サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アースバウンド 地縛霊(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-041229-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アースバウンド 地縛霊 (ハヤカワ文庫 NV)

著者 リチャード・マシスン (著),尾之上 浩司 (訳)

夫の不倫で険悪になった夫婦関係を修復しようと、かつてハネムーンで訪れたローガンビーチに別荘を借りたクーパー夫妻。だが妻のエレンはその家にただならぬものを感じる。いっぽう夫...

もっと見る

アースバウンド 地縛霊 (ハヤカワ文庫 NV)

886(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夫の不倫で険悪になった夫婦関係を修復しようと、かつてハネムーンで訪れたローガンビーチに別荘を借りたクーパー夫妻。だが妻のエレンはその家にただならぬものを感じる。いっぽう夫のデイヴィッドは、エレンの外出中に突然訪ねて来た若い美女マリアンナと知り合いになった。あからさまに誘惑するマリアンナに魅かれるデイヴィッド。だが近くに住む老婦人の話がすべてを一変させた…巨匠が描く、本格ゴースト・ホラー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

私のようなマシスンの熱烈なファン以外にどれほどの価値があるのかは疑問

2011/02/26 11:06

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夫デイヴィッド、妻エレン。もう孫が生まれる年齢の二人の仲は、デイヴィッドの浮気が原因でうまくいっていない。関係を修復するためにかつてハネムーンで訪れた海辺の別荘を借りるが、そこでデイヴィッドは美貌の女マリアンナと知り合う。マリアンナは貪欲にデイヴィッドの肉体を求めてくる…。

 リチャード・マシスンの旧作ホラーの本邦初訳です。巻末の訳者解説によれば、1970年代に執筆されたものの、出版社の勝手な編集に激怒したマシスンがいったんは本名で発表することを断念したもので、1989年になって英国ロビンソン・パブリシングから正規版が出たといういわくつきの作品です。
 私は今から20年近く前にこのロビンソン・パブリシング社版のハードカバー『Earthbound』をロンドンの書店で偶然見つけて買って帰ったことがあります。その表紙絵のあまりのおどろおどろしさに気圧されたこと、そしてまだ30代になったばかりの頃に読んだせいか、ポルノ・ホラーともいえるようなこの作品の描写に、大きな恐怖とエロチシズムを同時に感じて、大いにゾクゾクさせられたこと、その両方を今もよく覚えています。
 まさかこの作品が2010年に日本で翻訳出版されるとは思いもよりませんでした。

 40代も残りわずかとなった今読むと、かつて読んだときのような背骨をはいのぼる冷たい恐怖も下半身を撃つエロチシズムも感じるには至りませんでした。

 しかしその一方で、ホラーとエロスによってかつては見えにくくなっていたこの小説の、マシスンが言わんとした肝の部分が読みとれた気がしています。
 それは魂が肉体に対して優位にあるということ。マシスンはキリスト教的な肉体と魂の二元論を意外に保守的な視点から描いているように思います。猛り狂う肉欲をいかに制御するか、そのテーマをしつこく描いたのがこの作品であるようです。

 残念ながらマシスンの作品の中では決してレベルの高いものではないように思います。今なぜこのテーマのホラーを翻訳出版しなければならなかったのか。マシスンの熱心なファンである私のような読者以外には、さほど手に取る価値はないかもしれません。

*157頁「もっと水が欲しくなり、顔をしかめた」という文章に句点が欠けています。
*298頁「驚きで胸が高鳴らせながら」とあるのは「胸が高鳴りながら」か「胸を高鳴らせながら」と言いたかったのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/06 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/05 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 NV ランキング

ハヤカワ文庫 NVのランキングをご紹介します一覧を見る