サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】東京ニュース通信社 全品ポイント5倍

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン(~1/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハーモニー(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 654件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031019-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ハーモニー (ハヤカワ文庫 JA)

著者 伊藤 計劃 (著)

21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユ...

もっと見る

ハーモニー

税込 628 5pt

ハーモニー

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.9MB 無制限
Android EPUB 3.9MB 無制限
Win EPUB 3.9MB 無制限
Mac EPUB 3.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した—それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰にただひとり死んだはずの少女の影を見る—『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。第30回日本SF大賞受賞、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本SF大賞(第30回)】【星雲賞日本長編部門(第40回)】【フィリップ・K・ディック賞特別賞(2011年度)】【大学読書人大賞(第5回)】【「TRC MARC」の商品解説】

掲載中の特集

百合 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー654件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

みんなが平和に暮らせる世界

2011/03/28 21:09

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 21世紀後半に起きた大災禍は人類に滅亡を感じさせた。旧来の政府が弱体化した代わりに、人々は生府という共同体を作り、個人の情報をすべてオープンにして危険を事前に回避し、また、個人の身体を共同体の資産として管理することが常識的となった。
 だから、自らの体を傷つけるような行為は常識的ではない。人々はWatchMeという恒常的健康管理システムを導入し、異常には瞬時に対応することにより、人類から病気や苦痛という単語はほぼ駆逐された。その代償として、酒やたばこ、カフェインなどの嗜好品も健康に悪影響を与えるものとして遠ざけられているのだが…。

 そんな世界において、霧慧トァンは友人の御冷ミァハの誘いに乗り、一緒に自殺をしようとする。自分の身体を自分のものとして扱えない世界に対して、決意表明をするためだ。しかし、トァンの自殺は失敗し、生き残ってしまう。
 それから十数年後、螺旋監察官という世界の生命権を保護する立場に就いたトァンだったが、少女時代の影響はこっそり残り、どこか世界の在り方に対して息苦しさを感じていた。そんなとき、世界中に点在する数千人もの人々が、何の前触れもなく、一斉に自殺するという事件が起こる。その事件の影には、死んだはずの御冷ミァハの影が見え隠れしていた。

 この本の結末にもたらされる世界を、ユートピアと呼ぶのか無と呼ぶのか、あるいは地獄と呼ぶのかは読者により異なるだろう。何故マークアップ言語風の記述になっているかも、その時に分かる。
 世界の最も効率の良い管理方法は、人々の間に差異を認めないこと、そしてそれを人々が受けられている状態なのだろう。しかし実際には、個人個人で価値観は異なるし、文化圏でもそれは異なるので、世界中の対立の根源としてなくなることはない。
 作中世界は、一度滅びを目前に見た人類の世界だ。だから、人々の争いの根源に対する恐怖感は、現代に生きる人々より現実感がある。ゆえにそれをなくそうなどという冒涜的な試みが現実に計画・実行されてしまうわけだ。

 みんなが平和に暮らせる世界をユートピアと呼ぶならば、この物語が導く世界はまさにそれであろう。しかし、人間が暮らすという意味は何かと考えてみれば、その答えによっては、作中世界はユートピアとまったく正反対の世界に見えるに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わたしの終わり

2011/06/24 13:32

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

体調が悪いと世界まで悪く感じる。
世界を良くしたいなら、正義ではなくて体調について考えるのが先で、考えるよりも先に体調が悪化する前兆を事前に捉えて悪くならないようにすれば、わたしの世界はそんなに悪くならない。

夭折の天才SF作家、伊藤計劃が絶筆で描いた世界は、医療によって病気が取り除かれたユートピア。健康が蔓延し、身体反応が外注されてデザインされた生命に苦痛はない。生命がコード化され、優しさがシステム化されて、誰もが誰をも思いやる世界とは、本当に「優しい」のか?この強烈な問いかけに、わたしの意識はただ揺さぶられるばかり。

人類の獣性が暴発し、虐殺に虐殺が繰り返された「大災禍」を経て、人類は優しさを極限にまで突き詰める社会をほぼ実現してしまった。身体を過剰なまでに保護し、「大災禍」と正反対の歴史的バランスを取るかのような優しい社会は、やがてじわじわと人間性を追い詰めていく。優しくてキレイなだけでは息苦しくなってしまう、なんとも不可解な人間性によって。

果たして人間性とは何か?身体を支配した医療社会は、やがて必然的に脳という身体の、意識という行動に切り込まざるを得なくなる。「わたし」というものを意識の上に作り出す脳こそが、意識という存在こそが、人間とこの世界をアンバランスにさせる元凶ではないのか?だとしたら、意識を取り除いてすべての身体的反応をコード化すれば、地球にも人間にも苦痛はなくなるのではないか?ただし、そこに「わたし」という意識は存在しないのだが。

意識を失った人類、自然な人類、それは遠いようでいて近いと思う。思考停止で顔なんて誰でもいい指導層、見えない空気に流される世間、見えない放射能に踊らされる市民、スーパークールビズという脱装飾、わたしがデータ化されていくネット社会。考えなくてもいい方向に向かう人類の意識の拠り所は、果たしてどこにあるのか。

「わたし」という意識は、やがて優しさに包まれて世界に溶け込んでいく。この身体も、世界のものになる。始まりも終わりもよくわからない。ただ不可解な意識を抱えたわたしの今は、ここにある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界が主人公の決断で変わっていた時代の物語

2013/08/30 00:30

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の作品はSFの衣装をまとっているが、基調には80年代に青春を送った世代が共有する、世界を自分の意志で変えられる主人公のRPG的物語が蠢いているように感じられる。『虐殺器官』も本作も『メタルギア』も大がかりな技術による変革を描くが、本作と『虐殺器官』その他との大きな差異は、主人公の微妙なスタンスにあると思う。他の主人公達よりもさらに非現実的で、さらに傍観者的。しかしだからこそ著者の本心の投影に近いのではないかと感じられる。世界と距離を置くことが我々世代のリテラシーだったと懐かしく思い出させてくれる良作だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映像にできる物語

2018/04/19 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さまさま - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の意図もあり、読みにくい書式なのだけれども
あー登場人物の名前も読みにくい!

でも、そこで読むのをやめるともったいない。
読みにくいにも関わらず読み始めると最後まで一気に読んでしまいます。

真っ白な映像が浮かんだのだけれども
これはきっと病室ですね。
汚れていない世界。
でも、病原菌がいっぱいある世界。

どうしてこんな話がかけるのかと不思議に思いましたが
作者の状況を知って納得しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍で読むのが妙にはまる本…

2016/06/26 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間にとって苦しむこと、野蛮であること、思いやること、愛することは自然なことである。どちらも行き過ぎると災禍を招く。大体の人は個人ではそれらの性質を「行き過ぎる」ところまで持ってくことはしないのだけど、社会の「空気」はそれを可能にしてしまう。ミァハの言うことはいつも「正しい」。けれど社会から何かを強要されることしか知らなかった少女は自分も結局その正しさを社会に「強要」することしかできなかったのかな。けれど種の保存を第一義に掲げ、何の葛藤も持たない存在であることを選び取った人類は、いつか何のためらいもなく滅亡を選択する日が来るのかもしれないね。なんてことを思わせる最後。誰かが悪いわけじゃない。個人と社会の境目が侵害され続けた結果。見かけ以上にすごく深い含みのある物語だった。映画よりもディティールがしっかりしていて、面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

少し前に読んだのですが

2013/11/20 17:38

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tatu - この投稿者のレビュー一覧を見る

確か伊坂さんのおすすめ図書に入っていたので読んでみた次第です。その時は伊坂さんにかなりはまっていたので、サクッと読んでしまいました。
 現在でも医療はかなり人の生活に入り込んできている気がします。いつかはメディモルの様なものが確かにできるかもしれません。伊藤さんも存命中はかなり医療に身体を任せていらっしゃったと思いますからこのような発想になった(実際なっている)のかなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍版

2015/10/10 16:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめて著者の本を読んでみました。SFには詳しくないのですが、映画はよくみますので、設定やら何やら現代的でおもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なかむらたかし監督映画化原作

2017/02/08 10:10

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

マサーズ・ヴィンヤードに入植して近親相姦を繰り返す民族に脅威を感じた。遺伝子操作が現実となった今、心までコントロールされる恐怖が伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

Foucault

2016/02/14 14:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kentaro - この投稿者のレビュー一覧を見る

明らかにフーコーを多いに踏まえた内容・記述だが、作中の誰が彼の作品を読み、誰が読んでいないのか、といった整理は不十分に見えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

闘病の小説家が描く無病世界

2016/01/11 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

20代から著者は癌と戦っていた。本作では機械につながれた人々が病に苦しむことなく生きる未来を提示する。悩みや苦しみを乗り越えるからこそ人生は素晴らしいと、34歳でなくなった伊藤計劃は教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

非常にもったいない作品(ややネタバレ)

2015/11/24 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

個々人の体内に埋め込まれた医療デバイスが個々人の健康状態を常にモニターし、病気をいち早く発見してくれる理想社会。ただ、個々人のほぼすべての情報は公開・共有され、酒やタバコはもとよりカフェインですら不健全とされる「理想社会」。
 そんな「健全」な世界において、その維持・管理の先兵たる螺旋監察官たる主人公は、同時多発自殺の謎を追っていく。

 おぞましさすら感じる理想の未来と名状し難い結末は、医療の行き着く先や自我の価値というものに刺激的な問題意識を提起してくれます。作品中盤までは本当に「時間を忘れて」読みふけった。
 文章が平易で作品がコンパクトなのも好印象。
 「エヴァンゲリオン」や「攻殻機動隊」が好きな方はドはまりするに違いありません。

 ただ黒幕の行動に一貫性も魅力も感じられず、そんな黒幕に翻弄される世界に重みも厚みも感じられないのはやや残念です。
 何より「自由裁量のあるエリートが主人公、謎の黒幕を追って世界を旅して、最終的に黒幕を倒すも、その黒幕の意図は達成され、世界は大きく変貌していく」というように、前作「虐殺器官」とほぼプロットが同じなのはどうなんでしょう。 前作との対比に意味を持たせたかったのなら仕方ありませんが、それには成功しているように思えませんし。
 その意味で非常にもったいない作品であると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

フィリップ・K・ディックが好きな方に!

2015/02/02 01:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jun3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者がフィリップ・K・ディック賞を受賞していたことを知らず読みましたが、最初に想起したのがディックでした。本当の意味での人間の「調和」とはどのような状態なのだろうか?今まさに世界の緊迫感が増していく中、もう一度読み返してみる価値があると思います。作者の次回作がもう読めないのは非常に残念です。色々考えさせられる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢のような

2017/02/03 21:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

不安など無い理想的な世界が出来上がっているはずなのに結局 悪意も絶望も無くならない。その事実に寒気を覚えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/08 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/27 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。