本巻は少々変則的な構成となっている。

【本編】 P.196まで
三方台学院に勃発した騒動を通じて何かを得た清美が決意する、物語としての終わり方は良いのだが、騒動自体の行方には少し釈然としないものを感じた。やや迂回するように話を展開させる傾向があり、ステレオタイプな正義を常に志向するでもない舞阪作品らしさの一環かもしれないが、たとえ別の理由や思惑が絡む現実的な展開だったとしても、この結果は正直どうかな?と思った。第5巻の最後にあった、実に悪役らしいセリフの内容も放置されている。

【後日談】
カタリーナ、暁波麗、愛香&毬藻、化野雪野、佐々木薫子それぞれの後日談が相当に面白い。清美は訳あって登場しないのだが、本編終了後しばらくしてから、あるいはその2ヶ月後くらいの各人の顛末が綴られている。愛香達を除く(これも訳あって不要なため)4人の話をさらに膨らませた後日談だけで1冊読みたいほどである。雪野が漏れなく付いてくるので、清美とカタリーナの、犬猿の仲からの「その後」に絞ったスピンアウトでもいい。

【愛香を救った男(読み切り短編)】 初出『GAマガジン Vol.4』
愛香の過去編。幼少期の壮絶な思い出に触れつつ、愛香の根本的な部分が描かれている。序盤で年相応に要らんことをする小僧が出てくるのだが、これに対する制裁が作中にもあるように大人げなく、若干狭量に見えてしまったのが少し残念だった。その前に、ここで明らかとなる「長所の数」が(笑える意味で)図々しいにも程がある。

【新たな始まりの序曲】
本巻のサブタイトルからも、この章題からも示唆される内容がさり気なく最後に登場。あらすじに記された『怒涛の急展開』の真相とも言えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介しますGA文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。