サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

無縁社会 “無縁死”三万二千人の衝撃
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 84件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/11/15
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-373380-7

紙の本

無縁社会 “無縁死”三万二千人の衝撃

著者 NHK「無縁社会プロジェクト」取材班 (編著)

地縁、社縁、血縁が崩壊し、“ひとりぼっち”が急増するニッポン。無縁死はもはや他人事ではない−。無縁死した人々やひとりきりで生きる人々の人生を追った、NHKスペシャル「無縁...

もっと見る

無縁社会 “無縁死”三万二千人の衝撃

税込 1,466 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地縁、社縁、血縁が崩壊し、“ひとりぼっち”が急増するニッポン。無縁死はもはや他人事ではない−。無縁死した人々やひとりきりで生きる人々の人生を追った、NHKスペシャル「無縁社会」をもとに単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店広島駅前店

 無縁社会は、今の日...

ジュンク堂書店広島駅前店さん

 無縁社会は、今の日本における重大な社会問題です。つながりのない社会により、無縁死、孤独死が急増しているのです。
 単身化、未婚化、少子化、薄れる家族の絆、ワーキングプアといわれる人々の増加。生活保護を受けたくない、迷惑をかけたくない、全て事故責任という思いから、家族や他人に頼る事も出来ず、餓死するする30代がいるのです。
 そんな現状を、NHK「無縁社会プロジェクト」取材班が単行本化しました。
 他人事ではありません。深刻な問題として考えさせられる1冊です。        広島駅前店 社会担当

ジュンク堂書店福岡店

 NHKスペシャルの...

ジュンク堂書店福岡店さん

 NHKスペシャルの単行本化。
 この番組に一番反応したのは、30代40代だったそうだ。すでに進行している少子高齢化に加え、派遣切りに始まった雇用崩壊・格差社会、社会保障制度の瓦解により、社会は疲弊し、未来どころか目の前さえ暗い状況が続いている。加えて地域社会どころか、家族間にさえ広がっているコミュニケーションの希薄化。会社はいつまで続くのか?年金はきちんともらえるのか?自分が死んでも、誰も気づかないのではないか?まだまだ先長いはずの世代の人々でさえ、自分の将来を不安に思っても仕方がない話であろう。
 最初はメディアにありがちな、ショッキングな部分だけを大々的に報じて人々の不安を煽っているだけかと思ったが、実に地道で丁寧な取材により、日本社会に本気で警鐘を鳴らしている一冊。無縁社会・無縁死は他人事ではない。

社会科学書担当

みんなのレビュー84件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

新しい絆を求めて

2010/12/22 08:39

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今年(2010年)の流行語大賞にも選ばれた「無縁社会」。そのもとになったのが2010年1月に放映されたNHKスペシャル「無縁社会」です。本書はその番組を核にして、その後の反響で製作されたNHKの放送内容を補いながら、まとめられた一冊です。
 「無縁社会」とは、「つながりのない社会」「縁のない社会」といったことを指す造語です。単身世帯がかかえる「無縁死」という衝撃が大きな反響を呼びました。
 「無縁社会」は、身寄りのないことを指してはいません。たとえ身寄りがあっても、彼らはその縁をもてないでいます。
 従来、この国には「血縁」というつながりがありました。家や家族、親族といったつながりです。あるいは、「地縁」というつながりがありました。故郷や地元といった、その人にとっての場所的な拠りどころです。さらにいえば、「社縁」という、自分が勤める職場を介在としたつながりもありました。「無縁社会」はそれらのつながりを維持できない人々のありようです。

 本書のなかにたびたび出てくる言葉があります。それは「迷惑をかけたくない」という言葉です。この言葉が意味することは、「無縁社会」を考えるにあたってはとても重要に思います。
 この言葉の主語は明らかに「私」です。「無縁社会」に生きる人は自ら「血縁」「地縁」「社縁」に対し、「迷惑をかけたくない」という一言で「縁」を断ち切っています。
 「縁」とは一方的に「迷惑をかける」ことなのでしょうか。「縁」とは「迷惑をかける」だけでなく、「迷惑をかけられる」ことでもあるはずです。「迷惑をかけられる」側が「縁」を切ることは想定できますが、彼らはそうではない。「迷惑をかける」ことだけを気にします。つまり、「迷惑をかけられる」、そして「面倒をみる」ということを想定していません。これはどういうことでしょう。

 本書で紹介されている哀しくつらい「無縁社会」の現状をどう解決していくかという答えがそこにあるような気がします。
 「迷惑をかけられる」生き方を選択することで、「絆」を取り戻すことに、新しい「縁」のつながりになるのではないでしょうか。
 この本は新しい生き方を考える一歩を提供してくれています。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人は一人で死んでいくものなのか

2011/10/18 20:17

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想井兼人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 誰にも引き取られず、自治体により火葬、埋葬された遺体、約3万2千人。NHK取材班による調査が明らかにしたこの数字。地縁も血縁も社縁も崩壊し、ひとりぼっちで死を迎える人が、日本で急増している。本書はNHK取材班がいわゆる無縁死が拡散しつつある日本社会を無縁社会とし、取材成果をまとめたものである。

 本書を読むまで無縁死について偏ったイメージしか持っていなかった。都会に出てきた人で、仕事に邁進しすぎて過程を顧みなかった企業戦士か、生涯未婚の男女。前者は退職により社縁が途切れ、その時には家族との間に埋めがたい溝ができてしまい、離婚というパターン。後者は、様々な事情はあるが、生涯未婚が理由で無縁の死を迎えるパターン。本書にはどちらも登場するが、それだけに留まらない。

 122~123頁にNHK取材班による聞き取り調査の結果が掲載されている。それは無縁死予備軍とも言える、団地に住まうひとり暮らしの人たちに対するもの。回答者の85パーセントは65歳以上とのことだ。彼らのひとり暮らしのきっかけは、「配偶者の死亡」が最多で56パーセント、「子どもの独立」が20.8パーセント、「未婚」が15.2パーセント、「離婚」が8パーセントという。

 この調査結果は衝撃だ。配偶者の死亡、子どもの独立で一人身となった人が全体の75.8パーセント!当初、イメージしていた無縁な人びとの3倍もの割合を占めている。このデータは日本国中のだれもが無縁死を迎える可能性があることを端的に示している。

 この事実に強い反応を示したのは、高齢単身者ばかりではなかった。NHKでのテレビ放送後に働き盛りの年代である30~40代がツイッターで自身の不安感を呟き始めたという。今の30~40代はロストジェネレーション、失われた世代とも呼ばれる世代。バブル崩壊に伴う就職難のあおりをうけて、いまだに非正規雇用という立場に追いやれている人が多い世代。テレビに映し出された無縁死の人びとや無縁死予備軍と自身の姿を重ね合わせ、先の人生に強い絶望感を抱いたようだ。

 ただ、本書にはかすかな光明も示されていた。無縁社会を描いたNHKの放送後、番組に登場した無縁死予備軍の人と一度縁が切れた人たちが連絡をとってくることがあったというのだ。このことは一度無縁に陥り社会の外に放り出されたと絶望するよりも、自身から歩み寄ることの大切さを示している。縁は自らの努力で繋ぐことが可能なのかもしれない。

 都会に雇用が集中し、人口も金のそこに流れた。しかし、血縁、地縁は断ち切れるようになり、社縁も退職と共になくなる。誰もが無縁死を迎えかねない今の世の中。その実情を理解しつつ、どう人生設計を組み立てていくかは人それぞれ。軌道修正もその人次第だ。本書は人生設計や人生の軌道修正のヒントを与えてくれると考える。決して絶望をあおるだけのものではないことは間違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そっとしておいてください。

2011/02/18 20:41

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

無縁社会 NHK取材班 文藝春秋

 漫画「星守る犬」の世界です。人口の半分ぐらいの人たちはひとり暮らしをしているような実感があります。この本のテーマは、「頼ったり頼られたり、迷惑をかけたり、かけられたり」しながら、つながりを保ってゆきましょうというものです。でも、頼る人は頼るばかりで、頼られる人は頼られるばかりになってしまったから、無縁社会ができあがったとわたしは考えているのです。本書では、許しあうというキーワードが使われていますが、許せなくなったのです。
 複数の記者による連作です。前半部はドキュメンタリータッチで、情に流されています。問題提起はするものの、解決策の提示はありません。なにをしたいのかがわかりません。親族が支援したけれど、どうにもならなかったのです。ファイティングポーズの死体、座したままの死体。手を合わせることしかできません。異父兄弟、異母兄弟、世の中にはいろいろな親族形態があります。触れてほしくないことです。複雑な家庭環境にある人は多い。自分の責任ではないところでリスクを負って生まれることもあります。連帯保証人になる。信じた者に裏切られて転落していく人がいます。人を簡単に信じてはいけない。中国のことを書いた本に、中国人は血縁関係がある人でも信じないとありました。一見冷たいようで、真実を得ています。この世は、ゼニカネの世界です。
 記者たちは、亡くなった方たちの生い立ちを執拗に調べあげるけれど、やめたほうがいい。相手をみじめにさせます。立ち入ってはいけない世界です。自らが周囲との交流を絶ったから孤独になったのです。人は口では寂しいと言いつつ、孤独の気楽さを知っています。ひとりに慣れた人は排他的になります。
 昔ながらの3世代同居の暮らしは無理です。近居でもつらいものがある。下の世代にすれば、頼られても応えられない。未婚、離婚、子どもなしとあります。離婚後、母子家庭となり、その後、老いた母親とおとなの息子ふたり暮らしの家へ同居前提で嫁ぐ女性はなかなかいません。
 親子でもきょうだいでも歳をとると何年も会わなくなります。健康上の理由であったり、遠方であれば金銭が理由であったりします。
 ひとりになった人は、ぬいぐるみや動物をこどもと思う。病院で死ぬのも、自宅で死ぬのも死ぬときはひとりです。高齢者夫婦になれば、お互いが別々の病院や施設に入院・入所したりして、死に目に会えないこともあります。入院や入所がこの世でのお別れになることもあります。いくつになっても悩みは尽きない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいおいNHK、もう事実を極端にゆがめた「煽りキャンペーン」は止めてくれ!!!

2010/12/02 18:11

26人中、18人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後日本は「家制度」を否定し、「民主的な家族制度」へと舵を切った。長子による家督相続制は無くなって、みんなで親の財産を分け合う社会となった。以前は財産とひきかえに親の面倒を見るのは長男の義務だった。それが兄弟みんなで親の面倒をみる「民主的な制度」へと変わった。しかし、みんなで親の面倒を見るとは、誰も親の面倒を見ないことと同義だと日本人が気がつくのにしばらく時間がかかった。制度が変わっても親が死ぬには、まだ時間があったからである。

やがて親が死ぬようになる。すると相続の問題が発生する。そこで起きたのは、それまであれやこれやと理屈をつけて親の面倒をまったく見ようとしなかった兄弟姉妹に限って、民法で定められた相続の権利はしっかりと主張するようになったことだ。こうして兄弟姉妹の関係は険悪になった。

それでもまだ3世代同居が当たり前の「大家族制」が生きているうちはまだよかった。漫画「サザエさん」が描いた磯野ファミリーがこれにあたる。しかし無責任なマスコミは、やがて大家族制を崩壊させようと大キャンペーンを張り出す。昭和30年代には「近頃の娘の結婚の条件は、家付き、カー付き、ババア抜きだ」というキャッチフレーズがテレビラジオを通じて繰り返し繰り返し流されることになった。橋田壽賀子らの脚本家は嫁姑のいがみ合いを繰り返し繰り返しドラマのテーマに選んでは全国に放映した。これだけ姑の嫁いびりが流されると尋常の娘は夫の母親との同居を拒否するようになる。「家族水入らず」が合言葉になり「核家族」は完成へと向かうのである。

この傾向に最終的なダメを押したのが、おお、天下のNHKが橋田壽賀子御大を担ぎ出して垂れ流したホームドラマ「となりの芝生」だ。これで親子はひとつ屋根の下に住めなくなたのである。

散々大家族制度を壊すよう壊すようにしておいて、いまさら「無縁社会」はないだろう。これはマスコミが垂れ流した情報が生んだ当然の帰結である。もはや老人は家に居てはいけないのである。かくしゃくとして1人で自立して生きる能力がなければ老人は生きていてはいけないのである。こうなるように戦後のマスコミ関係者は一生懸命努力してきた。それなのに、その努力が実を結び核家族が完成した途端、今度は核家族が悪い制度のように言い出す。おいおいいい加減にしてくれよ。いまの社会の現状は、NHK含むマスコミ関係者が垂れ流してきた情報の集積の結果なんだよ。むしろNHKは自分たちが成し遂げた「封建制度の遺物たる日本的家族制度の完全崩壊」を祝って、祝杯をあげるべきなんじゃないか。

皆さん、もうNHK社会部が垂れ流す、この手の「煽り放送」を見るのは宇止めにしましょう。身体に悪いです。心に悪いです。昔から人間は一人で生まれ一人で死ぬんです。これでいいのです(笑。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/31 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/04 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/13 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/09 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/09 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/23 07:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/20 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/15 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/07 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/27 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/17 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

高齢者 ランキング

高齢者のランキングをご紹介します高齢者 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。