サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブッダ 5 (KIBO COMICS)(希望コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/11/20
  • 出版社: 潮出版社
  • レーベル: 希望コミックス
  • サイズ:18cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-267-90545-2
コミック

紙の本

ブッダ 5 (KIBO COMICS)

著者 手塚 治虫 (著)

ブッダ 5 (KIBO COMICS)

税込 514 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ブッダの物語なのに、ほとんど出てこない1冊

2011/02/06 13:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

第3部の第1章から第4章が収められています。
シッダルタが出家して、当面苦行をしていくあたりの話のはずですが、この巻の大半はカピラヴァストウの国王になりながらすぐに死んでしまったバンダカの遺児ダイバダッタの話が続きます。しかも物語全体の時間の流れを無視し、シッダルタが出家してから10数年経過した頃のことを、わざわざ150ページ以上を費やして描いていきます。
わざわざ物語の時間軸を無視し、主人公を放っておいてでも描いておかなければならない話なのだというのは、この続きを読んでいくとわかるはずですが、この巻だけを読むとやや唐突にも思われます。
それでもこのダイバダッタが放浪していく中で巡り会うナラダッタ(このキャラクターもたぶん手塚治虫のオリジナルでしょう。そしてこの物語の最初からずっと出てきているキャラクターでもあります)に、むしろこの手塚『ブッダ』が描こうとしているものを語らせるところがシッダルタの物語以上に重要に思えてしまいます。
それは第3章「老婆と浮浪児」の冒頭、人間は一人として出てこず、鷹が幼い豹を狙い、それを母豹が助けようとして命を落とし、しかしその間に幼い豹たちは蛇に呑み込まれてしまい、その蛇はアリの大群に襲われてしまい、アリたちも大雨のために流されてしまい、流されて大河に落ち込んでいくと魚に食われてしまうという描写が続きます。結局その魚を幼いダイバダッタが刺殺し食べてしまうところで、ようやく人間が出てくるのですが、その人間たちもダイバダッタとナラダッタで、決して普通の人間ではありません。
そしてそのナラダッタがダイバダッタに「縁」という言葉を使い、「生きものは生まれてから死ぬまで、自分ひとりだけの世界で生きているのではない」という話をします。
もう、これだけでこのマンガの言わんとするところが十分描かれているようにも思います。
まあ、そこが手塚治虫の描く『ブッダ』であり、どうしても必要なことなのでしょう。ナラダッタが語っているところをまだ悟っていないわけですから、そのあたりをビルドゥングス・ロマンとして描いてしまうところが手塚の真骨頂なのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/22 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します青年コミック ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。