サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 緋弾のアリア 8 螺旋の天空樹

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

緋弾のアリア 8 螺旋の天空樹(MF文庫J)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-3678-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

緋弾のアリア 8 螺旋の天空樹 (MF文庫J)

著者 赤松 中学 (著)

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵—通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般...

もっと見る

緋弾のアリア 8 螺旋の天空樹 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵—通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。犯罪組織『イ・ウー』の崩壊により始まった二つの連盟—『師団』と『眷属』の争いに巻き込まれたアリアとキンジ。そんな中、文化祭の準備が進む武偵高に、アリアととても関係が深い“あの人物”が現れて—。深まるアリアとの亀裂、孤立していくキンジ、失われた“アリアの隣り”をキンジは取り戻すことができるのか!?大スケールアクション&ラブコメディー第8弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

第2幕の前哨戦と恋敵の登場

2011/01/24 21:25

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻の最後に出てきた連中の全容が明らかになる序盤を見るに、何だか妖怪大戦争の様相を呈してきた第8巻である。真っ当な人間が少数派に見える状況にあっては、これにキンジやアリアは無関係のようにも見える混沌をも漂わせるが、アリアに隠されていた秘密が別に出てきたので、これらが今後どのように絡むのかが展開の肝となるのであろう。

それにしても、この第2幕というかセカンドシーズンに入ってから進行がやけにスローな気がする。バトルも幾度かあるが前哨戦止まりな感じで、未だ本戦の前段階から抜けていない印象である。マイペースとも言えるが、もしかしたらメディアミックスが軌道に乗った関係で作者が“縛り”から解放されたのでは?と推測する。編集側から自由執筆のお墨付きを貰って伸び伸びと書いているようでもある。

そんな本巻でメインを占めるのが、実はアリアを巡るキンジのライバルの登場とその顛末だったりする。いわゆる恋敵的存在の登場に内心穏やかならぬものを覚えてしまう訳だが、あまりナーバス過剰にならなくてもいいように、彼(ある意味ではアリアのベストパートナーとなるべき宿命にあった人)の“本性”を小出しに見せる配慮もなされている。そして、徐々に苦境に立たせられていったキンジが、最後には自分の真意を自覚せぬままヒストリア・ベルゼにまで昂って「漢」を見せている。また、コスプレ風味な中盤で出てくるサブヒロインの面々に、意外な趣味が判明して可愛らしさがさらにUPしたジャンヌや相変わらずな中空地さんが本巻を程良く賑わしている。

しかし、キンジのニブチンに加えてアリアにも理由を付けてデレ要素を加える律儀な巧みさが今回も出ている。無自覚にデレた後にツンで言い訳する“逆ツンデレ”というか“デレツン”なアリアがこれから見られそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/22 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/13 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/26 18:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/27 08:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/03 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/06 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/13 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む