サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オリクスとクレイク
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.12
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/467p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209181-9
  • 国内送料無料

紙の本

オリクスとクレイク

著者 マーガレット・アトウッド (著),畔柳 和代 (訳)

人類がいなくなった海辺で、スノーマンは夢うつつを漂っている。思い出すのは、文明があったころの社会。スノーマンがまだジミーという名前だった少年時代。高校でめぐりあった親友ク...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類がいなくなった海辺で、スノーマンは夢うつつを漂っている。思い出すのは、文明があったころの社会。スノーマンがまだジミーという名前だった少年時代。高校でめぐりあった親友クレイクとかわした会話。最愛の人オリクスとのひととき—。誰がこんな世界を望んでいたのだろうか。そして、自分はなにをしてしまったのだろうか。カナダを代表する作家マーガレット・アトウットが透徹した視点で描き出す、ありうるかもしれない未来の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

人類が滅びた世界でひとり生き残ったスノーマンは回想する。いまはもうない爛熟した文化のこと。最愛のオリクスのこと、そして友人クレイクが何をしたのかを…。巨匠アトウッドの黙示録的大作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マーガレット・アトウッド

略歴
〈マーガレット・アトウッド〉1939年カナダ生まれ。ハーバード大学大学院などで英文学を学ぶ。「侍女の物語」でアーサー・C・クラーク賞とカナダ総督文学賞、「昏き目の暗殺者」でブッカー賞とハメット賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

倒錯したユートピアの...

ジュンク堂

倒錯したユートピアの創世神話。
どれ程壮絶な未来も、必ずこの瞬間と地続きであるということを片時も忘れさせない、臨場感である。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

設定は未来ですし、遺伝子操作みたいなこともあるので、SF、って短絡すると楽しめないと思います。ここはじっくり腰を据えて読む、そうすれば十二分に得るものがあるはずです。それにしてもアトウッド、一筋縄ではいかない作家です・・・

2011/11/10 21:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルだけで二人の人間が登場する物語だと検討がつきます。いや、そのまんまだろ、って言われれば確かにそうなんですけど。ついでに私は、カタカナの人の名前が二つ並ぶということだけでアップダイクの『ガートルードとクローディアス』を連想します。もっとあるだろう、首をひねって、アップダイクの小説の源流、シェイクスピアのことに思い至りました。早速、ネットをチェック。

ありますね、まずは『ロミオとジュリエット』『トロイラスとクレシダ』『アントニーとクレオパトラ』『ヴィーナスとアドーニス』とまあ、有名なものから名前も知らないものまで。とはいえ、古典嫌いの私が読んでいないものばかり。ただ、男性と女性の名前が並んだ場合は、恋が、同性のときは争いが扱われることが多いのかな、ということだけは言えそうではあります。でも、オリクスとクレイクって男、女? 第一、誰だ?

と思って、カバー折り返しを読むと
        *
人類がいなくなった海辺で、
スノーマンは夢うつつを漂っている。
思い出すのは、文明があったころの社会。
スノーマンがまだジミーという名前だった少年時代。
高校でめぐりあった親友クレイクとかわした会話。
最愛の人オリクスとのひととき――。

誰がこんな世界を望んでいたのだろうか。
そして、自分はなにをしてしまったのだろうか。

カナダを代表する作家マーガレット・アトウットが
透徹した視点で描き出す、ありうるかもしれない
未来の物語。
        *
とあります。ここから読み取れるのは、主人公がスノーマンであり、以前はジミーと名乗っていたこと、オリスクはスノーマンの最愛の人であり、クレイクは高校時代の友人ということがわかります。む、予想と違ってタイトルの二人は主人公と関係がある人間であって、そういう意味では「スノーマンとオリクスとクレイク」が正しいのか、なんて取り留めのないことを考えてしまいました。

で、後先になりましたが、造本は早川のものらしいしっかりしたものですが、一番目を引くのはカバー画でしょう。ボス「快楽の園」部分が使われています。ボスの絵って、案外使いにくいのじゃないか、って思うのですが、このお話にはピッタリとは言えそうです。装画●ヒエロニムス・ボス「快楽の園」部分(C)Erich Lessing/PPS、装幀●ハヤカワ・デザイン。

主人公のスノーマンですが、昔、ジミーだった男で父親は〈オーガン・インク・ファームズ〉に勤務していました。ジェノグラファーで、遺伝学の精鋭でしたが、後に〈ヌースキング〉という会社に引き抜かれることになります。母親も〈オーガン・インク・ファームズ〉に勤め、父親と同じプロジェクトに携わっていた微生物学者です。オリクスはポルノサイトに出ていた少女の一人で、クレイクの恋人ですが、秘かにジミーとも関係したりします。

なかに、ピグーンという豚のような生き物や、ラカンクというスカンクのような生き物、クレイカーというクレイクが作りだした人間が登場します。遺伝子操作によって様々な生き物を作り出す、それが悲劇を呼びます。制御できるはずのものが、暴走をする。そして人類が滅亡する。その時点から過去を振り返ったお話です。とはいえ、悲劇を悲劇として大仰に描くわけではありませんから、SF的な話ではあるものの、私たちが今まで読んできたようなものとはずいぶん様子が異なります。

マーガレット・アトウッド、一瞬迷いましたが、以前『昏き目の暗殺者』を昔読んだきりかと思っていたら、『またの名をグレイス』も彼女の作品でした。〈暗殺〉とか〈殺人〉という言葉が出てくるのでミステリかと思っていたら、確かに事件はあるものの、濃密な時間が流れる本格的な文芸作品で、安易に飛びつくと時間ばかりとられるばかりで、困惑するかもしれません。SFとかミステリといったジャンル分けは無視して、作品世界にじっくり溺れる、それがベスト。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/03 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/05 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/19 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/05 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/16 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/21 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/22 10:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/25 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/14 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/18 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/26 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/05 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介しますSF ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。