サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねむり
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 120件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.11
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/93p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-353426-6
  • 国内送料無料

紙の本

ねむり

著者 村上 春樹 (著),カット・メンシック (イラストレーション)

眠れなくなってもう17日−。突然眠ることのできなくなった主婦の不定形な日常を描いた名作短編「眠り」を全面改稿。ドイツ語版の美しいイラストレーションや、書き下ろしの「あとが...

もっと見る

ねむり

1,944(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

眠れなくなってもう17日−。突然眠ることのできなくなった主婦の不定形な日常を描いた名作短編「眠り」を全面改稿。ドイツ語版の美しいイラストレーションや、書き下ろしの「あとがき」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー120件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

初めての村上春樹

2017/08/25 15:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読書はじめました - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹さん、初挑戦のため、短編を読んでみる。
結果、惨敗。

疲れていたのか、全然ページが進まず、途中途中で居眠り。
最後まで読んだが、ラストの車を揺すられる理由が分からない。
車上荒らし?強姦魔?何?

結局、内容が理解できず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

覚醒した暗闇

2010/12/27 07:33

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 多分この本の読み方は、オリジナルな版とのちがいを読み解くというのが正しいのかもしれない。それで、1989年の村上春樹と2010年の村上春樹を比較し、作者の心情の変化や表現方法の多様化を書くべきなんだろう。しかし、きっと誰かが、どこかで、それはするだろうから、ここではしない。
 ここで書いておきたいのは、これがドイツの出版社で出されたものだということだ。この本にはカット・メンシックという人が描いたイラストレーションが多数収められている。作者はその絵を「とても新鮮」だと感じた。きっとそういう読み方を作者である村上春樹自身が感じたのだろう。
 このドイツの出版社はもともと美術書を出していたところらしいが、絵による想像の喚起は作者そのものも刺激するということだ。だとしたら、読み手である我々もまったく新しい作品に出会えるということでもある。それこそ、この作品に書かれた「覚醒した暗闇」のような気がする。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ねむり」を読んで

2011/01/22 14:02

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

「眠り」だった短編を改稿して「ねむり」へ。
かなりグロテスクともいえるイラストが本文にマッチしていました。

もともと考えようによってはかなり不気味な短編ですからね。
今、もとと比べることが物理的にできないのですが、
改稿してよくなっている、と思いました。

短編集っていつ短編「集」である必要ってなくて、
これみたいに、「短編」だけでもいいんだ、と思いました。

短編だけで勝負できる。
そういう地平を開いてくれた村上さんに感謝です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

装幀はドイツ版とどう違うのか、横書きが縦書きになっただけなのか、オリジナルの版型は? 向こうは布装じゃないのか、値段はいくらだったんだろう、と思いはつきず、眠れなくなるかも・・・

2011/10/17 20:33

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり強烈なイラストですが、カバーに関していえばあくまで色ではないでしょうか。近眼の私にとっては、紺と白、いや紺色の本といったほうが正しいようです。この紺、というか藍というか、これがいいです。色合いでいえばヒキタクニオ『鳶がクルリと』を思い出します。ま、ヒキタの本は、丸に縞々というプラス要素もありましたが。で、今回の企画、やはりポイントはカット・メンシックのイラストとのコラボレーションでしょう。

ドイツでは、こういう形で出たんだ、と驚きました。ちなみに、今年の三月、ドイツ・オーストリアと家族旅行をしたとき、ウィーンの空港の書店に平積みされていたのは村上春樹の『1Q84』でしたが、デザインは日本のものと全く同じでした。出版社までは確認しませんでしたが、こんなところでお会いするとは、っていう気持ちで見たものです。現代日本の作家で、こういう扱いを受けるのは結局は村上一人なんだなあとも思いました、

それにしても、二十年以上前に文藝春秋から出た本の中の一篇を、改稿したうえでイラストをつけるとはいえ、新潮社が出版する、どういう経緯があったんだろうなあ、って思います。イラストレーション/カット・メンシック、装幀/新潮社装幀室だそうですが、イラストはともかく装幀はドイツ版とどう違うのか、横書きが縦書きになっただけなのか、オリジナルの版型は? 紙質は全く違うでしょうが、向こうは布装じゃないのか、値段はいくらくらいだったんだろう、などなど思いはつきません。

あとがきを読むと、
             *
僕がこの『眠り』(ここでのタイトルは『ねむり』となっている)という少し長めの短編小説を書いたのは、1989年の春のことだ。(中略)そして溜まっていたものを吐き出すように、ほとんど一気に書き上げたのがこの『眠り』と、それから『TVピープル』だ。この二作品は僕の中で一つのセットになっている。よく覚えていないのだが、たぶん『眠り』のほうを最初に書いたような気がする。
             *
とあります。村上はオリジナルの「眠り」について『村上春樹全作品1990~2000〈1〉短篇集(1)』(講談社2002)の解題で
                *
短編『TVピープル』を書こうと思い立ったのは、テレビのMTVをぼんやり見ているときだった。ルー・リードの『オリジナル・ラップ』という歌のビデオ・クリップが流れていた。(中略)そのうちにとつぜん短編小説が書きたくなってきた。まるで頭の中で何かのスイッチが入ったみたいに、僕は立ち上がって机に向かった。そしてワードプロセッサーのキーをばたばたと叩き、ほとんど自動的にこの話を書いた。とくに何も考えずにすらすらと書いていって、気がついたときには書き終えていた。
 それが文字通り僕の「復帰」の瞬間だった。
『眠り』はそれに続いて書いたと記憶している(事情があって実際に雑誌掲載されたのは少しあとになる)。たしか眠れない夜があって(レイモンド・チャンドラーの言葉を借りるなら、僕にとって「眠れない夜は太った郵便配達夫のように珍しいもの」なのだが)、そのときに机に向かって物語を書き始めた。あたりはとても静かで、僕は自分が自分ではないような気がして、そういうこともあって、僕は主人公を女性に設定した。そしてというか、にもかかわらずというか、僕にはこの女性の気持ちがとてもよくわかった。深く共感することもできた。彼女の説明のつかない不眠の日々はすなわち、僕にとってのapathy(無感動、感覚鈍磨)の日々であったのだ。僕は――その物語を書いているときにはまったく無自覚的ではあったのだけれど――そのメタファーを自らの血肉として受け入れていった。(中略)
 たぶん僕はこれらの作品を書きながら、その硬質さと静けさを通して、自分の中にあるもつれのようなものを少しづつほどいていったのだと思う。『TVピープル』と『眠り』は僕がこれまでに書いた短編小説の中でも、いちばん気に入っているもののふたつだ。もし僕が自分にとってのベスト・ストーリーズを集めた一冊を編むとしたら、この二作品は間違いなくその中に収録されるはずだ。
                *
と書いています。どちらを先に書いたかでは食い違いがありますが、気にしても仕方がありません。ほぼ同時期に書かれた、としておきましょう。ついでに書いてしまえば、初出誌は「文學界」1989年11月号、単行本『TVピープル』(文藝春秋1990年1月刊)所収のもので、「本書の刊行に際して全面的な改稿がなされ、タイトルが「眠り」から「ねむり」に変更された。」と注記があります。

主人公は、村上には珍しく? ぼくではなく私です。30歳になる専業主婦で、歯科医の夫との間には子供が一人います。ちなみに、子供の名前をめぐって、当時、宗教に凝っていた義母と対立したことがありますが、現在、二人の仲は修復されています。毎日、夫と子供を送り出し、自分が気に入っている体型を維持するためにクラブに行って水泳をし、昼前に自宅に戻ります。

それから家で食事を摂る夫のために昼食を用意し、時々そのまま夫とセックスをして、気が向けば買い物に出かけ、再び家に戻って夕食を作り、眠るというほとんど同じことを毎日、眠れなくなるまで繰り返していました。ある意味、典型的な有閑マダムの生活を送っているといえます。ちなみに、愛車が、友人から安く買ったホンダ・シティというのが可愛らしい。

夫は、一家が住んでいるマンションから車で十分ほどのところに、歯科大時代の友人と共同で経営する診療所を構えています。診療所を始めるにあたっての借金はまだ残っているものの、友人ともども腕がいいのか、経営は安定しています。容貌についていえば、全くハンサムではありません。どちらかというと不思議な顔をしています。

そのせいでしょう、人に好かれるほうです。笑顔がとてもよく、すごく綺麗な歯をしています。熟睡するタイプで、一度眠れば途中で目を覚ますことはほとんどありません。愛車はクリーム色のブルーバードで、診療所に向かう道筋にある学校に、毎日小学二年生になる子供を送っていきます。ちなみに、子供は好奇心旺盛で、一家の中では一番のおしゃべりで、顔は父親似で、同じように熟睡します。

熟睡する夫と子供、その家で、ただ一人私は眠れなくなります。それが17日続いても、生活に支障はありません。時間は、当たり前に流れて行く。そこに一人、取り残されたように眠れなくなった私がいます。それを淡々と描くのですが、そこにカット・メンシックの大胆なイラストが配されると、雰囲気はダークになります。

外国のイラストレーターが日本の人気作家の短編に絵をつけた本としては、椎名誠、ロール・デュファイ『屋上の黄色いテント』(星雲社2010)があります。椎名の本は、黄色というイメージがつよい、これまたとても面白い本で、コミックスと言ったほうがいいのでしょうが、読み比べてはいかがでしょう。話もですが、イラストも日本人の好みとは微妙に違っていて、ああ、これが、と納得する部分もあるかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

研ぎ澄まされた闇

2012/01/09 13:46

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村上春樹が1989年に書いた長めの短編「眠り」を一部改稿(本人の言葉では「バージョンアップ」して)、イラストレーション付の単行本として2010年に出版したものである。
 私事だが、いつの頃からか村上春樹が読めなくなった。話題作が次々と出るので読もうとはするのだが続かない。以前は、好きというほどではないにしてもけっこう読んだのに読めない。作家の人気はますます上がって話題になることも多いわけだから気にはなる。なぜ自分が読めなくなったのかも気になる。
 そんなときにこの本のことを知った。一冊の本だが、一つの短編である。短編なら読めるのではないかと思った。そして読めた。
 日常の中にある漠然たる不全感、不満を何と呼ぶだろうか。空虚感、閉塞感、停滞感、退屈、物憂さ、不確かさ、不安。この小説はそうしたものを扱っているように思える。
 読み終えて私に一番しっくり来るのは空虚感のような言い方だろうか。心、いや、この物語ではそれはほとんど肉体的な感覚として捉えられるのだが、存在の核心の空洞のようなもの。思えば、村上春樹をはじめとする日本の現代作家たちは、しばしば必ずしも根拠や原因のないそうした空洞を扱ってきたような気がする。そしてそれに多くの読者は共感するのではないか。
 ここで描かれるのは、ある日突然、何かに憑かれたかのように(この点はけっこう重要ではないかと思う)眠れなくなる女性(=語り手)の話である。家族は何も知らず気づかず、そこに訪れた深い孤独の甘くしかし危うい誘惑。
 いつものことだが、村上春樹の小説は象徴性が高く、いろんな解釈を誘う。それを曖昧として嫌う場合もあるだろうが、むしろそこに大きな魅力を感じる読者は少なくないはずだ。私は未読だが、最近刊行された加藤典洋の『村上春樹の短編を英語で読む』(講談社、「英語で」という部分はあまり気にしなくていいらしい)では、村上春樹の精神の危機が訪れた時期に書かれたこの短編(厳密にはその元になった「眠り」)を一つの軸として重視しているらしい。
 なるほど精神の危機の時期といわれれば納得できるものがある。眠りについての考察から始まり、語り手の意識は人間の存在、その生や死の問題へと深まってゆく。それはいわば瞑想小説という趣もあるものの、しかしその先にあるものは思いがけず激しく恐ろしい。ふつうではありえない不眠など、設定と展開にはカフカあたりを思わせるようなシュールなものがあるわけで、最後はホラー小説のような趣きすらある。
 私が理解した空洞、それを突き詰めるとここに至るのか、という思いである。村上春樹が読めなくなったと思っていた私がこれを読み切れたのは、おそらくはここまで研ぎ澄まされた闇の濃密さのためである。
 なお、イラストレーション付の出版というのは、後書きによればそもそもドイツの出版社の企画刊行だったそうで、それを見て気に入った作者が日本語版を考え、それを機に改稿もしたとのこと。絵はシュールな感じで、好みによって敬遠する読者もあるだろうが、物語の内容とよくマッチしているのはたしかだろうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/14 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/16 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/03 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/29 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/09 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/18 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/24 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/05 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/28 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む