サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: 太田出版
  • サイズ:22cm/497,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7783-1241-1
  • 国内送料無料

紙の本

ケアの社会学 当事者主権の福祉社会へ

著者 上野 千鶴子 (著)

超高齢社会における共助の思想と実践とは何か? これまでもっぱら「ケアする側」の立場から語られてきた介護の問題を「ケアされる側」の立場から捉え返し、介護現場における「当事者...

もっと見る

ケアの社会学 当事者主権の福祉社会へ

税込 3,135 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

超高齢社会における共助の思想と実践とは何か? これまでもっぱら「ケアする側」の立場から語られてきた介護の問題を「ケアされる側」の立場から捉え返し、介護現場における「当事者主権」とは何かを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

上野 千鶴子

略歴
〈上野千鶴子〉1948年生まれ。社会学者、東京大学名誉教授、NPO法人WAN理事長。著書に「おひとりさまの老後」「ひとりの午後に」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歴史上未曾有の高齢社会に生きるために知り考えておくべきことは?

2011/12/06 21:47

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高齢者介護をする側される側のどちらの当事者にもなりうる状況が近付いてきている。歴史上未曾有の高齢社会となり、誰もが遭遇する可能性が高いにもかかわらず、高齢者介護について考えることも知ろうとすることもしてこなかった。目をそむけ見ようとしてこなかった。親、伴侶、自分自身の老後の世話をどうするのか、どのような選択肢と負担があるのか、を考えておかなければならないし、情報も得ておかなければならない。本書で目を見開かせられ、視野も広がったと感じる。
 社会学とはこのような分野の研究をも行うものなのかと、あらためて認識した。大学の教養課程での社会学の講義には期待外れの思いを持ったものだが。社会学あるいは社会科学の研究とは、このように着眼し推進し展開するものなかと、研究手法についても理解することができた。
 本格的な研究・論考であり、重厚な大作である。内容だけでなく文量も通常の単行本の二、三冊分はある。まず、「育児・介護・介助」の上位概念として、「ケア」を定義し、「ケア(高齢者介護)」とは何か、「ケア(高齢者介護)」を「労働(ケアワーク)」としてとらえうる根拠、サービスの授受という「労働(ケアワーク)」としての相互行為の当事者は誰か、理想的な「ケア(高齢者介護)」とその担い手は誰か、「家族介護」は理想的か、「ケア(高齢者介護)」という「労働(ケアワーク)」の分担配分・負担配分は、ケアワークはなぜ低報酬か、等々を展開していく。介護の実態調査の事例や先行する調査研究を丁寧に論理的かつ有機的に分析して、問題点を抽出している。
 著者の上野千鶴子が東大教授に選任されたときには、権力や権威の象徴と思われた東大も意外と開かれた大学だと感心した。フェミニズムの先鋭的闘士的な論調の著作が多かった人物を教授に招くとは驚いた。著者にいわせればこの著作も、高齢者介護の負担が女性側に集中している、介護する側の都合が優先し介護される側の当事者ニーズが無視されている、という問題意識から始めた調査研究ということなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/03 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/12 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/12 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/14 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/29 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。